成恵の世界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 深次元アーカイバ『ある八百科日人の証言』
Narue hebi.jpg

成恵の世界(なるえのせかい)は、惑星日本からやってきた、宇宙人地球人ハーフである、七瀬成恵が作成した世界のことである。

概要[編集]

この世界は、A.E.ヴァン・ヴォークトが提唱した、非Aの世界に酷似していて、非アリストテレス論理に強く影響を受けている。このため、「中学2年生を何度も繰り返す」「七瀬家の外観がしばしば変わる」「世界内で放映されているアニメの声までも変化する」といった、一般意味論を覆すような時空間の歪みが多数観測されている。

観測[編集]

この観測は、静岡県出身の漫画家である丸川トモヒロ1999年から実施している。その結果は、随時角川書店刊行の「月刊少年エース」に掲載されている。ただし、観測がはかどらないと掲載されないため、単行本は一年数年に一回発行されるかどうかといったところである。

組織[編集]

角川書店[編集]

成恵の世界を観測している組織のひとつで、地球の日本国に存在する。七瀬成恵によって過去に複数のライトノベルレーベルを「無かった事」にされており、本命の「角川スニーカー文庫」を守るために丸川トモヒロを観測員として送り込んだ。複数メディアを操り文化侵略によって世界の征服を企んでいるが、今のところ主に多感な中学2年生男子と若年成人男性をマインドコントロールするに留まっている。

銀河系連盟[編集]

地球からはるか遠くに存在する銀河系内の複数の星系人からなる組織。地球外生命を名乗る組織の中で最初に地球を「発見」した。所属する各惑星はちょうど地球の各国を惑星にしたような民族や文化を持つ。実際には七瀬成恵の「○○国が世界征服したら」という妄想に基づいて生まれた各平行世界における未来の地球であるが、彼らはまだそのことに気付いていない。

惑星日本[編集]

成恵の世界における日本が世界を征服した平行世界の地球。銀河系内では最も地球の植民地化に積極的な惑星であり、その強引な手法は銀河系内やアバロンから批判の対象となっているが、これは七瀬成恵の何事も暴力バットで解決しようとする性格が反映されたものである。財政赤字は1京宇宙円を越えており、銀河系内有数の財政不良惑星でもある。
監察庁[編集]
惑星日本政府の組織。主な任務は地球における銀河系人の入植・婚活支援。電話にて取材した所、職員はしきりにについて語っていたが心理操作電波それ以降の記憶は無い。

第7艦隊[編集]

地球を包囲している銀河系連盟の艦隊。所属機族の制服・制帽には「7」のようなマークが見られるが、正しくは「士重工業」の「フ」である。稀に「」や「」、「」、「」である事もあるが、このような改造は軍規違反に当たる。事実上、惑星日本の指揮下に入っており、同惑星が地球の領有を主張するために使われている。これは、諸外国の無断訪問に対する七瀬成恵の遺憾の意が反映されたものである。

アバロン[編集]

未来の地球に存在したある国家の末裔。アバロンという名は彼らが地球を脱出する際に乗り込んだ宇宙船の名前から。長い年月の間宇宙を彷徨った後に現在の星雲・星系へと落ち着いた。彼ら自身も地球が自らの起源と考えており、事あるごとに人種や技術、文化の起源を主張しているため銀河系連盟との関係は悪化している。機族を見ると性的興奮を感じざるを得ないため、代わりとなる制御体という機械を使っている。実際には七瀬成恵がSFロボットアニメSF映画を視聴した事により生まれた平行世界の人々であり、彼らが辿り着いた惑星も各平行世界におけるはるか未来の地球である。

合星国[編集]

バルザーヤ[編集]
合星国より依頼を受けて仕事をする民間軍事会社。構成員は社長のストレルカとアルバイトのベルカのみで、二人はアンドロイド姉妹である。主な仕事は地球における八木はじめの原稿催促とヒーロー活動。ヒーロー活動中はストレルカが「ザヤ・ビェラヤ」、ベルカが「ザヤ・チョルナヤ」を名乗っている。帽子や衣服に「Б」(ベー)のようなマークが見られるが、正しくは「伏」の「の」である。

機族[編集]

知性を持った機械の総称。未来の地球で作られた。設計者の趣味が色濃く反映されたため全て人間女性の外見を持っている。それが原因で機族と共に働く人間男性の未婚率は高い。萌えに理解がある銀河系連盟内では早くから受け容れられているが、アバロンにおいては筋肉信仰から無骨なメカが好まれるため長年受け容れられなかった。最近では惑星日本の布教が功を奏しアバロンでもオタクを中心に少しずつ受け容れられている。しかし同時に「たとえ機族であっても未成年の姿をした者にあんなことこんなことをさせるのは人道に反するのではないか」という議論も起こっている。実際には七瀬成恵がメイドロボ人型パソコンに興味を持った結果生まれた。そのためドジっ娘なほど評価されるという特徴がある。

惑星縁日(グリンデイ)[編集]

アバロンのひみつ
惑星縁日の戦い
ゲームジャンル VRサバイバルアクション
対応機種 PLAY DIMENSION II
開発元 アースソフト
デザイナー 七瀬 香奈花
シナリオ 八木 はじめ
発売日 未定
対象年齢 15才以上
コンテンツアイコン 性表現、暴力

七瀬香奈花が中心となって製作された同人ゲームの舞台となっている惑星。アバロンの宇宙放浪時代を題材としており、プレイヤーはこの惑星で生き残りを懸けて戦う。キャラクターデザインとシナリオを除きプログラミングを含めたゲーム製作のほとんどがバチスカーフによって行われた。デバッグプレイ中に七瀬成恵によってゲームシナリオを元にした平行世界が誕生したが、それをチートしつつもトゥルーエンドで攻略した事によりアバロンの史実となった。その後、PDN Storeにて1000宇宙円で販売しようとしたが、提出したゲーム情報に誤りがある(一部の漢字が「緑」ではなく「縁」になっていた)事が発覚したため審査で不合格となった。バチスカーフがデバッグメンバーから外された不満により開発チームを脱退していたため、急遽参加した飯塚和人が修正する事になった。しかし、プログラミングの不慣れとプログラムの複雑さ(全てマシン語で書かれていた)から修正作業は難航しており発売の目処は立っていない。

魔砲少女四号ちゃん[編集]

成恵の世界の内部で放映されているアニメーション作品が「魔砲少女四号ちゃん」である。現在では魔砲少女の根源と定義付けられているが、新谷良子田村ゆかりを追放したという事実は指摘してはならない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者を救済するために、百科日人らを乗せた御柱が新たな「成恵の世界」に向けて出航しました。
「久しぶりにまとめ読みしたら元気が出ました。なぜだかは解らないのですが、それがワンダー。」
成恵の世界 について、谷川流
キャプテン翼の例のアレ.jpg 成恵の世界 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、成恵の世界加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)