憑依

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
憑き物から転送)
移動: 案内検索

憑依 (ひょうい) とは、宗教人類学で言うところのシャーマニズムの一種である。召喚した霊的存在により、人格の変容、錯乱、神懸り、異言などの現象を付随する。東北アジアに典型例が見られるが、東南アジア、中近東、ヨーロッパアフリカ、南北アメリカ、オセアニア各地に見られる。日本ではあずさ弓の巫女、イタコにそれを見ることができる。

憑依の復活[編集]

憑依はシャーマニズムと関わる現象であるが、原始宗教の残滓と誤解され、普遍宗教であるキリスト教・イスラム教・仏教などの広がりによって世界各地で払拭されたと考えられてきた。しかし近年、精神世界ニューエイジなどのオカルティズムに呼応するかのように、見捨てられていた憑依現象が改めて脚光を浴びている。なおこの再発見の先鞭をつけたのは、精神分析を開始したジグムント・フロイトである。

ナポレオンの憑依[編集]

フロイトは、かつてフランスのサルペトリエール精神病院に遊学中、師シャルコーからヒステリー緩和のための催眠術の技を会得していた。彼の『ヒステリー研究』草稿では、ヒステリーの緊張状態の中で「自分はナポレオンである」と突如喚きだした患者が、続出したことに驚愕した一節がある。初めは精神病理学的な単なる症例と考えていたフロイトであるが、患者の口にした言葉をつなぎ合わせてみたところ、ナポレオン本人で無ければ知りえない情報を口にしていたことに不審の念を抱いた。早速パリ国立公文書館に問い合わせところ、無学な患者の知ることがないナポレオンの軍事機密であったのである。こうした例を何度と無く目撃したフロイトはこれがナポレオンの霊による「憑依」と断定したのである。残念ながら師シャルコーはこの発見をすることをフロイトに固く禁じ、いつしか草稿は散逸するに任せたのである。

ただ1900年当時から、パリでは「ナポレオン」憑きが世間を騒がせており、この事実を知ったのはフロイトだけではなかった。1900年のパリ万国博覧会でも、自分を「ナポレオン」と名乗る人々がシャンゼリゼ通りからコンコルド広場に集まり、耳目を騒がせたことはよく知られている。当時フランスに留学していた画家黒田清輝は日記の中で「奈翁(ナポレオン)ヲ名乗リシ者ハ癲狂(基地外)ニアラズ、我ガ邦(くに)ニ於ケル憑依ノ類ニサモ似タリ」と記録している。ナポレオンが憑依すると、帽子をかぶって軍人の格好をし、短気で怒りっぽくなり、妻のことをジョゼフィーヌと呼び出したり、ナポレオン・パイにむしゃぶりついたり、辞書から「不可能」の文字を削ったり、馬でアルプス越えをしようとしたりするとの報告がある。なお日本人では、大道芸人・早野凡平に憑依したとの記録があり、ナポレオンが憑依したことから「ナポレオンズ」と名乗って人前で手品をしている芸人の存在も確認されている。

なおフランスではナポレオン以外にも、聖王ルイ9世太陽王ルイ14世ルイ15世の愛人ポンパドゥール夫人マリー・アントワネットの側近ポリニャック伯爵夫人、「ひまわり」の画家フィンセント・ファン・ゴッホ、シェーのイヤミなどが憑依したことが報告されている。

葦原将軍の憑依[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

戦国武将の憑依[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

三国志武将の憑依[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]