支持政党なし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

支持政党なし(しじせいとう-)とは、日本政党国会の場に出ない政党という極めて特殊なスタンスを持つ。本来は「支持政党なし党」と表記すべきであるが、世論調査などでは「支持政党なし」という名前で扱っているため、この記事中でも「支持政党なし」という名前で解説を行う。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「支持政党なし」の項目を執筆しています。

概要[編集]

そもそも、支持政党なしは、マスコミの始めた世論調査のトリを飾る「支持政党は?」という質問にある、ほんのしがない党であった。しかし初期の世論調査から当時の与党第一党をぶっちぎっていた。これは今この画面を見ていらっしゃる現在でも変わっていない。大体の支持率は50%と、そこらへんの政党より政党している。しかし、支持政党なしが好かれる理由に関して、マスメディアは大きく取り上げない。これは後述する「政党の形」が未だよくわかっていないことに起因している。ただ、支持政党なしは大抵「他にロクな党がいないから」という対象者の悲痛な声がもとになっているため、この日本の最後の砦であると思われる。

公約や主義[編集]

なんて節名はつけられているものの、公約や主義はないと言っていい。ただ、市民連合など、支持政党なしと緊密に関わる団体も多く、種類は多岐に及ぶ。右翼から左翼まで、いろんな主義を包括的に抑えている。これこそ、市民に直接訴えかけ、国会に出ずとも支持を集めるという特殊な方法で人気を獲得しているのである。しかし、そのルーズなこの党のかたちには海外含め様々なところからいろいろな反響を寄せるものでもあるのだ。

問題点[編集]

この政党は、事務所もねえ看板もねえ党首もねえ幹事長はどこへやらというペーパーカンパニーならぬペーパー政党である。国会に出られないというのも明確な立場や政党給付金がもらえないなど国と政党の間の問題が多いからである。謙虚とも評される姿勢だが、これには海外は「奥ゆかしさを表現している」ともいえば「しっかり意見を出せない臆病者」という辛口コメント、ピンからキリまで評価がある。ただ将来の政治に不安を持つものがこういった政党を支持する今の社会をなんとかしていかなければならないのは必至と言えるだろう。

関連項目[編集]