徴兵制

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徴兵制度」の項目を執筆しています。

泣く子も黙ると言われている徴兵制(ちょうへいせい)。現在の日本憲法によると、兵役に就くことは国民の義務である(ひよこ陛下天皇陛下は日本人ではあるが国民ではないから免除)。

世界各国の徴兵制度については面倒臭いからウィキペディアに任せることにして、ここでは日本の徴兵制度について述べる。

目的[編集]

日本において、徴兵は農民のストレス解消を目的として行う戦争のために行われる。農民が増えすぎて一人頭の稼ぎが少なくなると農民の不満が溜まって政府批判が高まり、その不安に付け込んで無政府主義者や共産主義者が闊歩するようになるのは目に見えているため、農民の機嫌をそこねてはならない。しかし、工業や鉱業のように仕事場近くに娯楽施設を備えるというのも難しい。そのため戦争において、軍略的には士気の高い志願兵の方が望ましいのではあるが、国民皆兵によって農民を徴用することにより、一時的・長期的に農民の数を減らせ農民の稼ぎの底上げができ、うまくいけば他国に対する門戸開放政策の強要によって農家の移民先も確保できることとなる。

なお、長期的に於いては海外に需要があり輸出できる作物の栽培を増やすことが望ましい。

歴史[編集]

徴兵令[編集]

1873年に出された徴兵令では、満20歳の男子の中からくじ引きで適当に徴兵し、3年の兵役従事を命じた(期間内に戦争があればよーしゃなく前線に送られた)。しかし、常備軍終了後は後備軍とするなど、保護観察処分みたいな制度でもあった。

国民皆兵を謳っておきながら、体格が基準に達しないチビデブメンヘルを含む病人などは除かれた。また、当初は家父長や代人料を支払った者、官省府県の役人、養子などは免除された。このため、徴兵逃れに頭の病気を装ったり、父を殺して家長の座を奪ったり、養子になったりする者が続出した。

こうした不公平を是正すべく、1889年には徴兵制度は改正され、男性に対して国民皆兵が義務付けられ、もれなく竹槍が支給された。

兵役法[編集]

1927年に施行された。帝国臣民男子全てに兵役の義務を課したが、前科者はその限りではなかったので、日本中で犯罪者が続出以下略。兵役の種類は色々と分かれており、「注文から三十日以内であれば使用済みでも返品可能」、「今、ご注文いただければお得なダブルセット」、「五年間の無料保障付き」などのメリットがあった。また、海軍陸軍とで兵役期間も会員サービスも異なっていた。

現代の徴兵制[編集]

最近のNEET引きこもりなどの情けない国民が増加している傾向を嘆いた天皇が、これを食い止めるには軍人精神注入棒で腑抜けどもを教育してやる必要がある、と判断したのである。また、徴兵制が採用された背景には、平和ボケした弱腰民族である日本人の根性を叩き直すだけでなく、軍備拡張しまくるパクリ大国極貧独裁国家のケツを蹴り飛ばしてやりたい、という思惑があったと言われている。

こうして、1945年以来途絶えていた徴兵制が復活する運びとなり、ついに1990年ぐらいに自衛隊そっちのけで法律が制定され、同年に施行された。

お仕事[編集]

現代の徴兵制は兵士を前線に放り出す事態を想定しておらず、主に弱腰ヘタレの目を現実世界に向けさせることを目的とする。また、体力や学力の向上なども視野に入れた上で、ピタゴラスイッチを視聴させる。しかし、団結を強める訓練を重視した結果、体力が付き、性欲も盛んな年頃にある訓練兵たちの間で男色が横行。徴兵制が少子化に拍車をかけることになってしまっている。


関連項目[編集]

ツンデレ ……見ての通り、この記事「 徴兵制 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)