放送禁止用語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

放送禁止用語(ほうそうきんしようご)とは、大人の事情により放送できない言葉であると、一般にいわれているが、実際のところ我が国に於ける最大の大愚民向け極愚劣放送局である日本放送協会の営業方針によって制定されたものだ、という噂がまことしやかに伝わっている。

もしも、この放送禁止用語の使用を許せば、番組が余りにも面白くなってしまい、ささやかに徴収している聴取料を考慮すると、視聴者へのサービスのし過ぎになってしまうという理由で、面白さを制限するために制定されたのである。だから、日本放送協会の番組は、たとえお笑い番組であっても面白くないのである。

しかしながら、アナウンサー等出演者たちも人間であるから、生放送で、ついうっかり口に出してしまうことがある。その後、通常は多くのNHKウォッチャーから電話やメールなどで「良く言った。また言ってくれ」等のお褒めの言葉が集まる。だが、どっこい放送局内では「儲かりもしないのに番組を面白くしてしまった」ということで緊急の査問委員会が開かれ、失言者の審判が行われると言われている。一説によると、処罰として失言者には査問委員会の密室で罰ゲームが課せられ、その内容は此処に記述することもできないような、常人であれば思わず劣情を抱かざるを得ないものだとも言われている。そのため、これに耐えられなくなった美貌の女性アナウンサーが退職して民放に移るといった事例は多いようである。一方、退職せずに残っているものたちは、この罰ゲームで快感を覚え、病み付きになって再度の罰ゲームのチャンスを待っているのだとも言われている。

[編集]

関連項目[編集]