手数料

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「手数料」の項目を執筆しています。

手数料(てすうりょう)とは手の数によってかかる料金のことである。

概要[編集]

我々がいつも銀行などでお金を引き落としたり、魔法のカードを使った際に明細書に手数料と書かれた料金が表示されているが、何に手数料がかかっているのかいちいち考えたりするのは節約上手な人か、暇人くらいしかいないのではないのだろうか?

手数料にはランクがあり、腕が2本の人の費用と腕が3本以上の人で費用が変わってくる。腕が3本あれば執筆速度が腕が2本の人の1.5倍であるのでうらやましい限りである。当たり前だが我々一般人には腕が2本しかないので、3本以上腕を持っているのは希少価値があるわけで、手数料が掛かるわけだ。

種類[編集]

手数料の種類は多い。

クレジットカード
もっとも代表的な手数料である。JCBでは2回払いまでなら2本の腕でカードリーダーを扱えるが、3回払いからは腕が3本必要なので手数料がかかってしまう。なお、最大の分割払いでは24本にも達する。
ETCカード
昔は手数料を徴集する予定[要出典]であり、続々と来る車両を捌くことが期待されたが、ETCの普及と共に腕の腱鞘炎が危惧され始めたため年会費のみに甘んじた。
不動産
顧客とメーカーの戯言を右から左へと受け流す技術は、大量の腕と慎重さが必要であり仲介手数料と呼ばれる特別な手数料になり、一度に数百万円の手数料がかかる。

銀行における手数料[編集]

まず注意が必要なのは、近年大頭してきた財閥系列などが始めたネット銀行は手数料がよくかかる点である。

ATM使用手数料
ATMの中には2本腕などの使い捨て掃いて捨てるほど人材がいるが、ネットで入金や出金の依頼が出た時点で、高給で雇われた。オペレータが大量の腕を駆使して顧客の依頼を処理していくため手数料がよくかかるのだ。希少価値を持った人材は必然的に大企業に流れるため何もおかしくないのである。
振り込み手数料
銀行の中の人が電卓を叩いて計算しているので手数料がかかる。
他行の口座に振り込む場合は、他行の中の人に連絡する電話の手と、電卓を使う手の両方が必要なので手数料が多くなる。

役所における手数料[編集]

登記手数料
法務局の人が証明書を印刷したりするので、手数料がかかる。
免許更新手数料
警察の中の人が幸せな老後生活をするため、国民を5年に1度は運転免許センターに出頭させて手数料を徴収する。警察の中の人の手間を省略すると、暇すぎる警察の中の人が罪もない人を公務執行妨害のような罪状で逮捕して遊ぶので、世の中が悪くなってしまう。
旅券発行手数料
パスポートの中を見れば分かるように、外務大臣閣下がわざわざ庶民のために「便宜を図るよう要請する」公文書を発給しているのだから「手」が高給な分、手数料も高い。表紙の菊花御紋章は、宮内庁御用達の職人が手作業で刷っているので、手数料が高くなるらしい。

通販における手数料[編集]

代引きの手数料が馬鹿にできず座禅を組む
大手通販サイトでは、コンビニ・郵便局・クレジットカードなどの決済の手数料は無料な場合が然程である。ただし、代引きのみは小銭を数えるために大量の腕が必要で手数料がかかる。然程無料であるが商品の値段には既に自分の取り分を確保しているため、わざわざ節約上手な人の顰蹙を買われないように、手数料という単語を避けているのである。

腕の数と税金[編集]

日本では国民に勤労の対価として税金徴集しているが、腕の数が3本以上であれば、腕が2本の奴らの数倍は稼ぐため、バランス取りのため腕が3本以上あると税金が重くなる。ただ、結局は税金が重くなってもそれ以上に稼げばいいわけで、腕が2本の人は低い収入で低い税金に苦しみ続けるのである(逆にに腕が1本以下だと公的扶助が出たり税金が安くなる)。

関連項目[編集]