恵方巻

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では「黒くて太くて長く中にたっぷりと白いものが詰まった固いアレをほおばり、中の白いモノをたっぷりと味わう行事」について述べています。日本の伝統行事については恵方巻 (儀式)をどうぞ。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

恵方巻(えほうのまき)とは、黒くて太くて長く中にたっぷりと白いものが詰まった固いアレをほおばり、中の白いモノをたっぷりと味わう節分の日の行事のことである。

概要[編集]

恵方巻をほおばる女性

節分の日に恵方と呼ばれる方向(毎年変わる)に向かって、黒くて太くて長く中にたっぷりと白いものが詰まった固いアレを、無言で願い事をしながらほおばると、その願いが叶う、と言われている

近年から行われるようになったぼったくりキャンペーンであり、1970年代に大阪民国の海苔商人」(あきんどでっちあげたイベントである。海苔を売りたいがための大阪商人によって、言葉巧みにだまされた大阪民国の国民を中心に伝統行事だと思いこんで今に至っている。土用の丑の日とまったく同じ商法を海苔に利用しただけである。

しかし、これはまったくの妄想ではなく、実はちゃんとした起源が存在しており、それをこじつけて行事にしたものである。

歴史[編集]

起源[編集]

室町時代惠法(えほう)という破戒僧が大阪を中心に名をとどろかせていた。その理由は彼の陰茎が非常に黒くて太くて長くて固いとの評判で、それを武器に数え切れないぐらいの女性とアーン♥♥に励んでいたことだ。このエロ坊主が相手した女性は1000人とも10000人とも言われている。

この惠法だが、当時としては変わった性癖をもっていた。それは自分の陰茎を女性の下の口で食べさせるのではなく、上の口で食べさせるのがとても大好きだったことである。「おなごが口をもごもごさせる表情がたまらんのう」と言っていたとの記述も残っているとか残っていないとか。

それだけなら、ただのエロ坊主の悪行だが、上の口で食べた女性は誰もが願い事がかなったと言われているからさあ大変。噂を聞きつけた女性たちが、われもわれもと惠法の陰茎をくわえようと殺到したとかしないとかで、彼が訪れる村々は大騒動になったとか。

しかし、あまりの評判ぶりが陰茎が小さい男たちの嫉妬を買ったらしく、いつの間にか惠法はNice boat.されて、歴史の表舞台から姿を消してしまった。

芸者遊びへの発展[編集]

しかし、惠法が作った伝説は消えることなかった。彼の伝説は芸者達の花柳界には根強く残り、芸者が海苔巻きを客人の陰茎に見立てて無言でほおばる芸者遊びが誕生した。客人は芸者が自分の陰茎をほおばる姿を想像して、思わず自分の海苔巻きが巨大化してしまうとかで、かなり好評だったらしい。

「旦那はんのはすごすぎて……」「旦那はんのはおっきくてほおばりきれない!」とか言われれば、いくら実際がかんぴょう巻きぐらいの客人でも大満足なのは当然である。男は言葉だけで満足する愚かな生物なのである。

しかし、この遊びも広く広まることはなかった。これは本当に常連客しか楽しむことができない、知る人ぞ知る遊びであった、と言われている。従って、一般庶民には芸者遊び、ましてや惠法の伝説はほとんど知られなくなった。

大阪海苔商人によるでっちあげ[編集]

そんな完全に忘れられたものを、突如一般庶民に広めたのは先述の通り、大阪の海苔商人達である。広めた理由はもちろん「あの芸者遊びを再び!ついでに海苔も売っちまえ!」と言うことである。芸者遊びが徐々に廃れ、海苔業界自体が衰退していくこの時代では、芸者遊びなんて夢のまた夢であった。しかし、あの芸者遊びが忘れられないエロ商人達は、「こうなったら、町の女性にアレをくわえさせよう!そうなれば芸者遊びをしなくても楽しめるし」というグッドアイデアを思いついたのだ。

完全に都市伝説寸前となっていた、破戒僧惠法の話を全年齢向けに改造、たまたま惠法という名が、恵方と同じ読みであることを利用し、「恵方に向かって食べると願い事が叶う」というキャッチコピーで節分の日に大量に売り出したのが大ヒット。恵方巻はまたたくまに、節分の日の伝統行事となった。

なお、「なぜ節分の日なの?」ということだが、これは嘘話に信憑性を持たせるための嘘設定にすぎない。毎日だとしたら「本当?」と疑われるが、節分の日だけ、ということろに限定したほうが信用されやすいことを知っていた商人らしい考えである。

21世紀になって急に広まった理由[編集]

節分豆まきだけではない。恵方巻という行事もあるんだ!

と、最近になって急にコンビニ等で言いだし始めたのだが、近畿地方以外そんな行事だ~れも知らない。急に言われても周りには願い事が叶った、という人は誰もいないから、誰も信用するわけがない。国民もそこまで馬鹿ではない。

じゃあなぜ広まったのか、それはもちろん「男は誰だって美女が黒くて太くて長く中にたっぷりと白いものが詰まった固いアレを無言でもごもごほおばる姿をみたい」からである。そうでもなければ、こんな嘘話に日本全国が乗っかるわけがない。

ウィキペディアで真実が書かれないわけ[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「恵方巻」の項目を執筆しています。

なぜかウィキペディアにはこのような真実がまったく書かれていない。どうやら、真実を書いてもすぐに差し戻してしまっているらしい。芸者のげの字もない。どうやら、あまりに真実が卑猥すぎて、頭の固い連中が嫌っていることが原因と思われる。

「ウィキペディアは健全なサイトです」とでも主張したいのだろうけど、今の記事が要出典だらけで、真実が書かれていないのは明白である。そもそもウィキペディアはAV女優の記事が大量にある時点で健全もあったものでなない。

補足[編集]

ちなみにこの行事、女性だけでなく男性も行う行事である。もちろん、普通の食い意地の張った男性は普通に海苔巻きを食べるだけなのだが、特殊な性癖を持ったつなぎを着たいい男等の場合は男性がほおばるのを見て同じ想像をして楽しんでいるらしい。

関連項目[編集]