拉致

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「拉致」の項目を執筆しています。

拉致(らち)とは、計画的かつ大規模に行われる愛情吐露、SM行為の一種である。

概要[編集]

身代金を目的として人間を連れ去る行為を誘拐というのに対し、拉致は溢れんばかりの愛情をもって人間を愛の巣へ連れ去る行為なのである。これらは長い間、同一の行為と見られていたが、近年のオウム真理教北朝鮮による拉致問題の功績によって誘拐と拉致が明確に区別されたのである。しかし、個人が行ったものについては現在も誘拐と同一視されているため、早急な改善が必要だと考えられる。

よく見られる例では、ある国家や組織が敵勢力に対して行うものがある。敵のことで頭が一杯になった結果、憎しみがに変わってしまい行為に及んでしまうのである。

また、拉致には監禁がセットになっていることがある。この場合、より激しいプレイが行われる。

具体例[編集]

日本[編集]

日本では拉致が頻繁に行われているため、正確な数は判明していない。

日本国内では犯罪組織や宗教団体が頻繁に拉致を実行し、時には夜も寝かさないほど激しい行為を行っている。

また、北朝鮮が日本語教師を欲して日本人を拉致し、それなりの待遇で軟禁していることでも有名である。

アメリカ[編集]

CIAFBIが、アメリカの敵を拉致してSMプレイを行っているとされている。近年、証拠が見つかり問題となった。

政情不安定地域[編集]

民族宗教政治などの対立により、敵を憎みすぎてしまった人たちが行うことが多い。双方とも愛憎が入り混じっているため、拉致された者がプレイに耐え切れず命を落としてしまうことも少なくない

なお、具体例を挙げると筆者が拉致されてしまう可能性があるのでここでは省く。拉致できるだけの組織と資金を持っている連中も、本当にいるのである。

歴史上[編集]

自国の技術向上のため、敵国から秘密裏に、あるいは戦争の戦利品として堂々と敬愛すべき技術者、学者を拉致した例が歴史上存在する。敵の弱体化もできて一石二鳥である。

ただ、これは今も秘密裏に行われている気がしないでもない。主に、兵器開発の分野で。

特許問題[編集]

特許某国が保有している。商標登録も済ませている。

ただし、それは某国の国内においてのみに限ってである。日本国内でそんな届出があったなど聞いたことがないため、このページは使用料を払う気はさらさらない。

使用量については、某国の主張するところによると次の通りになっている。

この技を使用
15,600,000ウォン
言葉を使用(1単語につき)
42ウォン
許可を取らない場合
偉大なる将軍様朝鮮丼をおごります。
許可を取ろうとしてその報告書を紛失した場合
関係ありません。偉大なる将軍様朝鮮丼をおごります。

また、朝鮮丼材料を提供すると特別ライセンスがもらえ、使用が事実上無制限になる。世界には何名かこのライセンスを持っている者がいるらしいが、今も無事に生活できているかは不明である。

備考[編集]

拉致問題[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北朝鮮による日本人拉致問題」の項目を執筆しています。

北朝鮮による拉致問題は、2000年代に入り明るみに出た。これにより、日朝外交は大幅に進展した。

また、拉致された者が数名とはいえ無事であり、日本への帰国ができたことから、北朝鮮が日本を嫌っているのはポーズだけなのではないかと推測される材料となった。

学校で大量に発生[編集]

今現在この「拉致」という行為が学校と呼ばれる場所で大量に行われている。 原因は「ワスレモノ」。なお、拉致される対象が「ブンボウグ」と呼ばれる種類である。

なお、児童および生徒たちはおそらくライセンスを持っていないため言葉を無断使用。

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

このページの使用料未払い[編集]

払わないってば。払う必要性がないだろう。

関連項目[編集]