投資家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

投資家(とうしか)とは、金融商品トレーディングカードお中元お歳暮など、様々な投資商品を駆使して利益を上げる職業であると一般的に考えられている。しかし、本質的な意味合いはその字のごとく「資本を投げる専門家」であり、利益を上げるかどうかは問題ではない。

や債権、不動産などが投資商品の主流だと思われがちだが、上で挙げたもの以外にも世界中で様々な商品が投資目的で流通しており、専門職の人間(=狭義の投資家)以外にも深く浸透している。当初は株や債権、為替などと鯛を釣るためのエビには厳然たる差があったものの、現在では投資理論やDCF法の普及などにより、その垣根は着実に低くなっていると言える。

そのため投資家も、狭義では専門職の人間のをあらわすが、考え方によっては実質的にすべての人間は投資家であるとも言える。狭義の投資家には文字通りの個人投資家と年金基金等の機関投資家の2種類とがあるが、その2つの働きは近似しているため、この項目ではそれを分けることはしない。


近年の傾向[編集]

近年では、子供たちに投資の訓練を受けさせるべく、トレーディングカードが流行している。学校およびカードショップではディールに興じる子供が多数見受けられる。主に40~60枚の、デッキといわれるポートフォリオを組んで投資を行うが、殆どのカードゲームでは現在会計上の規則として減価償却が義務付けられている。また、子供同士のディールの際のDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)などの計算を行う際には複雑な計算が必要となるため、真剣にカードゲームを行うこどもたちは一般的に数学能力が高い。また、DCF法は将来価値を価格算定の際の根拠として使用するため、「このカードの絵師は次のバージョンでは消えるかもしれない=プレミアムの向上」、「このカードは今後はレアリティが落ちて大量流通するだろう=ダイリューション(希薄化)の発生」といった材料も勘案する必要があり、非常に高度な駆け引きが日常的に行われている。

また、主婦たちがお歳暮お中元を送る際には相手側のデューデリジェンス(開示された情報の精査。この場合は価格の調査または予想を表す。)を如何に狂わせるか、という熾烈な攻防が繰り広げられる。一般的にこういった物は等価交換がマナーなので、面子を守るために見せ掛けの価値を釣り合わせることと、家計のために仕入れ値を安く抑えることのバランスを保つ過程で、投資センスが育まれるといえる。

デイトレーダー[編集]

近年ではデイトレーダーという種類の投資家が増加している。その日のうち利益をあげることを目的としているため、一時的な相場の上げ下げ市場の勢いに左右されやすく、継続して利益を上げるのはとても難しい。しかし最近こういったタイプの投資家が増えているのはメディアへの露出や、見せ掛けの簡単さを売りにした入門書の氾濫などが理由と見られている。こういった一日で利益を稼ぎ出すというのは昔からある馬を使ったギャンブルとよく似た点である。

主にこれらには、「ゼロ和ゲーム」である金融市場の市場規模を拡大し、ベテランへ入る利益や証券会社の受け取る手数料を増加させる、という目的が考えられる。要するに、小金を持って寄ってきてくれるカモが増えるほど胴元は儲かる、という理屈の下でこれが行われている。そのせいか、自己破産に追い込まれる者も少なくない。デイトレードの華々しい成果ばかりが伝えられているが、実際の生存率は1割に過ぎないのである。

投資の傾向 [編集]

狭義の投資家のうち、個人投資家は、ピザハットをはじめとするデリバリー係のフード会社に投資をする傾向が強い。この傾向は彼らにとって無自覚である傾向が強いと思われる。なぜこの傾向が強いと考えられるのかは、お察しください


投資の活発化に伴う弊害と新たな投資基準の登場[編集]

投資の活発化は国策的な側面も持っているが、ほとんどの投資家にとって投資とは単なる「値上がり益」及び「配当収入」を確保するための手段にすぎず、利益額や配当性向といった企業数値ばかりが注目されているとの指摘もある。そのため短期の収益を重視するあまり、一般投資家の生活に欠かせないサービスを提供しているアニメ業界企業ですらかんたん作画と呼ばれるコストカットを安易に進めたため、世論から厳しい批判を浴びた。こうした流れを受け、安易な萌えキャラを作らない、作画を海外に投げっぱなしにしないといった「企業の社会的責任(CSR: Corporate Social Responsibility)」を重視している企業に対して投資を行おうとする動きも起こっている。

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「投資家」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)