思いついたモン勝ち

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

思いついたモン勝ち(おもいついたもんがち)は、世界自然現象の一つである。全ての物事がこれで成り立っているとまではいかないが、相当の率を占める。

概要[編集]

要するに、誰も思いつかなかったことを思いつきさえすればよいということである。鉄道を開発した誰かも、最初に鉄道というシステムを思いついて大もうけしたに違いない。そこの君は「俺が開発してれば大富豪になれたのに」と思うかもしれないが、最初に思いつかなければ意味がない。

人間は、人類が初めてやったことには祝福を送るが、二番煎じには興味がない。SONYは思いついたモン勝ちを積極的に生かそうとしているのは周知の事実である。で松下電器産業が真似をする。

歴史上の思いついたモン勝ち[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

アンサイクロペディアにおける思いついたモン勝ち[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

こんなに短い項目も、{{クソ}}を貼れば赤いシールを貼られることはないだろう。思いついたモン勝ち。

関連項目[編集]

Stop crap2.png
クソ記事に注意!!
この記事「思いついたモン勝ち」立派なクソですが、もっとクソにして下さる協力者を求めています。