恵方巻 (儀式)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、厄払いのため節分に行われる呪的虐待儀式について記述しているばい! 節分に黒くて太くて長く中にたっぷりと白いものが詰まった固いアレを口一杯に頬張る行事につ・い・て・は「恵方巻」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「恵方巻」の項目を執筆しています。

恵方巻(えほうまき)とは、主に関西節分に行われている厄払いの風習。厄年男性を縁起物と一緒に海苔巻きにした上で、その年の縁起が良いとされる方角へと突き飛ばすことにより厄を払い福を引き寄せると言われている。

恵方巻。ん、ちょっと海苔を厚く巻きすぎてないか?

概要[編集]

そら投げろ。
これは縁起がよろしくない。

日本全国に点在する婿投げや婿叩きなどに代表される、意図的に虐待を行う事により反作用的に幸運を呼び寄せようという土着の呪術的儀式の1形態。関西、特に大阪を中心に行われており、福娘や福札など縁起や験を担ぐ事に関しては病的なまでに固執する大阪人らしい発想から、レンコン昆布干瓢などの縁起のいい食材をとり入れたり、その年に福をもたらす方角、すなわち「恵方」に絡めるなど他の地域では一般的とはいえない一線を画した迷信なども採り入れているのが特徴。

海苔巻きにされ身動きがとれない状態で突き飛ばされるだけに、転倒による打ち身、擦り傷、骨折などの怪我を負う事も珍しくはないが、恵方巻きにされた男性の多くが、その後、際どいところで厄災を免れたり、事業に成功するなど霊験あらたかなことが証明されている上に、そもそも自己顕示欲の強い大阪人にとって、このような一大イベントでステージにあがれること自体が1つのステータスであるため、その競争率は数百倍以上、有名な神社では千倍を超えることも珍しくない。

大阪では、この恵方巻は節分以外の行事にも影響を与えており、体育祭における戦勝祈願、受験における合格祈願などで恵方巻きに似た行為が各所でよく見られている。このため、阪神タイガース優勝の際、淀川カーネル・サンダースが投げ込まれたり、また自分から飛び込んだ人間がいたことも、この恵方巻に影響を受けたためだと推測されている。

起源[編集]

先述したことからいっても、その発祥の地は大阪以外には考えられない。もっとも初めの頃は、他の地方の婿投げ同様、ただ厄年の男性や年男を境内などから突き落とすだけのものであり、縁起物や海苔を使うようになるのは、豊臣秀吉大阪城を完成させた年の祝いからと言われている。この時、秀吉の好物が磯辺餅だったことから、海苔と餅あるいは餅米と一緒に厄年の男を突き飛ばすという風習へと発展。また大阪城建築にあたり本丸や門の方角にも気を配った設計がなされたことで、庶民にも方角占術、風水といった知識が広まることとなり、縁起のいい方角、恵方という概念が加わることとなる。

しかし、その後、戦時中戦後と食糧難の時代、物資の不足に加え、一時的とはいえ男性の減少、何より復興の優先から節分そして恵方巻などと呑気にやっていられる状況ではないことから、これらの風習は一時的に廃れることとなる。

復活[編集]

海苔と一緒に巻く縁起物は寄附や流行にあわせて毎年変更される。この年の具はイチゴプリンブドウゼリーメロンなど

恵方巻が復活したのは1970年代、オイルショックによる不景気で商業もまた停滞しはじめた頃、とある業者が、お正月向けに仕入れた海苔と干瓢を大量に売れ残らせてしまったことがきっかけとされている。景気が悪い事もあり、この業者は既に海苔と干瓢で利益をあげることは諦めていたが、せめて早急に倉庫だけでも空けてしまいたいと、不良在庫の処分方法を探していた。そこで取引先の1人が、かつての恵方巻の話を持ち出してきたのだった。

海苔は、昔から恵方巻きに欠かせないものであり、一方、干瓢とは、ユウガオの実を薄く削って干したもので、この実を別名「フクベ」とも呼ぶ事からある種の縁起物でもある。なんにしろ、倉庫を占領している荷物を早々に処分したいと思っていた業者は、節分が迫っていたこともあり、早速、知り合いの神社に恵方巻の話を持ちかけた。

頭の固い神社だったら、売れ残りの品というだけで縁起でもない。この罰当たりめと一蹴しただろうが、そこはシャレも分かればノリもいい大阪のこと。神社関係者も元旦のお賽銭の激減から、この停滞した雰囲気をなんとか吹き飛ばしたいと思っていただけに、企画立案に加え、在庫処分とはいえ物資を寄附してくれるのだから、これを断る理由などどこにもない。当時はまだ明治大正生まれで、戦前、恵方巻きを体験済みの世代も多く生き残っていた事から、復活した恵方巻きは予想を越えた大盛況となり、海苔と干瓢を寄附した業者もその功績を高く評価され、結果的に、寄附した海苔と干瓢の元手を取り戻せるほど売り上げを伸ばすことになる。この業者の成功も、恵方巻の御利益の話を広める一因となり、以降、恵方巻は大阪のみならず、関西全域で復活を遂げる事となる。

福わけ[編集]

福わけの太巻きは女性にも大人気。口一杯に頬張る姿もよく見られる。

このような大規模なイベントにおいて、使用された品物を参拝者や観覧者に広く分け与えることは多く、節分、恵方巻きに関してもそれは例外ではない。復活した当初は、使用した海苔や干瓢、レンコン、昆布などの縁起物を切り分けて配ったり、ばらまいたりしていたが、かつて秀吉の時代、餅や餅米を巻いていたことにあやかって縁起物と一緒にご飯を海苔で巻いた、いわゆる太巻きを作り、これを配ってみたところ、恵方巻きに使われた縁起がいいものをすぐに口にできるということで大好評を得る事になり、次第にこれが一般化していった。

しかし一方で、この太巻きがお土産として関西圏外に持ち出されたり、太巻きを食べている場面のみがテレビで放送されたことに加え、節分にの面以外の売り物が欲しいという一部コンビニの戦略などにより節分に太巻きが販売されるようになったことから、恵方巻とは節分に太巻きを食べる行事だという間違った情報が全国に広まる事となってしまう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「節分」の項目を執筆しています。


ハニベ大仏.PNG この「恵方巻 (儀式)」は、宗教上の都合により、今はまだ完成をみることがかないません。私達は、宗教上の都合により、あなたに、執筆を委ねることしかできません。是非、宗教上の都合により、私達の夢をかなえるためにも、あなたの力でこの「恵方巻 (儀式)」を完成させてください。 (Portal:スタブ)