戸沢盛安

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「戸沢盛安」の項目を執筆しています。

戸沢 盛安(とざわ もりやす、1566年1590年)は、戦国時代サムライ秋田県在住。ご先祖様は桓武平氏で戸沢村第18代村長さんにして、村の面積を大きく広げた人物である。たったの24,5年しか生きられなかったが、武将としての評判は(奥羽のド田舎大名のわりには)頗る付きである。早世が惜しまれたりしているが、長生きしてても名を竹帛に垂れたかどうかは判らない。

経歴[編集]

厨房・工房時代[編集]

不幸にも早死しやすい家系(親父と息子を除く)のため、病弱の兄・戸沢盛重から厨房でありながら村長の座を譲り受けた。
その頃からケンカ地元じゃ負け知らずだったため鬼九郎だの「夜叉九郎」とあだ名を付けられ恐れられた。ただし、あくまで負け知らずだったのは地元でだけである。お山の大将に過ぎなかった可能性もある。
智勇兼備の将と言われているが、大抵自分だけ真っ先に突撃する馬鹿(褒め言葉)だったため、猛将のイメージが強い。
にも関わらず敵の怪我人や捕虜は絶対に殺さなかったと言ういい人ぶりも発揮している。ただし、戸沢家は近世大名として名を残せた、所謂勝ち組なので、歴史の勝者たる戸沢家によって史料が捏造された可能性も十二分にある。そもそも捕虜を一人も殺さず乱世を生き延びるなどという話はどだい無理である。ただし有名な戦国大名達にありがちな醜聞が殆どないのも事実であり、名君であり、名将だったことは確かだろう……などと思われがちだが、実際には、史料が少なすぎてどういう人物は漠然としているだけだったりする。

大学時代[編集]

小清水蔵人とか言う敵将を真っ二つに割ったり、馬鹿殿こと小野寺義道フルボッコにしたり、あいちゃんケンカしたせいで変態呼ばわりされるようになったりと、武勇伝が数多く残されている。
(あいちゃんに関しては相手はおにゃのこであり、「さすがに犯罪じゃねぇの?」と言う声も挙がったりしているが…)
しかしそのおかげで戸沢村は角館町に改名(現・仙北町)できたのである。しかし、戸沢(とざわ)と比べて角館(かくのだて)は難読な地名になってしまっているので、盛安は余計なことをやらかしたという非難の声も上がっている。

大学卒業後、そして最期[編集]

でも早死の家系が災いし、死にかけながらもの北条攻めにはちゃんと挨拶に行って褒められた
が、その直後光になってしまった。享年25歳。
なお、死の間際津軽為信に対して「僕の分まで生きてください」と語ったといわれ、この美談に心を打たれた秀吉は為信の惣無事令抵触に恩赦を出し、大名としての独立を認めたという。

死後[編集]

  • 病弱な兄、盛重は盛安がエテ公に頭を下げたことに不満を持ちヤンデレになったそうな。でも大体同じ時期に死んでいる。
  • 弟・戸沢光盛も兄・盛安同様早死のDNAのせいで朝鮮出兵に行く途中に光になってしまった。享年17歳
  • しかし、息子・戸沢政盛はなんとかやりくりしてくれたようで、お家断絶の危機は免れた。お家は明治までしっかり生き残った。

関連項目[編集]