我孫子市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「我孫子市」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「我孫子市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「我孫子市」の項目を執筆しています。

我孫子市あびこし)とは、かつてチバラギ共和国に属していた都市。東京からの国際列車の終点のひとつ。東京への労働力供給源である。東京の一部とも見なされていた。「東京のほう」という表現が最もしっくりきた。

歴史[編集]

この土地に関する歴史は古く、中国の史家司馬遷の著した「史記」においても登場している。当時は「我」の字はなかったが、その後の日本の発展と民族性の確立の課程において「我」を冠するようになり、現在の名称に至ったとされている。

しかし当て字によって成立した地名であったためか、近代に至るまで読み方のわからなかった地域のひとつでもある。長年の研究の中で少なくとも「ありあし」ではないことだけは定説化していたが、地域住民へのアンケートにおいても「わからない」という意見が7割を超え、少数意見に「おっすおらごくう」「おれはりょふあざなはほうせん」「くお〜ぶつかる〜ここでいんどじんをみぎに」などの珍妙な意見があるのみであった。

その後、科学技術とオーパーツテクノロジーの発達によって徐々にその読みは解明されてゆき、2006年になって我孫子市ひよこ陛下の共同チームの研究により、正しい読み方が「ありあ」であることが判明した。この発見により、ひよこ陛下は通算25度目のノーベル殺人賞を受賞している。

なお、大阪市にも御堂筋線の駅として「我孫子駅」があるが、こちらはご親切にも「ありあ」と平仮名表記をしている。大阪府ゆとり教育の成果らしい。

地理[編集]

に挟まれた低湿地帯であり、水棲モンスターが跋扈する土地柄でもあった。そのため、マンションや太陽の塔などといった代表的高層建築への妨害活動も活発に行われ、住民も土建屋も大弱りであった。仕方なく、住民の多くが低層アパートあるいは一軒家に住むことを余儀なくされたが、その瞳に秘められた熱き野望を消すことはできなかった。

伝承によると、南にある沼は特段に汚染がひどく、ダメージ床を無効化できる呪文でも持たない限り、一度迷い込んだら二度と出られないと言われていた。その一方で、その沼地にはラーの鏡が落っこちているなどといった風説の流布もあってか、年々冒険者たちがやってきては消えていくことでも有名であった。

最近では、我孫子駅周辺が魔物の巣窟(そうくつ)になっており、続々と城が建設されている。 そのため、我孫子王は城を天王台駅周辺に移動した。天王台駅周辺に我孫子の中心となる放送局が開局したのはこの影響である。

これを受けて、JR常磐線特別快速電車は安全のため、我孫子駅に停車しないことになった(その為、通称名が「特別快速 通過や我孫子」となった)。ちなみに天王台駅も停車しない。

主要道路の3○6号線が整備されておらず道を歩くのはもはや自殺行為といえる。だが我孫子市はまるで「美しい、整備されている」等のようなもはや矛盾の頂点のようなことをほざいている。又、市議会のパーたちは3○6号線を整備しますと清くない一票を市民から得るが、整備されていない・・・

セブン&アイの天下の街[編集]

我孫子駅を境に南にイトヨ、北はエスパとセブン&アイが我孫子駅周辺の商業活動を独占している。そのためイオンなど、ライバルグループは我孫子駅周辺を「セブン&アイの天下街」と呼び、全国で有名になった。

最近なぜか「エスパ」が「イトーヨーカドー」に変わったことにより色々とわけがわからんことになった。


そして天王台駅周辺に居住している筆者は、こんな時に「マルエツあって良かった」と思うのである。

関連項目[編集]


Img1021 08.jpg 有権者諸君!私が外山恒一である。この項目「我孫子市」は未完成だ!!
編集したら、奴らはビビル! 私もビビル・・・・・ (Portal:スタブ)