出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「」の項目を執筆しています。

(て)は、人間の体のフワフワした部分。触り心地がいい。 ヒトデに似ているので、現在関連性を調査中である。 コミュニケーションにも欠かせない。

種類[編集]

午後の死.gif

手の種類は主に下のとおりである。

フワフワハンド
(まあフワフワって言ってもスポンジ的な感じではないのよ。ただ他に適した擬態語が見つからなかっただけ。)
男の子女の子ともにこれが最適。汗ばんでもいないし異臭もしない、一番触り心地のよい手である。
荒木飛呂彦いわく、漫画の神様の手は、「フワフワしてる」とのこと。
ベタベタハンド
汗ばんでいて異臭のする、大人の男のキモい手(中学生ごろからこの傾向が見られる)。相手が女の子だった場合、逆にこのほうが萌えるとか思ってるフェチな男もいる。
パサパサハンド
乾燥肌の人の手。だが、女の子の場合は温かさがあるので、何か萌える。
コーティングハンド
触ってみても温かみを感じない手。女性と握手してこれに当たったときは男にとってショックがでかい。
ぺタリハンド
触れるとくっついて離れない手。握手すれば瞬間接着剤のごとくペッタリくっつく。22世紀のロボットに標準装備されている。
ゴッドハンド
の手。入手することができれば各種ゲームで有利になる。有利になるだけなので、生かせるかどうかは結局プレイヤーの頭脳次第だ。

フィンガーファミリー[編集]

サム(Thumb)
第二関節が付け根っぽくなっているが、これはあまり動かない(MPゲージが少ないため)。しかし、手首の近くにあるぐらい下の第三関節が、手のひらごと動いてくれるので、稼動域は広い。
感情によって上下に動く。
インデックス(Index)
彼女は立てやすいので、人を刺したり、なぞったりするのに便利である。
このゆびをふると、のうがしげきされ、いろんなワザをランダムでくりだす。また、E.T.が触れると、光と共に傷が治癒する。
10万3000冊の魔導書を有する。
ミドル(Middle)
立ち上がった彼はながいのに、座っているインデックスとリングはまるいのに見えるため、これを欧米人が見ると興奮する。
リング(Ring)
彼女は家族の中でも特に動きが鈍い。ある契約を交わして、金属の枷をはめられる機会が多いからだと思われる。
薬を塗るのが得意。
ピンキー(Pinky)
よく切断される。


関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)