手裏剣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「手裏剣」の項目を執筆しています。

手裏剣(しゅりけん)とは、日本のテレビ番組で生まれた隠し武器である。

概要[編集]

日本における「過去の時代を舞台とし、史実よりも創作物としての楽しさを重視した映像企画」即ち「時代劇」の歴史は、1908年公開の「本能寺合戦」にまで遡る。それが1920年代に欧米の影響を受け「映画的時代劇」の時代を迎え、戦中戦後の娯楽に飢えた国民を大いに楽しませた。今でもその世代には時代劇愛好家が多く、彼らが社会から消えていくと共に時代劇もブームを作れなくなりやがて廃れていった。

その中で盛んに使われた役柄が「忍者」である。忍者は変装や毒術の名手とされ、ありとあらゆる場面で物語に登場させられる万能のキャラクターとして重宝されたが、唯一の欠点として「殺陣を行わせにくい」という物があった。忍者は侍ではないため帯刀させられず[1]、時代劇の見せ場となる大立ち回りが描けないのである。映画であれば尺が長くシナリオで調整が効くが、テレビ時代劇ではそうもいかない。その為、忍者用の戦闘演出を考える必要が出てきたのだ。

元来忍者は細かな細工を得意とする設定があり、それを活用して「投擲から格闘まで使い回せる万能武器」を持たせられないか。懐中時計や隠し鉄砲などを参考にしつつ制作費を安く上げられるようにスタッフが苦心した末、「金属片ならば投げても殴っても相手にダメージを与えられるし、おまけに安い」という結論に達した。細工技術や金属加工はあまり関係ないが、とりあえずは使い勝手が良いので多くの時代劇でそれが採用されることとなったのである。これが「手の裏に隠れる剣」、即ち手裏剣の始まりとなったのだ[要出典]

なお、手の裏に隠すから「手裏剣」であり、に挟んで隠せば「乳裏剣」。ならば「尻裏剣」となる。が、これらの呼称を使うことは極めて少ない。

形状[編集]

手裏剣は元々は単なる金属片だったが、映像技術の進歩で画質が向上すると見た目にも拘りを持たせるようになった[2]。また流派毎に違う形状の手裏剣を持たせることで忍者同士の対立を演出したり、またシナリオ上での盛り上がりにも貢献するようになっていったのである。中でも秀逸だったのは卍手裏剣であり、テレビ時代劇「隠密剣士」で使われるや大人気となり、「歴史上、本当に使われていた」という誤解まで生まれるほどのブームとなった。

Y字の三方手裏剣や+字の四方手裏剣、星型や鎌型など様々な形状の手裏剣が生まれていったが、とりあえずの共通点として「金属片を投げたりする武器」は基本的に手裏剣である。

脚注[編集]

  1. ^ 脇差しを「忍者刀」という名前で持たせることはあったが、あくまで脇差しである。本身の日本刀ではない。
  2. ^ これは手裏剣だけの話でもなく、近年のデジタル化により時代劇撮影にかかる予算は大きく上がってしまった。テレビ時代劇が激減したのもそのせいである。

関連項目[編集]

この項目「手裏剣」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。