放送大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
放送大学につきまして説明している項目です。はい。

  • 大学教育専門チャンネルの放送大学につきましてですがー、えー……放送大学(放送)をご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「放送大学」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「放送大学学園」の項目を執筆しています。

矢●某 「最近、無名大学だけでなく有名大学でも放送大学を卒業して教授になっている人がいるけど、これってありですか? 本当の大学を卒業していないのですから、大学というもの自体を理解していないと思うのですが・・・。こんな教授に教わる学生がかわいそう。」

obake教授 「本当の大学の定義ってなんですか?放送大学は正式の大学ですが…」

矢●某 「それが分からないということは、貴方は放送大学出身ですか?そういう質問をすること自体が、放送大学なんですよ。 違いがわからない人間が大学の教授にはなってはいけないということです。」

obake教授 「私は学長です。」

 \ガタッ/


放送大学(ほうそうだいがく 英語: The Obake University of Japan 略称:「放大」またはOUJである。)は、放送大学学園(ほうそうだいがくがくえん)が、運営する学校法人(放送大学学園法に基づく「特別な学校法人」)でチバラギ共和国美浜区に本部がある。大学の愛称として一部に「おばけ大」と呼ばれている事もある。(理由は読めばわかる。)

概要[編集]

創立者:大日本帝國逓信省・大日本国帝國文部科学省

関連法律:放送大学学園法(平成十四年十二月十三日法律第百五十六号)

この大学専用の法律「放送大学学園法」があり、法律にそって設置・運営されている。現在では文部科学省・総務省所管の国設の私立大学である。

大日本帝國からの補助金は60%弱とされている。(2013年4月現在)

放送等による授業を行うとともに全国各地の学習者の身近な場所において面接による授業等を行うことを目的としているため、本部には放送製作および放送送信施設を備えており、地下には国の費用で作られ、本大学で研究された1万おばけ馬力のロボットが格納されていると言う噂もある。

入学試験は課せられておらず、入学要件さえ満たしていれば誰でも入学することはできるため、一部の自称高学歴に「Fラン大学」との烙印を押されがちな大学である。

しかし、その実情は、米国アイビー・リーグ諸大学におけるエクストリーム・学問を上回る様相を呈するものであり、日本の大学を卒業したくらいの自称高学歴が安易に入学したところで、卒業はお察し下さい。 すなわち、放送大学は日本は愚か、世界レベルでもいかなる大学にも勝るとも劣らないエクストリーム・学問を堪能できる大学である。したがって、放送大学の学生は、世界最高峰レベルのエクストリーム・学問を満喫しているのである。 実際専門科目の物理系が異常に難しい。

一方、エクストリーム・学問を愉しみ、一度この大学で学士を取った学生がまたほかのコースで学士取得を目指し、全部のコースを卒業する事を目指す学生も珍しくはなく、2010年4月より、教養学部の全コース全卒業=グランドスラムとなり、「放送大学名誉学生」という名称の学内名誉が与えられる為、グランドスラム争奪エクストリーム・学問も行われている。

(現在のグランドスラム争奪エクストリーム・学問の参加者の最高年齢は90歳が確認されている。)

グランドスラム争奪エクストリーム・学問の過程の中で重度の放送大学依存症を発症する学生が大量に量産された為、大学側は2000年の4月に大学院修士課程(2001年4月受け入れ開始)を設立、更に2014年には博士課程(2015年4月受け入れ開始)を設立した。

これにより博士争奪エクストリーム・学問に向けて準備する学生や修士争奪エクストリーム・学問を愉しむ学生も出てきており、中にはグランドスラム争奪エクストリーム・学問に参加しながら修士争奪エクストリーム・学問を愉しむ学部と大学院の二重学籍の学生もいる。

入学資格[編集]

学部[編集]

基本的には義務教育を終えれば誰でも入学できる。が、高校卒業資格を持たない人はまずは「選科履修生」(1年間)もしくは「科目履修生」(1学期間)から始める事となる。 しかし、18歳になるまでは「放送大学依存症防止」の意味合いも兼ね、選科履修生、もしくは科目履修生として16単位を取得していても、全科履修生になる事は出来ない。 入学試験は無いが、卒業は大変と感じるか、卒業までにエクストリーム・学問の虜になるか、またはマイペースで学ぶかは本当に個人差がある。

大学院[編集]

学部と全く違う点は「入試選考のハードル」である。一番低いプログラムで1.5倍、臨床心理学プログラムは一番人気が高く、11.3倍である。 教養学部には入試がないためか、放送大学大学院にも無試験で入れると勘違いしている人が多く慌てる者も少なくは無いが、出願時に「研究計画書」(1000字程度)と「志望理由書」(700字程度)を提出する必要があり、大学院専門の進学塾によると『対策が日本一立てられない大学院』として有名。
筆記試験は小論文と英語。英語は当然そこらへんの大学院入試よりは高レベルが要求される。
尚、他の大学のように「内部推薦」がない為に修士争奪エクストリーム・学問を遂行したいがために出願する放送大学卒業生もこの試験を受ける事となる為年々「他の大学院に比べて金額は安いが、簡単には入れない」と言う事で嫌悪され倍率が下がりつつある。(1期生は40倍以上になったプログラムも存在していた)

放送大学の住人[編集]

理事長[編集]

白井のおぢいちゃん。別名黒幕。元早稲田大学総長らしい。

第7代学長・obake教授
「わたしが学長です。」

学長[編集]

第7代学長として着任したobake教授は工学者一族の出身のおばけである。噂によるとおばけ界初の帝都・東京大学の名誉教授でもあるらしい。おばけなので自由にふらふらとお出かけし、時折学生達のサークル活動写真に写り込む事もあるらしい。

お話をしたければ学生は勿論学生以外もツイッターで話しかければお話できるかもしれない。(多忙の為お話ができない事もあるのは留意されたし)ぐらいに気さくなおばけでお茶目さんでもある。
例えば「勉強やる気ねーって言ってツイッターやってるとオバケが登場」とつぶやくと本当に「はい、ご希望にきたえて登場!」し、何故か後ろで応援をしてくれる神出鬼没。

学長の迷言:学歌の「いつでも どこでも 見えない友と 共に生き 共にまなぶ ~」の部分に対し『オバケと共に生きるという意味では断じてない!』(…学生の殆どはどう思ったかはお察し下さい

obake教授は最近では学生たちにひっそり混じって面接授業などを受けているがおばけなのでやっぱりばれる。

教授・教員[編集]

大日本国帝國総力を挙げて教員集めを行った結果1001000名は超えてると想像される。専任約100名+各学習センター50か所に客員が5名程度+放送授業を受持つ客員教授が100名程度+面接授業を受持客員が500名程度+さらに卒論や修論指導のための客員もいる。天下り先と揶揄されることが多いが、写真だけは妙に若い方がいたり、中には紗がかかった写真を掲載している方もいる。面接授業には20代の他大学のポスドク研究員が「PCR手法によるDNA解析」の手ほどきしてくれるものがあり、学生が全員、講師よりも年上という授業も存在する。

アナウンサー他[編集]

アナウンサーは現在2名。以前は3名、その昔は4名いた気がする。任期制の契約アナウンサーのようで、数年で交代する。

テレビ番組を作るためのスタッフはたくさんいると想像される。
事務職員もたくさんいると想像される。

学生[編集]

15歳から100歳まで幅広い年齢層が入学し、学生や卒業生の職業も高校生、大学生、専門学校生、前放送大学学長自宅警備員家事手伝い、ビジネスパーソン、会社社長、政治家、どっかの市長、主婦・主夫、漫画家、元宝塚スタァ、看護師、定年退職を迎えた人、現役大学教授、元大学職員、デラックスな元男性大逆テロリスト(事件後に入学・卒業)、選科履修生に至っては百歳の双子姉妹など多種多様で、日本全国どの都道府県にも住んでいる事がこの大学最大の特徴である。2013年現在、最高齢100歳前後。30代と40代がほぼ同じぐらい次いで20代が多く、平均は45歳ぐらい。40歳未満はおこちゃま。学習センターに行くと統計上そんなに多くないはずの50代60代以上の方が多く感じるのはなぜだろ。。。たまに平日に学習センターに行くとニート臭を漂わせているガキ20代男女5・6人(時にはもっと)の集団に出くわすことが多い。また、平日の学習センターは若い(といっても30代)の女性も多い、その多くは看護師であることが多い。

※(18歳以上の)高校生や他の学校の学生の場合、所属学校が二重学籍を認めれば放送大学の学籍も持つ事が可能。 ※2:大学院の全科履修生は原則二重学籍が禁止である。。。が、二重学籍申請を行い指導教員に認められれば可能となることがある。

学内勢力[編集]

2013年現在の最大勢力は「おばけ派」である。

放送大学の学生達は基本的に多種多様である為、学生内の統一学内勢力は無いものとされていた。しかしながら、2011年に第7代学長としてobake教授が学長に就任してからは「おばけ派」が少数存在していた。

決定打は2012年、学外の人間である矢吹樹が起こした如月の乱にて学内は無論、学外からも支持を受け、「おばけ派」が学内勢力をつける結果となり、大学の英語名を「The Open University of Japan」から「The Obake University of Japan」に変えてしまう程の破竹の勢いで現在に至る。

イメージキャラクター[編集]

まなぴーと仲間達。

愛称がおばけの癖にイメージキャラクターは伝書鳩のまなぴーである。卒業生がデザインした。

然し最近では「おばけにするべきだ!」とおばけ派の学生運動が盛んである。 かどうかは不明。

学習センター[編集]

全国に50か所設置されている。(48都道府県に1つは学習センターがある。)学習センターを補完するサテライトスペース(分室)は全国に7か所にあり、学習センターによっては別に再視聴センターを有するところもある。

学習センターとは一般大学で言うところのキャンパス。一般の大学のように食事の提供(学食)や学生生協は基本的に期待してはならない。(学習センターの立地などによっては例外もある。他大学に併設の場合はその大学の生協をそのまま利用できることが多い。) 恋との出会いやコンパをセッティングする場としての機能は基本的にお察し下さい

就活のサポートは受けられないが、もうすぐお察し下さいを卒業する先輩方がお察し下さい活については手厚いサポートしてくれるはず。

学習センターの機能としては面接授業、単位認定試験、放送授業の再視聴、仲間との出会いの場の提供、放送教材や図書の貸し出し学習相談、卒業研究指導など学生が勉強を行う為に必要な機能は装備している。

2014年ごろから、教授主催の単位になららないゼミ「○○自主ゼミ」が開催されるようになった。出ても単位にならないし、えげつなく高度な内容だったりするのだが、結構盛況なものが多い。

ネットの修学サポート[編集]

ネットの修学サポートが充実しており、公式には「キャンパスネットワーク」(学習参考情報、放送授業のインターネット配信や補助教材の配信など)、「システムWAKABA」(各種届出、科目登録申請、成績照会など)、「学生メール(Gmail)」(GoogleアカウントにSSO)がある。
 また、非公式には各種サークルや個人の学習サポートのページやObake学長ツイッターなどの為、ネット環境と端末があれば、自宅やスターバックスやマクドナルドは無論、日本へのネットアクセスを禁止してない国であれば(端末に日本語環境が必要だが)戦場からホワイトハウスや有明の戦場までどこでも世界中を疑似キャンパスにする事ができる。が、単位認定試験と面接授業だけはやはり学習センターに出向かなければならない。

学期の中ごろに1回、単位認定試験前に義務付けられている通信指導の提出も大部分はネットからできるようなり、無くなる前に大量に買い込んだ15円切手の使い道が大幅に減った。

面接授業扱いとなる「オンライン授業」も2016年度から開始されており、ネットの修学サポートがさらに充実してきている。(だからといって学習センターに行く機会が減ったわけではない)

「キャンパスネットワーク」の補助教材には、リメディアル教材と称し高校(時には中学)の復習をする教材や、TOEICやITなど直接単位に関係ないモノも充実している、というか単位に関係ないモノの方が充実している。放送大学附属図書館の「リモート接続」を使い、タダで電子ジャーナルや電子ブックが読み放題となる。

また、Autodesk製品はタダで使い放題、Amazonプライム半年間無料+書籍購入時のアマゾンポイント+10%、AdobeやMicrosoft製品・サービスのStudentプラン等適用(Microsoftについては国際学生証の取得必要)など一般の大学生が受けられる学生サポートはほぼ受けられる。

学部[編集]

学部は地上学群として教養学部の中に6つのコースが設けられていて、大学院は、文化科学研究科の文化科学専攻(修士課程)の中に7つのプログラム、文化科学研究科の文化科学専攻(博士後期課程)の中に5つのプログラムが設けられている。

また地下学群として「放送学部」と「法曹学部」と「包装学部」が勝手に大学外の人間によって間違えて大学側の与り知らぬ所で作られてしまい知らずに志願してくる学生の対応を幾度もしてるうちに「本当に作ればいいのではないか?」と開き直った大学側が設立を模索しており、教授・教員採用活動が行われている。

また、「放送学部」設立に向けた第一段階として情報コースが2013年4月からスタートした。
地上学群で取れる学位はどのコースを選んでも学部は学士・教養、大学院は修士・学術、博士・学術である。

地上学群[編集]

学部[編集]

  • 教養学部
    • 教養学科
      • 生活と福祉コース
      • 心理と教育コース
      • 社会と産業コース
      • 人間と文化コース
      • 自然と環境コース
      • 情報コース

大学院(修士課程)[編集]

  • 文化科学研究科
    • 文化科学専攻(修士課程)
      • 生活健康科学プログラム
      • 人間科学プログラム
      • 臨床心理学プログラム
      • 社会経営科学プログラム
      • 人文学プログラム
      • 自然環境科学プログラム
      • 情報学プログラム

大学院(博士後期課程)[編集]

  • 文化科学研究科
    • 文化科学専攻(博士後期課程)
      • 生活健康科学プログラム
      • 人間発達科学プログラム
      • 社会経営科学プログラム
      • 人文学プログラム
      • 自然環境科学プログラム

地下学群[編集]

学部[編集]

  • 放送学部
  • 法曹学部
  • 包装学部

大学院[編集]

  • 電波放送科学プログラム
  • 法曹研究プログラム
  • 包装技術科学プログラム
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


この項目「放送大学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)