押し紙

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「押し紙」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

押し紙(おしがみ)とは、全国津々浦々の家庭新聞が行き渡った中で、更なる部数増が求められていた日本新聞社によって遙か昔に考案され、現在でも尚行われている、画期的でかつ揺るぐことの無いビジネスモデルである。

概説[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

新聞販売店に対して多めに新聞を売り払ってこれを含めて販売部数とする。そして販売店に溜まった新聞を捨ててしまうこととして知られている。実際には店頭販売用、配達中の事故などによる損紙、配り忘れ用の予備などを見込んで、ある程度の予備の部数を配布、あるいは購入することは問題はない。しかし、明らかに度を越えた数の新聞を新聞社は新聞販売店に対して強制的に販売している。この為一般には詐欺であるとか、環境破壊であるとされており、法律でも違法となっている。またその存在は徹底的に隠蔽されているとされ、ウィキペディアに至ってはリダイレクトすら「無意味」とされ削除された。

しかし実際に各新聞社で当たり前のように押し紙が行われているという情報は漏れ出ているのにも関わらず、昨今実際に摘発されたという話はとんと聞かない。それもそのはず、新聞各社は押し紙とは呼ばないで、「お願い部数」と呼んでいるから押し紙はないと強気で発表している。

新聞紙が見た押し紙の真実[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
出典:毎日小学生新聞「新聞がおうちに届くまで」

アンサイクロペディアンのみんな、こんにちは! 元気? 僕の名前は、竹橋押和(たけばし おしかず)と言うんだ。僕と仲間たちは新聞紙(しんぶんし)といって、社会の木鐸(もくたく)となって、日本中にいるみんなおとうさんおかあさんおじいさんおばあさん世界中のあらゆる新しい情報(じょうほう)を送り届けているんだ!

でも今はまだ真っ白ななんだ。今日は僕と一緒に、新聞が紙に印刷(いんさつ)されて読者(どくしゃ)が僕に書かれた記事を読み終わるまでを体験してみよう!

印刷工場[編集]

輪転機だよ。僕もこんな機械で印刷されたんだけど、僕を作っている人たちは写真を紛失してしまったようなので、似た名前の新聞を作っている人たちから借りてきたんだ。

真っ白な僕らは王子製紙(おうじせいし)という紙を作っている会社の工場で生まれたんだ。工場のある高知県(こうちけん)からで運ばれて、みんなが寝ている真夜中(まよなか)に、横浜港(よこはまこう)に着くんだ。そこからさらにトラックに積まれて、都内某所(とないぼうしょ)にある印刷工場(いんさつこうじょう)に運ばれるんだ。

このときには僕らはまだ、ロール紙( - がみ)と呼ばれる、大きく長い紙なんだ。僕らは工場にある輪転機(りんてんき)という機械(きかい)に入れられ、数秒も経たないうちにあっという間に新聞の中身が僕らに刷られるんだ。すごいことだよね! しかもこの工場の輪転機からは線香のいい香りがするから、気分がいいと仲間たちに人気なんだ! 僕もそう思うよ!

その後休む間もなく、僕らは紙面ごとに切り分けられ、すぐに纏められて僕が生まれるんだ! すぐにベルトコンベアで運ばれて、二手に分かれた後に、僕は感熱式印刷機(かんねつしきいんさつき)で、真ん中に大きく「NRV」というマークが押されたよ。工場のおじさんたちたちは「日本を代表する価値ある新聞」という意味だと教えてくれたよ! 選ばれた新聞紙だけが付けられる特別なマークなんだって! やったあ!

販売店へ[編集]

一息付く間もなく僕らはさらにトラックで運ばれて、販売店(はんばいてん)という新聞をみんなに配達する所に運ばれるんだ。恐い顔をしてるけど話すと優しいおじさんや、美しいブロンドの短髪お兄さんや、芸術的なカーリーヘアお姉さんが黙々と僕らを仕分けして、チラシを挟んでいるんだ。でも僕と多くの仲間はチラシを挟まれることはなかった。ごく一部の仲間はそのまま一つずつビニール袋に入れられたけど、チラシの無い僕ら殆どはそんなことはなく、しかもみんな「NRV」と印字されているんだ。そうか! これが「日本を代表する価値ある新聞」ということなんだね!

あれ?[編集]

こんな風に僕らは押し込まれたんだ。でも大丈夫。きっとやさしい人たちが読んでくれるよ。

2008年9月17日午前3時。恐面おじさんやブロンドお兄さんやカーリーお姉さんたちはカブ原付自転車で僕らをみんなのおうちに運ぶんだ! だけどNRVが印字された僕らはまだ販売店の中にいたんだ。帰ってきた後、もう一回運ぶんだよね!

午前7時半―販売店のみんなが帰ってきたよ! でもね、残った僕らは二輪車の荷台に積まれなかった。僕らは紐で縛られて、奥にある薄暗い部屋に押し込まれたんだ。

はじめは不安だったよ。でも販売店のおじさんが言うには、なんといっても僕らは「日本を代表する価値ある新聞」であるから、僕たちを読むのに相応しい人たちの許へ特別に送り届けるのだって! ワクワクするね!

あれあれ?[編集]

けれども数日の間、僕らは販売店の奥にずっと押し込まれたままだった。しかも毎日、朝7時台に、同じくらいの数の仲間たちが限られた暗い空間に、更に押し込められたんだ。もちろんみんな例の同じ印字がされていたよ。息をするような隙間もなく、毛羽立つ僕や仲間たちのパルプをどうすることすら出来なかった。

でもね、これは逆に僕ら価値ある新聞を読んでくれる人が沢山いるということなんだ。僕らのいる場所は、なんて素晴らしい国なんだろう!

アコーディオンカーテンが開かれたのは、2008年9月21日、午前2時50分のことだった。この日をどれだけ待っていたことか! でも僕らはカブや原付や自転車ではなく、またトラックに載せられた。ブロンドお兄さんが言うには、数日前の記事を読んで読んで読みまくってくれる奇特(きとく)な人たちがいるんだって。奇特じゃないよ! 社会の模範(もはん)となるべき人たちだよ!

トラックの心地よい揺れと低音は、疲労(ひろう)の限界に達していた僕らを眠りへと誘った。だけどそんなに待つことはなく僕らは目的地へ到着した。小窓際にいた仲間がいうには、坂を下って建物の中へ入っていくときに「パレスサ」という文字が見えたって! いい響きだね!

やっと届いたよ![編集]

午前4時46分、荷台が開いた! 待ちに待った希望の時! 僕らは搬出(はんしゅつ)され、次から次へと業務(ぎょうむ)用エレベーターの中に入っていった。

着いた場所は最上階(さいじょうかい)。僕らを載せたパレットはそのまま運ばれて、この階の中でも大きめの部類に入る両開きの扉の中へとなだれ込んだ。

一面に緑が広がる、見晴らしのよい景色だ。だけど目の前には見るも異様な光景が広がっていた。全身が顔や手と同じ色をしたたくさんの男の人と女の人が、僕の地域面に載っている運動会組体操の写真のようなことをしてるんだ。

1部目の仲間はばらばらにならない程度に千切られて、男の人や女の人の膝の上お腹の上耳の下を擦らされた。2部目の仲間は丸めて棒にされ、ある女の人の真ん中あたりにある隙間の中にねじ込まれた。そして3部目の僕は―筒状にされて中に気持ち悪い粘液(ねんえき)を入れられて…はぁ…僕の両端の穴の中に…あぁん…それぞれ別の男の人の…ぅう…真ん中にある棒が入れ…ぅお…られて…前後…はぁ…ぁっ、ぁつ!、アッ、アッー!

当局の検閲により削除されました

詳説[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
ごめんなさい。春の夜明けや夏の夜、秋の夕暮れや冬の早朝、その他に気分を害されたことについて、心からお詫び申し上げます。不躾ではありますが、百科事典としての様式で改めて順を追って説明を申し上げます。

まず、押し紙として扱われる新聞紙は、新聞としてではなく、この場合では「毎日新聞朝刊2008年9月17日 東京本社発行分」という商品名のただのとして販売店へ売られる。この際、やはりシールやスタンプ、入れ墨や焼き印等により区別をつける必要がある。新聞ではないので、新聞を貯めて捨ててはならないという法は適用されない。販売部数についても新聞が対象ではなく、この例であれば「毎日新聞朝刊2008年9月17日 東京本社発行分」という商品名がついた製品の販売総数である。複数枚から成る紙のセットを数える単位は日本語で「部」であるので、問題が生じることはない。また書籍での標準的な売上単位である発行部数ではなく販売部数であることや、紙面上で頻繁に正しい日本語の使用を訴えているのはこのためである。

製品としての価値から、同じ商品名でも紙製品は新聞よりは安く価格が設定されている。これは新聞社本体から派遣される販売促進員が契約の際に洗剤1年分で知られる物質的なサービスを行うことへの大義名分となっている。「押し紙を売ることがあったとしても、それよりは利益が出るからいいだろ? ああん?」ということだ。

しかし、やはりそれらの紙製品は販売店内の奥に保管される。外に置くことは別の法律違反であり、公道占拠不法投棄といった罪に問われるからである。社会の木鐸なるものはもちろん法令を遵守しなければならない。また衆目の目に晒してしまうことにより規制が強化されるきっかけとなることを防ぐ狙いもある。

そして、トラックで搬送される紙製品は焼却場はもちろん、リサイクルセンターにすら送られない。新聞社に送り返される。では、何に使われるのであろうか?

思い出してほしい。この紙製品は、ロール紙を切り分けたものである。つまり、世間一般の同名の製品と類似した用途で用いられる。しかしを拭くのには痛くになり、を噛むにも肌荒れし、赤っ鼻になったりインクが付着したりするだろう。

お分かり頂けただろうか。押し紙が考案されて以来、歴史を下れば下るほど新聞紙上でオナニー記事の割合が増えているのはこの為である。彼ら彼女らは勇ましいベニスや品格あるヴァギナをお持ちでいらっしゃるので、全くもって痛くも痒くも無い。万一そうなっても、ヌルヌルさせれば良いだけのことである。またこの事実は、政府や自分たちを除く法人の不祥事が発覚―あわよくばむしゃくしゃして場違いなだけの発言をするだけで、執拗に自慰を求める体質にも繋がっている。自社製品の需要を掘り起こすためである。

もちろん環境にも優しい。ただし、印刷や輸送に必要なエネルギー資源は考慮していないようだ。

オシガミスト宣言。[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
出典:電通「2006年広告電通賞ダイジェスト」

押し紙に救われた(本社だけが)
押し紙に背中を押された(駅のホームで)
押し紙は実売部数を動かす(広告費のために)
押し紙が真実の部数を隠す(広告費のために)
押し紙は販売店の数だけある(サイレントマジョリティ的に)
私たちは信じている
押し紙のチカラを
オシガミスト宣言

関連項目[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

外部リンク[編集]