快川紹喜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「快川紹喜」の項目を執筆しています。

快川紹喜(かいせん じょうき)は、日本のロックンロール(Rock and Roll)を語る上で欠かせぬ人物である。「心頭滅却すれば火も自ら涼し」という辞世を残し、最後までロックを貫いたその生き様は、今も多くの人々に影響を与えている。

快川紹喜について[編集]

 快川紹喜(生年不明~1582年)。臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の僧である。美濃崇福寺(そうふくじ)から武田信玄に迎えられ武田氏の菩提寺である塩山恵林寺(えりんじ)に入寺。これにより甲斐の流行は妙心寺派に定まり、甲斐の臨済宗のカリスマ的存在となる。

 武田信玄に「機山(Rock'n'Roll machine)」の号(芸名)を授けた。

 織田信長(おだのぶなが)に敵対した六角義治義弼)(ろっかくよしはる(よしすけ)) らを恵林寺にかくまい、織田信忠(おだのぶただ)の引渡し要求を拒否した(中世において寺院は聖域である)ことから焼討ちにあう。

安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も自ら涼し」を辞世の言葉とし、一山350名程の僧達とともに焼死を遂げた。

 これが歴史に残る最もアツイ快川紹喜のラストライブである。

曲解説[編集]

「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も自ら涼し」[編集]

 ラストソング。

(Rock'n'Roll)を行う(演る)のに場所(stage)なんて関係ない。心(soul)を滅(high)にすれば火(fire)さえも冷たく(cool)感じる(feeling)

という、ロックンロールについての教え(Shout)である。

「滝のぼる 鯉の心は 張り弓の 緩めば落つる 元の川瀬に」[編集]

 タイトルのみ伝えられている。ラストソングとなった「心頭滅却すれば火も自ら涼し」以前にヒットした曲である。

 スローバラードではないかといわれている。

ロックンロール(ロック)[編集]

 ロックについての具体的な説明は長文となるため行わない。簡単な解説に留める。

 一言でいうなら、「ロックとは生き方である。

仏教[編集]

 仏教とはロックである。

[編集]

 とは仏教の教えを通じロックンロールを悟るという、修行法である。

快川紹喜の影響[編集]

虎哉宗乙(こさい そういつ)[編集]

 弟子の虎哉宗乙伊達輝宗(だててるむね)に息子(伊達政宗)の英才教育を要請される。伊達政宗はその出で立ちから「独眼竜(どくがんりゅう)」という異名を持つほどのロックを持つに至った。

碧巖緑(へきがんろく)[編集]

碧巖緑圜悟克勤(えんごこくごんひつ)は禅の精神を記した弟子の虎丘紹隆(くきゅうじょうりゅう)に与えた印可状の前半部分であるが、ここに記された「安禅不必須山水 滅却心頭火自涼(安禅必ずしも山水を須(もち)いず。心頭滅却すれば火も自ずから涼し)」は中国ロックシーンへの快川紹喜の浸透を示すものである。

ドアーズ(The Doors)[編集]

 ドアーズのヒット曲『ハートに火をつけてLight My Fire)』は、快川紹喜について書かれたものである。

 歌詞中の「火葬の薪になってしまう」とはその最後までロックを貫いた姿を称えた言葉であるといえよう。

関連項目[編集]