指数関数

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「指数関数」の項目を執筆しています。

指数関数(ゆびすうかんすう)とは、指で数えられる限りの数、すなわち1~10(または1~20)までの数を数字の右上に引っ掛けると(35、124等)どんな数になるのかワクワクするための関数である。

歴史[編集]

指数関数が人々の間に広がっていくと、指数という単語について「事故や生まれつきの要因により指が10本に満たない人のことを考慮していないのではないか」という問題意識が起こり始めてしまい、差別問題にまで発展しかかってしまう。これを見かねた数学的法則は、この頃はまだ情に厚かったために55辺りで数えるのなんかもうどうでもいいと思えるような数になるように設定し直してくれた(実際に1から55=3125まで数えてみると分かり易い)。


これにより、そもそも指数関数について考えるのなんかどうでもいいという風潮が広まり、事態は収束した。現在でも、axの形をした数を求める効率的な方法を学校では教えてもらえず、地道に掛け算を繰り返すしかないが、これも単にどうでもいいからである。また、この「どうでもイイ」にちなんで、指数関数の問題ではよくeが使われる。


なお、数学的法則が情に厚かったのはこの頃までで、現在では性格がひん曲がってしまいラプラス変換等を生み出したりして人々を混乱に陥れている。

関連項目[編集]

  • 栗まんじゅう問題 指数関数的に増加してゆく物体の話題。
  • ヤクザ 不当な高利貸しの誕生は、指数関数の発見以降である。


Wiki-globe.png この項目「指数関数」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)