憎しみの連鎖

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Dokuro mark.gif
注意‼:この記事は発狂した利用者により書かれたため、読むと頭が腐ります‼

憎しみの連鎖(ぞうおのくさり)とは憎しみを連鎖させればぷよぷよテトリスのように消滅すると言う斬新な考えである。ハンムラビが発案しジョージ・ウォーカー・ブッシュオサマ・ビン・ラディンらが熱心にこの思想を支持しているが、彼らが唱える憎しみの連鎖はハンムラビの発案したものからはかなり飛躍している。

概要[編集]

憎しみとはそれそのものがマイナスの要素である。マイナスはマイナスとかけ合わさる事によってプラスになる。つまり例えば眼を潰されたら潰した奴の眼を潰し返してやればそれでおあいことなってチャラになると言うものである。それどころかマイナスの数が大きければ大きいほどかけあってプラスになった時の数も大きくなり憎しみあっていた両者の間に友情が芽生える事さえある。

注意[編集]

よく「○倍にして復讐してやる」と言う言葉があるが絶対に倍返しの復讐してはいけない。何故なら折角マイナスとマイナスをかけてプラスになったのにまたマイナスがかかってマイナスになってしまうからである。にも関わらず倍返しの復讐をやってしまう愚か者が後を絶たない。これも にんげんの サガ か…

実現[編集]

憎しみの連鎖を終わらせる方法

相手が復讐したくても出来なくすればよい。また、相手の親類・友人・縁者などが復讐を行えないようにすればよい。具体的に言えば相手の関係者全員を抹殺することである。古代中国ではこの措置を「滅九族」と呼び、代々の王朝で反逆者を滅亡させるため愛用されてきた。現代世界では核兵器地球破壊爆弾などでこの理想を実現する。

関連項目[編集]

この項目「憎しみの連鎖」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)