成田良悟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「成田良悟」の項目を執筆しています。

成田良悟(なりたりょうご 1930年5月30日)は、バッカーノ!大会研究の第一人者。現在、電撃文庫において、バッカーノ!大会研究資料を含めた5つのシリーズを執筆しており、ほぼ3ヶ月おきのペースで順次刊行されている。

人物像[編集]

自身のWEBサイトでのエイプリルフール企画の為、1週間程度で100Pの小説を書いたエピソードは有名である。その速筆ッぷりや、プレイするゲームの本数、週刊漫画誌を読む量、映画を見る本数などから複数人説が唱えられており、成田良一、成田良二、成田良三、あと二人をあわせて成田良悟であるらしい。あるいは、人格の分裂したサイコパスであると考えられる。

また、修羅場を迎える度に体を壊す為、「実は不老不死なんじゃないか」「吸血鬼かもね!」「宇宙人?」「実はロボ」「実は海賊の一人」「実は色つき幹部」「実はダラーズ」「3Dアート」「心は少年、体はグラサン」など諸説がささやかれている。しかし、作家と言うのは往々にして繊細なガラスの心の持ち主である。メインターゲットが口汚い中高生であるライトノベル作家であれば、なおさらのことである。

成田病[編集]

同氏が発生源とされる架空の病。本人の全く気付かぬ内に進行する不治の病。具体的には、文字が違う文字に変換されて誤字脱字が発生する恐ろしい病である。

恐ろしいことに、この病は伝染する。読者や関係者、イラスト担当の絵師さんまで発症しているという広がり具合から、感染率は非常に高いと言えるだろう。代表的な感染例は以下の通り。

BACCANO! にて、「小気味いい音」→「小気味いい男」
BACCANO! にて、「伝九郎」→「ザンクロー」
BACCANO! にて、「イブ・ジェノアード」→「イブ・ガンドール」
公式に嫁入りしたということでよろしいでしょうか。
デュラララ! 6巻 にて、 「すべては丸く収まり爆ぜる」→「すべては丸く収まり爆じる」
まさかのイラストの方の誤字。

だがしかし、氏の時空改変能力によって「ザンクロー」を「ザンク・ローワン」というキャラとして登場させてしまったり、ゲーム化した際に本当に「小気味良い男編」が存在する。誤字から生まれるストーリーである。

既刊リスト[編集]

バッカーノ!
1700年代から続くエクストリームスポーツ大会であるバッカーノ!大会についてまとめられた書籍。毎回多くの新登場人物が現れるが、年代ごとに大会の様相は変わるため、主人公は大会参加者全員である。
デュラララ!!
池袋を舞台とした多数勢力が血を血で洗ったり洗わなかったりするデュラララ!!大会に関する書籍。首なしライダーをタイトルに冠しているが、ドジッ娘なので必ずしも主軸に置かれるわけではない。スペシャルサンクス:九十九屋真一。
ヴぁんぷ!
吸血鬼や半人半鬼、食鬼人や人間達が、液体紳士の子供達が結婚するまで見守るヴぁんぷ!の顛末記。上記二作品以上に人外な登場人物が描かれている。フェレットはミヒャエルの嫁。
越佐大橋シリーズ
佐渡新潟の間に掛けられた世界一巨大な橋で行われる、正義と従とチェーンソー鉄パイプと不運とバットラジオと殺人鬼と都市伝説とスリ師とラーメン屋の親父と後大多数が繰り広げる騒動の記録。氏は一応の完結を宣言したが、5656!なる外伝が執筆されている為、読者は5656!2を心待ちにしている。
世界の中心、針山さん
針山真吉宅を中心とした、魔法少女戦隊ヒーロー、殺し屋やタクシー運転手、幽霊や格闘パンダや巨大ロボやヤクザ、工場長や光の勇者達が繰り広げる奇跡の物語。
ステルス交境曲
まさかのジャンプ進出。しかしまもなく打ち切り

関連項目[編集]