放送禁止用語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「放送禁止用語」の項目を執筆しています。

放送禁止用語(ほうそうきんしようご)とは、「大人の事情により放送できない言葉」であると一般にいわれている。しかし実際のところ我が国に於ける最大の大愚民向け極愚劣放送局である日本放送協会の営業方針によって制定されたものだ、という噂がまことしやかに伝わっている[要出典]

この放送禁止用語の使用を許諾した場合は番組が余りにも面白くなってしまい、徴収している聴取料を考慮すると過剰な視聴者へのサービスになってしまう。費用対効果を考慮した上で、放送コンテンツの面白さを制限するために制定されたのである。ただし日本放送協会だけでなくスポンサーからの資金提供により運営される民間放送局もこれに追随しており、近年のテレビ番組における低視聴率化の一因であるともされている。

しかしながらアナウンサー等出演者たちも人間であるから、生放送等でついうっかり口に出してしまうことがある。その場合多くのNHKウォッチャーから、電話やメールなどで「良く言った。また言ってくれ」等のお褒めの言葉が集まる。しかし放送局内では「儲かりもしないのに番組を面白くしてしまった」ということで緊急の査問委員会が開かれ、失言者の審判が行われると言われている。一説によれば処罰として失言者には査問委員会の密室で罰ゲームが課せられ、その内容は此処に記述出来ないような「常人であれば思わず劣情を抱かざるを得ないもの」だとも言われている[要出典]。そのためこれに耐えられなくなった美貌の女性アナウンサーが退職を申し出て、その後民放に移るといった事例は多いようである。一方退職せずに残っているものたちは、この罰ゲームで快感を覚え病み付きになって再度の罰ゲームのチャンスを待っているのだとも言われている。

一例[編集]

関連項目[編集]