性教育

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「性教育」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「性教育」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「性教育」の記事を執筆しています。

性教育(せいきょういく)とは、如何にして人間は人間になるかと言うことを学ばせる教育である。


概要[編集]

性は人間の根幹にあるものであり、セックスして妊娠出産するからこそ人類は繁栄してきた。そういった生命の連鎖を途切れさせることなく紡いでいくために、必要な知識や知恵を身に付けさせることを目的としているのが性教育である。性欲の正しい昇華法や受胎のメカニズム、男女の性的差異などを学ぶことは「子供」から「大人」へと成長させるために必須であり、ポーヴォワールの「女は最初から女に生まれるのではない、女になるのだ」という言葉は性教育の重要性を表す言葉として今も多くのメディアに取り上げられている。

正常な性教育を行わない場合、経験や風聞からのぼんやりとした知識を身に付けることしか出来ず、「コーラで洗えば大丈夫」「生理中は妊娠しない」「巨根こそ正義」「やおい穴は実在する」など誤った知識から性的な被害を受けることもある。

性は生に通じるものであり、人間性の根底を形作るものであるため何よりも大切に教育するべきである。

日本の性教育[編集]

よくある光景。コウノトリのほか、キャベツ畑の場合もある。

日本における性教育は、残念ながら欧米各国に比べて非常に遅れている。性教育という概念自体が20世紀に入ってから生まれたものであり、しかもその主題は「手淫の害」「花柳病の予防」となっており禁欲奨励を求める誤ったものだったと言われている[誰?]。時代が下っても「寝た子を起こすな(=子供に余計な知恵を与えるな)」という考えは根強く、女子にとって必須である月経に関する教育も「女子だけの特別授業」だけで済ませることが常となり続けた。その為昭和の時代は、ナプキンタンポンの存在さえ知らない男性もかなりの数に上っていた[1]

21世紀に入ってから急増している児童への性的虐待は、子供側の性的無知による部分も強い[2]。国際的な標準的性教育を実施ししっかりとした性知識を与えることで、そういった被害を防げるのではないかという議論も行われるようになりつつあり、ようやく日本の教育も国際水準に達しつつある[要出典]。とは言え初潮精通の知識は教えてもオナニーや下着に関しては教えない辺り、まだまだ発展途上とも言える。 それなのに、オナニーをしていたり、セックスをしている中坊が多く存在する点に関してはお察し下さい また最近は、身体障害者の性処理についてもネットを通して、議論が進んでおり、障害のあるなしに縛られない精力発散の在り方についても期待したい。

脚注[編集]

  1. ^ 生理用品のコマーシャルが流れるようになったのはバブル期以降である。フェミニズム団体に思いっきり批判されたが。
  2. ^ ただし、一部の人は中学生からセックスを経験している場合もあるが。

関連項目[編集]