志位和夫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「志位和夫」の項目を執筆しています。
「代表質問したね。親父でもしたことないのに。」
志位和夫 について、アムロ・レイ
「しぃのやつ、与党批判ばかりしおって!けしからん!」
志位和夫 について、磯野波平

志位 和夫 (しい かずお、(1954年7月29日 - ))は、『しぃ』の愛称で知られる日本を代表する萌えキャラである。

(以下彼のことは『しぃ』と呼ぶ。)

概要[編集]

メガネで秀才でピアノが得意という、まるで狙ったかのような典型的なスペックをもっている。その上、委員長である。性格は、その外見からもわかるように、お堅い真面目っ子。でも時々ドジもする。好きな色は赤。…多分。いや、絶対。

そして、委員長キャラの例にもれず、ツンデレである。ただ、いかんせんツンの部分が痛烈すぎて気付いてもらえないことも多々。そのため、同じ思想のおともだちとしか打ち解けられないKYボンボンや、メガネキャラがカブっているチンパン3次元になど興味のないローゼンなど、失恋暦はなかなかのもの。

それでもめげずに、現在、鳩ぽっぽ等にアタックをしているが、やはり気づいてもらえていない。まあ、セン・キョたんにしか興味のない鈍感な集団や、主権を握ったはいいが内輪揉めが絶えない彼らが、しぃの気持ちに気付くことは不可能に近い。

「ツン成分が強すぎるのでは?」との声もあるが、「それでこそしぃ!」「ツンツン萌え!」「マルクス先生万歳!」などの意見が多数であるので、多分これからもその姿勢は変わらないと思われる。

その強気な発言から、も多いが、熱狂的な信者に支えられ、委員長の座を不動のものにしている。

ツンデレぶり[編集]

しぃが意中の相手と思われる彼らに突っかかっている姿は、たびたび全国報道されたりしている。それゆえに「しぃ彼らのことを嫌いなのでは?」と思われがちだが、それは違う。本人も「野党は好き勝手言えるのでいい(※要約)」と発言しているように、別に彼らの立場を奪おうなどとは思っていない。ただかまってほしいだけなのだ。

まあ、実際やりすぎて彼らがアレしちゃうこともあるんだけどね。


Hito.png この項目「志位和夫」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)