急がば回れ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

急がば回れ(いそがばまわれ)とは、急いでいる時こそ遠回りをしたり、回転したりするべきであるという格言ことわざである。危険な近道よりも安全な遠回りの方が早く目的地に着けるという思想に基づく。これは宇宙真理ともいえる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「急がば回れ」の項目を執筆しています。

回り方[編集]

回ると速くカーブを曲がれる例。

方違え[編集]

基本的にこの方法に依る。陰陽道に基づき目的地の方角の吉凶を占い、その方角が悪い方角と出た場合、一旦違う方角に向かい、その地点から更に方角を変え本来の目的地に向かう。日本においては広く一般的に親しまれている方法である。会社に出勤する前に公園の方角に向かい、ブランコに揺られてから出勤するサラリーマンなどが見受けられるが、それは方違えを実践しているからである。また学校帰りからの方角へは悪い方角と出る確率が高く、友達の家やお店に一度向かってからの帰宅をする者も多い。

回転する[編集]

ある目的地(a)に向かう際、最も早く着く道筋は現在地(b)と目的地(a)を結ぶ直線線分a-b)となる。例えば日本からブラジルに向かう場合、空路で一直線に向かうのが近いと思われがちだが、地球が丸いため、その最短距離となる線分は地球の球面上にあるものではなく、地球の中心地点近くを通る線となる。よって最短で着くためには、地球を掘り進むこととなる。 そこで、(アニメ特撮の場合はドリル変身、または合体変形して)直立して回ることにより両地面を掘り進む。地表近くは地殻と呼ばれる硬い層であるが、そこを抜ければマントルとなるため、一気に掘り進む速度は早くなり、結果最速で目的地に着くことが可能となる。

我慢する[編集]

エッチがしたい。目の前の女性エッチがしたい。そう思ったとき、ストレートに自分の気持ちを伝えた場合、衣食住に困らない生活を送ることとなる。しかもエッチは出来ない。純粋さはなのである。故に世の男性は回り道をする。一緒に食事をしたり、永遠に終わらないのではないかと錯覚する買い物に付き合ったり、手を繋いだりといった回り道を経て、ようやく当初の目的を達成することが可能となる。

日常生活での実践[編集]

急がば回れとは、日常生活で実践する機会は多々ある。多くの場合、回らない方が早いことも多い。でもやっぱり回った方が早いことも多い。結局どちらをとるかはその者の判断に委ねられる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連[編集]