捏造 (スポーツ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「捏造」の項目を執筆しています。

捏造(ねつぞう)とは、一種のエクストリームスポーツであり、世間には知られていないが比較的多数の愛好家により親しまれている。

概要[編集]

このスポーツは、うまく行けば地位や、名誉そして莫大な報奨金を受け取ることができるが、 失敗すると逆に競技者自身が現在保有しているそれらのすべてを失うこともありうる、危険なスポーツである。

世間に対する大きな発見や、新しい事象の発表をすることにより競技開始となり、発表者が捏造競技の競技者であることが発覚した時点で競技終了となる。 この、競技を行っている時間が長いほど高得点を得ることが出来るが、一回の試技が非常に長くなることと、一度発覚した場合のリスクの問題もあり、一人の競技者が二度目の試技に入ることができる例は非常に稀である。

なお、競技者自身が捏造競技を行っている途中であることを自白すると、他人に指摘されて競技中であることが発覚した時よりもリスクは低下する。

強国・有名選手[編集]

この競技をやり遂げた主な人物として、ロンドンの外科医ロバート・ケネス・ウィルソン選手と、その友人クリスチャン・スパーリング選手がおり、クリスチャン・スパーリング選手が死の間際に彼らが捏造競技のネス湖生存生物証拠部門に参加していたことを告白した。

この時、既に証拠提出から非常に長い期間が過ぎており、多くの同競技愛好者に驚きと感動をもたらした。

上記のウィルソン、スパーリング両選手のほかにも原人存在証拠部門において生前は競技に参加していることが判明しなかったチャールズ・ドーソン選手や、ミステリーサークル部門におけるマンデルブロー監督を中心とした名門チーム、妖精実在写真部門のフランシス・グリフィス選手とエルシー・ライト選手など、かつてはイギリスが強国として有名であった。

しかし最近は、「神の手」と呼ばれた遺跡発掘部門の藤村新一選手(日本)や、「国の誇り」と称された遺伝子研究部門の黄禹錫選手(韓国)らのアジア出身選手の台頭が目立ち、この捏造競技に参加していたことで有名になったが、これらの選手は競技に参加していたことが他人に指摘されてしまったため、本競技からは脱落している。

この競技に関して日本は世界的な強国として急激に力を伸ばしており国技として国ぐるみで強化政策を行っている。 政府が主となり国ぐるみでこのスポーツを祭典として行う事も珍しくない。

関連項目[編集]