情報統合四面体

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「情報統合四面体」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

情報統合四面体(じょうほうとうごうしめんたい)とは、全宇宙の情報を集積して管理する正四面体(正三角錐)の一種である。 決して情報統合思念体の聞き間違いではない。

概要[編集]

組成物質、大きさ、質量、色などは一切不明であり、そもそも生命体か否かさえ確認されていないが、正四面体の形状だということだけは確認されている。 あらゆる情報を集積して内部に溜め込むことで、人間が開発したどんなデータベースにも負けない情報量を持つとされている。 情報統合四面体にアクセスして溜め込まれた情報を取得するには、四面体に取り込まれる必要があるとされ、その方法はごく一部のフリーメイソン上級会員のみが知っており、秘中の秘とされている。

歴史[編集]

情報統合四面体の存在は、古代エジプトにおいて既に確認されていた。 ファラオたちは死後自らを情報統合四面体に含めることで全知全能になろうとし、そのために死後ピラミッドを建造させた。 しかし、建造技術の問題と既に命じた人物が死去していて手抜きをしてもとがめられるおそれが全くないという理由から、ピラミッドはいい加減に五面体(正四角錐)とされてしまった。その結果ファラオたちは全知全能となることができず、墓場泥棒を呼ぶ羽目になってしまった。

情報統合四面体が描かれた某国の紙幣。

今日においても、米国1ドル紙幣などに描かれている正三角錐に眼が入った画像などで、しばしば情報統合四面体の存在が描写される。眼はあらゆる情報を吸収するためにあり、残りの三面にも同様に眼や耳が存在してあらゆる情報を吸収出来るようになっているとされている。情報統合四面体に見られてしまったら、遠山の金さん桜吹雪刺青など何の意味もなくなってしまうのである。

日本においては、2000年代にこれと紛らわしい情報統合思念体という概念が普及して、形のないものと誤解されるようになったが、実際にはその名が示す通り、正四面体というのが正しいのである。

長門有希と情報統合四面体の関係[編集]

長門有希情報統合思念体によってつくられたインターフェイスであるが、そのことは情報統合四面体によって既に見破られている。なぜなら、四面体は涼宮ハルヒの憂鬱執筆の段階でそのことを既に見ているからである。もしかしたら、長門有希は誰のになるかも見抜いているかも知れない。

関連項目[編集]

この項目「情報統合四面体」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)