悪魔ちゃん命名騒動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「悪魔ちゃん命名騒動」の項目を執筆しています。

悪魔ちゃん命名騒動(あくま-めいめいそうどう)とは、両親のを否定した市役所により、「悪魔ちゃん(仮称)」と名付けられた子供の名が戸籍上で改竄された事件。

概要[編集]

この事件は1999年7月にやや勤勉さに欠ける悪魔を両親として間に生まれた子供が、両親は在住する東京都の某市に出生届を提出した際に、名前の欄に「悪魔ちゃん(仮称)」(原文まま)と記入されていたのを、市役所職員が「人間の名前としては受け付けられない」として拒否したことに端を発する。

このとき両親は自らを悪魔であるために、その間に生まれた子供も悪魔だとしたうえで、子供には立派な素晴らしい悪魔に成長してほしいと考えてこの名前を付けたことを訴えたが役所側には受け付けられず、同日は結局両親が切々と自分たちが悪魔であることを証明しようとしたが論理的に失敗、午後5時を過ぎて時間切れとなった。

翌日・翌々日も両親らは市役所に出向いて事情を説明した。このため市職員らは業務の停滞を嫌って「いったんは届け出を受理する」という形をとった。しかしこのとき、市役所側は東京法務局に判断を仰ぎ、ここでも「人名では認めにくい名前」ということで否定され、結局は両親に再届け出するよう申し渡した。

そこで両親らはマスコミに連絡を取って世論を味方にしようとしたが、ここで市側が折れる形で出生届を受理した。しかし後日両親が戸籍を確認したところ「田熊ちゃん(仮称)」とかってに登録されていることを発見、しかもこれが地獄戸籍データベースにそのまま登録されてしまい、最後の審判のその日まで改編不能な状態で記録されてしまっていた。

なお後日、両親は悪魔の職務である人間の勧誘と魂を代価とした契約業務を放棄して子供の名前騒動に没頭していたとして地獄で問題となり、婚姻がそもそもの原因だとして離婚させられてしまった。このため父親側の悪魔は失意の余り砂糖に手を出して糖尿病を患い、病院に収容されるという事件を起こしている。

関連項目[編集]