悪徳商法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

悪徳商法(あくとくしょうほう)とは、憲法に定められた幸福追求権金銭的収益の更なる獲得と勘違いしている、もしくは「企業善意のためではなく、自身の利益のために活動している」事を消費者に知らしめる活動を含む、商業的手法である。

概要[編集]

多くの企業にとっては、消費者の悪評や不評は、販売する商品なりサービスの売上鈍化に繋がるため、これを避ける方向で「一定の品質」や「一定の水準」が神の見えざる手のような働きで維持されている。しかし社会が巨大化すると、愚かな消費者どもは、あろう事か自分たちの消費者としての権利が絶対不可侵であるかのような錯覚を起こす。ここに付け入って収益を上げる商業的な手法が、いわゆる悪徳商法である。

この商業的手法は世の古今東西を問わず発生するため、人間という種に普遍的な欠陥の発露であるという見方もできるが、これの一部は童話などの題材にもしばしば利用されており、寓意を持って将来の消費者である児童に、問題を提起している。

本質[編集]

悪徳商法の例

悪徳商法の本質は、「等価交換では無い」ことである。これは先の童話に例えれば、わらしべ長者が挙げられるだろう。この物語で主人公の男は、相手の弱みに付け入ったり、あるいは相手の交換用物資に難癖をつけ、自分は弱く哀れで愚かな農夫であると振舞う事で、相手が「自分に有利な取引だ」と誤認する事を誘っている。こうして男は、道端で拾った藁屑一本から物々交換で、最後には豪商の婿の座をせしめるという無茶な事をしている。

このような、不誠実で相手にを与える不等価交換は道徳上で許されるべきではないのかもしれないが、これは多くの商取引で多かれ少なかれ行われている事で、実際の社会ではむしろ、等価交換であることの方が珍しい。卑近な例では、ファーストフードのように僅かばかりの金銭を取って成人病リスクを売り付けたり、ゲームセンターのように小銭をせしめて時間を浪費させたりといった業態を思い起こして欲しい。

悪徳商法では、このような不等価交換を積極的に行う事で、金銭的利益を追求している。この場合、信用は失う事となるが、「信用はPriceless(値段が付けられない)」であるため「値段が無い価値が無い」と短絡、元より消費者の信用を得なくても厭わないために不等価交換に邁進すると考えられる。このため、・虚実な説明・事実誤認のための誘導が行われる。この消費者を騙す手法の中には、舞台奇術催眠術を応用する業態でもあるため、一種のエンタテインメント産業であるとも考えられる。つまり「騙す」という演芸活動で、その対価をも要求しているのかもしれない。

このことに関しては等価交換研究の第一人者であるエルリック兄弟も生前だいぶ批判していた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「悪徳商法」の項目を執筆しています。
例のバーチャルアイドル歌手関連について騒動があるが、未だ決着付かず。今後の進展に(ある程度の)期待はしたいところ。