指宿枕崎線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「指宿枕崎線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「指宿枕崎線」の項目を執筆しています。

指宿枕崎線(いぶすきまくらざきせん)とは、鹿児島県鹿児島市から指宿市を通って枕崎市に至る九州旅客鉄道の鉄道路線(地方交通線、いわゆるローカル線)である。運行費がとても掛かるゆえ、最近の鉄道にみられる「省コスト」を掲げた路線として有名。

概要[編集]

この路線は鹿児島市の街を盛り上げるためできた路線が元となっている。そのため、現在であっても当時新設された五位野駅までの区間は、住宅街と畑が並ぶそれなりの街として君臨していることもまた事実である。一方、観光路線としての側面も見せ、そこまで標高は高くない九州随一の山開聞岳を通り、指宿枕崎などの海岸を臨む路線としての側面も作られている。しかし、いかんせん遠い、古い、使いにくいの三拍子揃ってしまったため、赤字路線という形となってしまっている。しかし、この路線の真髄はそこにあるのである。

なお、以前は日本最南端の駅があるのが自慢だったが、ずっと南の離島モノレールが出来てしまい、その座を奪われた。が、「あんなどこにも乗り換え出来ないところなんかに譲ってたまるか!」と、未だにアピールしている。

歴史[編集]

この路線は1930年、国鉄の手によってつくられたものである。西鹿児島という微妙な場所から五位野というこれも微妙な駅を結ぶ指宿線であった。その後は山川駅まで線路を伸ばし、おもに枕崎近くにあった金山等の鉱石を運搬していたとされている。ただし、利便性についてはお察し下さいと言うほかない。さて、戦後になるとこの路線は観光化をめざし、開聞岳や枕崎駅への延伸を開始、高度経済成長期に蒸気機関車を一掃、指宿枕崎線という名前で新型列車が走る都会派路線となったのである。

しかし、平成に入り、JR九州が統治を始めてからというものの、これと言って目覚ましい発展はなく、それどころか右肩下がりの業績をもとに、この路線は赤字に転落。それをカバーしようと後述の省コスト化を図ったものの、今度はそれにより脱線事故が発生。「列車よりバスのほうが安全」とまで言わしめるレベルに下がってしまった。現在でも、この路線は「存廃検討」という札が掲げられ、都会から菜の花ばかりの田舎を走る1ローカル線として、名を埋めている。

省コスト[編集]

この路線は、JR九州における「経費削減」を図ったものとして有名である。もっとも顕著なのは山川駅以南であり、列車の走る場所に樹木が生えていても気にしない気動車は運行開始から使い続けっぱなし快速用塗装は黄色一色、果ては特急列車は元快速列車の塗り替えたもの。JR九州とは思えない手抜き加減は、この路線が赤字であることに由来すると考えられている。なるべく黒字を盛り立て、端っこのローカル線は知ったことではない、そういう姿勢が明確に表れているものである。しかし、この省コスト化はJR東日本にも継がれ、赤字路線への一種の対策ともされている。また、その際地元住民に顰蹙を売らないよう、地元の大学生が考案したラッピング列車を走らせるなど、ある程度の手は施されているところもポイントである。

運行形態[編集]

基本的にはワンマン列車として運転を行っているものの、乗客をさばききれない時には車掌がおまけで乗務する。また、列車は鹿児島中央から喜入、山川駅までは一日8往復というローカル線らしからぬ運行を行っている。だがやはりローカル線、山川から枕崎は一日3往復程度。それどころか走らない時間が4時間もあるというごくごくわずかな路線となっている。しかしそれだけではないのがJR九州、そこに快速列車なのはなや特急列車指宿のたまて箱などを走らせ、通過駅に対して怒りを募らせるところも忘れていない。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第34回執筆コンテストに出品されました。