出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「」の項目を執筆しています。

(て)とは、生物の体の一部、ここでは人間の手について説明する。 手の触り心地はそれぞれ違う。 ヒトデに似ているので、現在関連性を調査中である。 コミュニケーションにも欠かせない。

種類[編集]

手。

手の種類は主に以下の物がある。

プニプニハンド
男の子女の子ともにこれが最適とされる。汗ばんでもいないし異臭もしない、一番触り心地のよい手である。
ベタベタハンド
汗ばんでいて異臭のする、大人の男のキモい手(中学生ごろからこの傾向が見られる)。相手が女の子だった場合、逆にこのほうが萌えるとか思ってるフェチな男もいる。
パサパサハンド
乾燥肌の人の手。だが、女の子の場合は温かさがあるので、何か萌える。
コーティングハンド
触ってみても温かみを感じない手。女性と握手してこれに当たったときは男にとってショックがでかい。萌えない。

手の使い方[編集]

手の使い方には、以下の様な物がある。

  • 物を掴む。
    基本的な使用法の1つ。簡単な動作であるが、様々な事に応用が出来る。
  • 物を放す。
    基本的な使用法の1つ、簡単な動作であるが、様々な事に(以下略)。
  • 物を投げる。
    基本的な使用法の1つ、簡単な(略)。
  • 物を身に付ける。
    基本的な(ry

フィンガーファミリー[編集]

手には五人家族、通常フィンガーファミリーが住んでいる。ここでは簡単に説明するが、詳しい説明はこちらを参照。

サム(Thumb)
第二関節が付け根の様になっているが、これはあまり動かない。しかし、手首の近くにある第三関節が、手のひらごと動いてくれるので、稼動域は広い。
感情によって上下に動く。
インデックス(Index)
彼女は立てやすく、人を刺すのに便利である。
一番仕事が出来る為、時には本来全員でする筈のピアノ演奏やタイピングを一人でやらされるブラックな家庭も存在する。
このゆびをふると、のうがしげきされ、いろんなワザをランダムでくりだす。また、E.T.が触れると、光と共に傷が回復する。
10万3000冊の魔導書を有する。
ミドル(Middle)
立ち上がった彼はあれに、座っているインデックスとリングはあれに見えるため、これを欧米人が見ると興奮する。
家族の中で一番背が高いのだが、上記の下品なモノマネ以外取り柄が無い。
リング(Ring)
彼女は家族の中でも特に存在感が薄く、動きが鈍い上、地味である。しかもあまり出番が無く、存在が忘れられやすい。動きが鈍いのは、ある契約を交わして、金属の枷をはめられる機会が多いからだと思われる。
薬を塗るのが得意と言われているが、実際はインデックスの方が得意。
ピンキー(Pinky)
一番背が低く、主に契約に使用される。契約に違反すると、切断される。

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)