性転換

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

性転換(せいてんかん)とは一部の人間が有する本来あるべき姿を取り戻す願望、およびその行為の総称である。

もっとも、その、本来というのがいかんともしがたいのは仕方のないことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「性転換」の項目を執筆しています。

概要[編集]

性に関する概念の確立が、人類の始まりと同じならば、自分がなんであるか、というこれまた普遍的な考えが確立されてしまったのが古代ギリシャ、いわゆる性の概念などを超越したドスケベな神々により、ギリシャ神話などという、なんでもありのわけの分からない話が出来上がってしまった頃である。妄想系の話ができあがればできあがるほど、哲学的な考えだってできる。できちまう。それが人類の歴史というものである。そのため、性転換という概念が必然的に出来上がってしまったのは、この時代を前後とする。そして、もう一つ、実際に転換することができる技術ができあがったのは1970年代に入ってからになる。

もっとも、単に性を取っ払う技術に関して言うならば、古代エジプトの時代、すでに確立されている。これも一種の性転換である。

ちょんぎる

もしくは、抜く

何をちょん切って、何を抜くかは、各人の想像にお任せする。

同性愛との違い[編集]

なお、性転換と同性愛はまったく違うものである。基本的に性転換は自己への願望であり、同性愛は他人への願望である。

あわせて、この項目にエロい話を書く気はサラサラない。

残念でした。てか、それぐらい自分で調べやがれ。

性転換物語[編集]

古代ギリシャ以前にも、そのように、自分の存在がなんであるかという概念は人間の成長途上、発達段階の中では当たり前のように成立するものである。そして、必然的に「今の自分は本当の自分ではない」という、願望に欲望を混ぜ合わせてなおかつ、実力不足をパラパラとお好みのままに散らしたような話が自然と生まれてくる。世界中で。どうしようもないほどに。ようは、それらの願望を上手く物語に組み込んだはじめがギリシャ神話だった、という話である。なお、実際のギリシャ神話は性転換なんていう概念が霞むぐらいにろくでもない変態行為に満ち溢れている=人間の創造の壁を突き破っている=哲学の発展に寄与している。

そのため、洋の東西を問わずに哲学的な思想が発展した文化では、性転換を望んだり、もしくは実際に行ったりする物語が大量に生産されている。それ以上の話についてはここでは言及しない。中でも1180年以前に成立されたとされる日本文学の古典「とりかへばや物語」では、内気な兄と活発な妹がそれぞれ男女を逆に育てられるという物語であり、貴族政治が終わりを告げ、平清盛が武家政権が成立していく中、いったい何を考えてこんな物語を作成したのかは歴史の謎である。

もっとも、源氏物語に代表される平安貴族の変態っぷりを考えると、さもありなん、という気もしなくはない。それが現実化されるのはおよそ900年後だと思うと、いったい時代をどれだけ先取れば気が済むんだ、という話でもある。

性転換の歴史[編集]

重要なこととして、性という概念を考えると、時代の変遷の中に男性と女性のほかに「中性」という存在があったということである。すなわち、男でも女でもない存在の人間という概念、もしくは社会的な受け皿である。これは現在でもインドでは「ヒジュラ」と呼ばれる人々、もしくはその職業がそれに当たる。この職業についた人々は、姦淫という原罪から離れた存在として神聖な儀式などを執り行っている場合が多い。文化によっては現代でも性転換は一つの概念として受け継がれている一例である。他にも、いわゆるふたなりと呼ばれる女性器も男性器も持った人間の存在や、単純に宦官と呼ばれる、取っちゃた人々しかなれない職業が一部の神職や宮廷の都合で欠かせなかったように、性という概念は人類史において長い間弾力性のある運用をされていた。

それを見事にぶち壊したのが19世紀に起こった女性解放運動である。男尊女卑という概念から男女平等という概念を生み出すまではよかったけれど、その結果、それに含まれない「中性」は完璧なる差別対象になることを意味していた。そして、その弊害もさることながら、各種産業の発達や多くの発明品により、20世紀を迎えるころには、近代化を目指した諸国において中性の職業だったカストラート宦官もその中性からくる特徴、特権を失うこととなりほぼ絶滅、現代ではわずかに映像と録音が残されているにすぎない。これはすなわち、それらの性転換の願望を持つ人間の受け皿が極端に少なくなってしまうことを意味している。

なお、無くなった、ではなく、少なくなった、である。存在する以上、受け皿がなくなるわけはないのである。

性転換志望者の受け皿[編集]

上述した、実際にとってしまう、きってしまう職業は廃れたけれど、しかし、世の中は上手くいったもので、実際に演じることについては、なんら性差別もなにもなかったのである。職業差別はあったけれど。そのため、日本歌舞伎中国京劇といった、男が女を演じる世界がこれらの志望者を受け入れないわけがない。それは現代でも各種演劇において受け継がれている。しかし、基本的には厳しい芸の話である。男色の逸話なんざ、嫌になるほど存在する。やはり、基本的に厳しいのがゲイの道である。世間一般に男の愛人を隠すために結婚し子供も作るぐらいまで行ってしまうと、なんとも形容しがたい。それでも、自分の性に疑問を持つ連中に堂々と女性と同じことをやれる特権をちらつかせることによって、初めてこれらの職業がよき供給源を得たことは間違いない。

女性の場合[編集]

しかし、女性の場合はちと話が違う。引っこ抜けばいい、という話でもなければ、女性を中性にする技術も文化も基本的には存在しない。伝説的な女性中心の戦闘部族アマゾン族の逸話も基本的には、男性になろうとしているわけではない。そのため、女性の場合、性転換の歴史は、そのまま変態の歴史である。変人の歴史である。確かに、男の格好をして男の職業について、男と同じ世界で生き抜く女性は存在する。嫁さんをもらった話もある。しかし、残念ながら受け皿はない。とことんない。今ですら代表的な職種というものがない。

いや、あるけれど、そもそも、こんなところで宝塚歌劇団に関する憧れを崩壊させるのも申し訳ない。

ちなみに、発足当初の宝塚歌劇団を見た一西洋人は、この女性ばかりの劇団を見て性的異常者の集まりであると語っている。

現代における性転換[編集]

薬物の使用により、女性から男性へ性転換した例。頭部から下は男体化している。

そのような不遇の歴史が続いた性転換に大きな転機が訪れたのは、20世紀、いわゆるふたなりに関する手術法が確立したことにはじまる。すなわち、一部の身体的な中性の持ち主について、きったりとったりが合法的に復活する。また、男性ホルモンや女性ホルモンといった人体のメカニズムの研究が進んだ結果、女性化&男性化といった、薬物によって性を変化させる技術も完成。そして、1973年、ついにモロッコに在住していたフランス人医師ジョルジュ・ビュローが性転換手術を成功させる。

なお、世界中からモロッコへ飛び立つ人間が出たため、モロッコ=性転換という、あまりにもアレなイメージが現代のモロッコにも存在する。確実に存在する。なお、そのきっかけは、本国フランスのキャバレー「カルーゼル」で働いていたダンサーが、一斉に手術を受けたことで、世界的に知られるようになった。

カルーゼル・・・。

関連項目[編集]


Wiki-globe.png この項目「性転換」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)