成田闘争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

成田闘争(なりたとうそう)、および成田逃走は、千葉県成田市1966年からスタートした壮大なエクストリームスポーツの祭典である。エクストリーム・オリンピックの競技の一つである。

現在もいろんな意味で試合が続行されている

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成田闘争」の項目を執筆しています。

ルール[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三里塚闘争」の項目を執筆しています。

試合が開始された当初、このエクストリームスポーツのルールは単純で、「空港建設を阻止すれば反対派の勝ち、空港が建設されれば政府の勝ち」というルールだけであったが、そののち、空港建設後も試合が続いたため、この基本ルールの後半の「空港が建設されれば政府の勝ち」というものは意味を失っている。

実質的に空港建設反対派は「どれだけ空港の業務を妨害できるかを競う」というルールで試合を続行している。

なお、空港内部にある、B滑走路近くの未収用地(畑など)の上を飛行機が走行し、畑を荒らした場合は政府側の得点になり、それによってエクストリーム・謝罪を決行すれば得点をさらに増やすことができる。

このスポーツはエクストリーム・ケンカの大規模な形として運用され、建設反対者以外にも、普段のストレスを解消したい人が多く参加した。しかし実際には、小規模なエクストリーム・戦争レベルまで試合が大規模になってしまい、けが人も多く発生した。

得点[編集]

  • 飛行機を遅らせる … 1000×(遅れた時間)2×(搭乗予定人数)2
  • 滑走路に不法侵入 … 500(エクストリーム・強行突破としての得点あり)
  • 逮捕者 … 1人あたり100
  • 火炎瓶などの火気の投入 … 1個あたり500
  • バスガス爆発を起こす … 1台当たり1000
  • 機動隊と揉み合いになる … 機動隊員1人につき2000
  • 管制塔に火炎球を打ち込む … 5000
  • 管制塔に突入して機械をけちょんけちょんにする … 6000(機器修理で代替が効く場合 機器交換の場合は+1000)
  • 管制塔その物を破壊する … 10000
  • 空港自体を何らかの手段で再起不能にする … 500000
  • 京成電鉄束日本旅客鉄道の列車を走行不能にする...1編成ごとに10000


また、直接的な右翼左翼闘争を起こした場合、特別試合になる。

歴史[編集]

第1試合[編集]

1966年佐藤栄作内閣が新空港建設予定地を千葉県成田市三里塚に変更。 しかし、反対派の地元住民達が「三里塚・芝山連合空港反対同盟」を結成し反対活動を開始し、試合が開始された。当初は左翼も積極的にプレーに参加し、言論のみの試合だったが、次第に試合が激しくなるにつれて左翼はサボりだした。

また、第1試合の直後、TBSが建設反対者をバスに乗せてやらせを行ったことが発覚し、TBSはエクストリーム・謝罪で高得点を挙げた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「TBS成田事件」の項目を執筆しています。

第2試合[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東峰十字路事件」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東山事件」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「芝山町長宅前臨時派出所襲撃事件」の項目を執筆しています。

1971年に2回、政府は土地を強制収容するためにバルスを使うなど、めちゃくちゃなことをして用地を収用した。これによって第2試合がスタート。反対派は左翼の進化形態である新左翼を仲間にして鉄パイプなどを使ったり、作戦基地に立て篭もり行政代執行の作業中に隙を見て大規模な攻撃をするなどの大規模な試合であった。その後試合はゲリラ戦になり、野次馬が参加して試合はさらに交錯した。なぜ政府がエクストリーム・謝罪をしなかったのかは不明。逮捕者は合計52人、負傷者多数。双方のラフプレーで選手生命を奪われたプレーヤーが続出し、レッドカードが乱れ飛んだが、大規模な戦闘により戦場は交錯し、誰が何をしたのか誰も気にしない状態になってしまい、詳細な得点は未だに不明である。

1977年5月6日反対派の象徴の鉄塔は撤去され、政府は試合の勝利に王手をかけた。5月8日、反対派と機動隊が衝突し、その区域ではエクストリーム・ケンカに突入した。なお、この事件は1977年56日に起きたので156事件と呼ばれる。

第3試合[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成田空港管制塔占拠事件」の項目を執筆しています。

1978年3月26日、開港直前に反対派住民が起こした管制塔占領事件326事件)により試合が開始された。こちらでもエクストリーム・戦争に突入。

火炎瓶などの大量破壊兵器が使用され、囮に機動隊をひきつけて空港に突入したチームプレーだけでなく、DJ気取りで警察無線にピンクレディの曲をかける等の巧みな技で政府チームを撹乱し、反対派は大量得点を挙げた。逮捕者は168人で、これだけの得点でも16800点。 同時刻に三里塚第1公園では15000人が集まり、反対派チームを応援していたが、「管制塔占拠」の報を受けた参加者たちは、まるで甲子園虎教のような大歓声を上げた。

しかし、大規模な玉砕であり、空港の開港を遅らせるという意味では反対派は高得点を挙げたが、結局2ヶ月後に空港は完成することになり反対派は完敗したかと思われた。

第4試合[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自由民主党本部放火襲撃事件」の項目を執筆しています。

しかし、空港反対派チームは諦めていなかった。今度は裏をかいて政府チームに殴り込みをかけた。

1984年9月19日永田町自滅党本部前で試合が午前7:30に第4試合がスタートした。 火炎放射器が使用され、自滅党本部は火災で210hyde2が燃えて、第4試合は建設反対派が圧勝した。

第5試合[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「10.20成田現地闘争」の項目を執筆しています。

1985年10月20日、三里塚交差点で空港反対派チーム支援の左翼と警視庁機動隊チームが衝突し、第5試合がスタート。魔改造消防車時限爆弾火炎放射パチンコ玉を使った散弾銃、放火などの大技が相次ぎ、逮捕者は241人で、こちらでも大量得点が挙げられた。一部はゲリラ戦に突入し、エクストリーム・鬼ごっこも開催された。また、京成の電車への放火事件もあり、鉄道事故としてもカウントされる。成田闘争最大の目玉、着陸中の航空機に花火直撃の超必殺技が炸裂。運用中の空港に対する大規模攻撃として、大きな得点であった。

これ以降、大規模な試合は開かれていない。(2008年現在)

得点[編集]

  • 装甲車の破壊3台 30000点(特別点)
  • 逮捕者241人 24100点
  • 火炎瓶 不明(少なくとも1000点以上)

第6試合以降[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千葉県収用委員会会長襲撃事件」の項目を執筆しています。

結局空港はできてしまったのだが、反対派は負けを認めず、まだまだ試合を続行するつもりである。

電車や民家を燃やしてみたり、チーム内乱闘をやってみたり、実は反対派チームのサポーターだった千葉県収用委員会の会長をNice boat.したり、あれこれやってみたが全部裏目に出てサポーター離れが深刻化している。

最終的には1995年に当時の村山富市首相が政府を代表して、それまでの強権的なプレーについてエクストリーム・謝罪を決行した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成田空港問題」の項目を執筆しています。

特別試合[編集]

2009年には、飛行機の墜落を起こすというスポーツも開かれた。

試合結果[編集]

 
試合名称 試合会場 ホームorアウェー 勝者
第1試合 三里塚 ホーム (引き分け)
第2試合 三里塚 ホーム 政府
第3試合 管制塔 ホーム 政府
第4試合 自滅党本部前 アウェー 建設反対派
第5試合 三里塚 ホーム (引き分け)
第6試合 いろんな場所 ホーム&アウェー (現在試合中)

関連項目[編集]


Syazaai.jpg この項目「成田闘争」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)