手話

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

手話(しゅわ)とは、耳の聞こえない人(難聴者)ないし喋る事の出来ない人(聾唖者)が使う格闘技の一種であり、同時に情報伝達方法である。

概要[編集]

この格闘技は、概ね1秒で1フレーズ、文字換算では6~8bps(ビットパーセカンド)で情報伝達する威力があり、普通に話すよりも高速で情報伝達が可能である。ただし習得に何年も功夫を積んで研鑚しなければならないため、なかなか普及していない。独特の仕草で相手を幻惑し、一瞬の隙を突いて抜手を急所に叩きこむ、一撃必殺の格闘技である。

日本のJSL(Japanese Sign Language)のほか米国のASL、英国のBSL、フランスのLSFなど様々な流派があり、技を競い合っている。

近年では日本語対応手話とよばれる、声を発しながら行う者がつかう格闘術もあるが、似て非なるものであり、その破壊力は日本手話格闘術に遠く及ばない。 しかし一部の日本語対応手話格闘術の修行者の中には「日本語対応手話格闘術は日本手話格闘術と同等の破壊力を有しており、その対応力は日本手話格闘術をも凌駕する」と本気で信じ切っている者がいるから、検閲により削除

日本語の口の形と異なるNMSと呼ばれる、摩訶不思議な宇宙語のような口型をしながら発せられる日本手話格闘術の殺人的パワーは、おおよそ1億8000万ベクレルに達するのではないかともっぱらのうわさであり、日本語の口型をすることによりパワーがだだもれしてしまう日本語対応手話の殺人的パワーは、日本手話の約3000万分の1程度(当社比)と言われる。

相対する際には日本手話格闘術と日本語対応手話格闘術の防御方法がまったく異なるため、注意が必要である。

日本手話格闘術の使用者は、おならを人前でする、という独自の生活習慣(文化)を持ち、日本語対応手話の使用者はトイレに行っておならをする。 そのため人前で当たり前におならをするかどうかで判断するとよい。

ちなみに日本手話格闘術の使用者が放ったおならの音を聞いて笑ってしまうと「負け」である。

歴史[編集]

この格闘技の発祥は1760年にフランスの武闘派神父レペー師に始まる。

この時代ヨーロッパは七年戦争など戦乱の時代が続いており、こと社会弱者の聾唖者の扱いは悲惨であった。このとき彼らの境遇に心を痛めたペレー師は自身の財をなげうって1750年代頃にパリ国立聾唖学校を創設、この中で自身の意思を明確に伝え、必要であれば敵を打ち倒す力を与えるよう尽力したという。

この過程で次第に手話格闘術は一撃必殺の殺人拳にまで昇華され、後のフランス革命では革命派市民たちを勝利に導く一助ともなった。 後にフランスにおける手話格闘術はアメリカに伝えられ、世界の手話格闘術の中心となっていく。(ある研究者によれば、国によってはアメリカ手話格闘術がさかんになりすぎ、その国独自の手話格闘術がなくなってしまったという研究報告もなされている。そのため、我が国においても日本手話格闘術の火を絶やさないため、環境保護団体が日夜検閲により削除。) 現在、ギャローデット大学という大学を模した武術学校では世界各国から武道家集まり日夜鍛錬に励んでいるとされる。

因みにアメリカは英語話者が多い国であるが、なぜ手話格闘術においてはイギリス手話格闘術ではなく、フランス手話格闘術の流れをくむものとなっているかというと、検閲により削除ためである。

ただこのような危険とも言える殺人拳は時代を下ると次第に必要なくなり、1870年代に日本に伝来してくる頃には格闘技レベルにまで威力を落とされたものが利用されるようになった。日本には1878年に健全なスポーツとして手話を教える京都盲唖院が開設されている。

しかしこれら手話も当初は余り評価されておらず、ペンと紙による筆談(ないし暗殺術)のほうが誰にでも扱えて良いのでは無いかとする説や、あるいは口の形を真似て意思表示したり噛み付いたりする方法との競合も初期の頃に見られた。しかし意思伝達と攻撃を同時に行えて、なおかつ当時は高価な紙とペンに頼らず、また確実かつ高速で情報伝達できる手話が認められて行ったのである。

近年、手話格闘術に歌をつけるという珍妙極まりない舞踏術もさかんに行われているが、真に手話格闘術を使うものにとっては、タモリや中川家のデブな方がつかう怪しい中国語のようなものであり、失笑に堪えない。もちろん、その戦闘力はプリキュアの妖精にも及ばない。

現在の扱い[編集]

流石に18世紀のヨーロッパと比べると各段に安全な社会となった現代の先進国では、手話は専ら情報伝達の手段としてのみ利用されており、一撃必殺の殺人拳であったのは遠い過去の話となっている。

しかし各種異形の珍獣が跋扈するネズミーランドでは依然として護身術の手話が存続されているようで、マウスが歌い踊り狂いながら抜き差しならない技を見せたとの目撃情報もある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「手話」の項目を執筆しています。
この項目「手話」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)