放射性同位体

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

放射性同位体(ほうしゃせいどういたい、英:radioisotope)とは放射能を持ち放射線を出している元素である。

概要[編集]

放射性同位体とは簡単に言うなれば、放射線を出す物質のことである。詳しくはウィキペディアよりも専門書を参照すべき。炭素や水素など本来は放射能などとは縁も縁もなさそうな存在でもこの放射性同位体となれば、放射線を排出する危険物質に生まれ変わってしまう。

放射性同位体の観測には放射線を測定することが簡単である。測定にはガイガー=ミュラー計数管というアイテムを使用する。これは簡単に言うと空間に放射線が飛んでいるかを測定する装置である。なお、何もない空間にガイガー=ミュラー計数管をかざしても反応する。なぜなら空気中にすら放射性同位体が潜んでいるので隠れようとも無駄である。防ぐ手立ては存在しない。

放射性同位体との遭遇[編集]

例えば炭素14という炭素の放射性同位体がある、これは地球上の炭素の0.00000000012%の割合で存在する。少ないと思われるだろうが炭素は食べ物にも服にも空気にもあるのだから遭遇する確率としては十分過ぎるだろう。

他にも水素の放射性同位体三重水素は崩壊もしていくが、宇宙線と大気がなんやかんやして生成される。そのため地球上に一定の割合で存在している。これはごくごく少量ではあるが水なしで人間は生きられない以上どこかで摂取しているのである。他にもごくごく少量ではあるが日常的に様々な放射性同位体を体内に取り込んでいる。

また、特殊なものとしてビスマス209がある。ビスマス209は安定同位体でありながら、a線を放って崩壊する。そのような性質を持った元素はほかにテルル128などがある。なぜそういわれるようになったかというと、長い間ビスマスは安定元素とされていたため。のちにビスマスも放射性であることが証明される。なのでビスマスは安定元素なのに放射性である。

体内に入ると[編集]

人体は放射性同位体である元素とそうでない元素を識別することができないため普通の元素と同様に吸収する。そして体外に排出されるまで放射線を出し続ける。もちろん放射線の強弱や排出されるまでの時間も考慮すべきだが、被爆することには違いないだろう。

防護法[編集]

このように、日常にも被爆の危険性は十分にある。そのためたとえ日常生活といえども放射性同位体には十分に注意しなければならない。しかし、上でも書いたように空気中にも放射性同位体は含まれているため完全に防ぐことは不可能である。しかし、その影響を抑えることはできる。

では、ここでは具体的な対策を挙げる。まずは、空気中や野外にある放射性同位体からやってくる放射線を防ぐ方法を記す。まず、壁に厚さ10cmのの板を埋め込む。鉛にはコンクリートでコーティングを施すことも必要である。これで放射線はほぼ100%防ぐとこが可能である。

専門家から一言[編集]

「日常的に受ける放射線量を超えない限りは人体に影響はありません。」
放射線 について、専門家
「そもそも今まで問題無かったのですから今更特別なことなんて起きませんよ。」
放射性同位体について について、専門家

放射性同位体の悪影響:この項目について[編集]

放射性同位体の有害性は、本項目を一読すれば明らかである。このページがアンサイクロペディアらしからぬ「ユーモア欠乏」を示しているのは放射性同位体の影響である。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第18回執筆コンテストに出品されました。