承子女王

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ほどほど真実のユーモア
次のものは真実と同じにしろよ!

承子女王(つぐこじょおう)は早稲田大学学生にして皇族ネットアイドル2007年2月デビューする。

説明[編集]

英国に留学中(後に成績・素行不良につき日本に送り返され、現在早稲田大学にて箔付け中)に華麗(笑)にmixiデビュー。

皇族の生まれでありながら、自己紹介に「タイプ→カッコ可愛い年下」と書くなど全く慎みのない淫乱で愚かな気取らない気さくな性格。その愚民かスイーツ(笑)かそのものの一般国民に近いKYぶり感性が痛々しさ親近感を感じさせ、老若男女左右ノンポリかまわず失笑と顰蹙人気を獲得、たちどころにネット界嗤い者人気者となった。週刊文春の記事(2007年2月)をきっかけに本格的にブレイク、本人のサイトにアクセスが集中した。なぜかgoogleキャッシュが消されてしまっており、承子さまの元に集った臣民たちの嘆きが宮内庁の光ケーブルを震撼させた。

しかし、熱烈なヲチャーファン世界各地のサーバミラーサイトを立ち上げ、現在も女王のサイトを晒して守っている。同女王のサイトのデータを追っ手から守るためwinnyに逃がしたファンもいる。

一部の物好きなある熱狂的なファンは「全力でお守りいたしますぅ」と語る。承子さま人気で女性天皇の議論が復活することがフェミニストたちによって期待されている。承子さまが天皇に即位されれば、(男に向かって国籍人種誰彼構わず股間が)開かれた皇室が実現するのは必至であるからである。

女王は元来極めて性欲が旺盛だが、影響力もある意味ですさまじい。ウィキペディアでは承子女王の痛々しさ失笑し、女王の醜態晒しに熱中するヲチャー達心酔し、全てを捧げるファン達によって編集が繰り返され、ついに、ウィキペディア名物「編集保護」がかけられてしまった。荒らし編集保護はウィキペディアの華」とはいうものの、これも同女王のある意味での人気ぶり故のことだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「承子女王」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]

この項目「承子女王」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)