徳川家重

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家重」の項目を執筆しています。

徳川 家重(とくがわ いえしげ)は江戸幕府9代将軍。家重と言う名は、うな重が彼の大好物であった為に付けられた名前である。

英傑吉宗の長男として将来を有望されたが、頭がかなりイっちゃっており発狂将軍と呼ばれた。父徳川吉宗は一時期、彼を廃嫡してどっかに隔離しようかとも考えたが「天才とキチガイは紙一重」と言う言葉を信じて彼を将軍に任命した。しかし結果は気の狂った将軍が誕生しただけであった。なお家重を音読みするとかじゅうとなり、これは彼の脳味噌が果汁100%だった事を証明している。

と、ここまでは通説であるが、実は家重は下記のように女性説が急浮上している。では、なぜ女の家重を男にする必要があったのか。

それは父吉宗が御三家・紀州藩主の時に、病弱だった7代将軍家継が8歳で病死した。当然ながら家継に子供はおらず、8代将軍を誰にするかで御三家に白羽の矢が立った。 家継は生来病弱なので、いずれこんな日が来るだろうと予期していた吉宗は、事前に抜かりなく幕閣や大奥で支持固めの工作を行っていた。ただ吉宗が将軍になる際の欠点として、吉宗自身に跡継ぎがいないことが挙げられた。そこで吉宗は、その頃に生まれた子(家重)を実は女子であったが、男子であると幕府に届け出て、強引に自分の跡継ぎにしてしまったという。

そして吉宗がめでたく8代将軍となると、家重も次期将軍として幕府に迎えられた。しかし成長すれば、女は男と違う体つきや声になってしまう。そこで家重の声は言語障害で、誰にも聞き取りにくい言葉を話すということにし、腹心の大岡忠光だけが家重の言語を理解できる人物であるという設定を整えた。また家重は普段からだらしなく着物を着ることで、女性特有の体格が表に出にくいようにした。ところが家重がアカデミー主演女優賞並に努力した演技をしている中で、何も知らない幕閣たちから、弟の田安宗武こそ聡明だから次期将軍にふさわしいという声が噴出する。その中には老中として、吉宗の享保の改革を精力的に推進していた松平乗邑も含まれていた。

そこで吉宗は徳川家康の教えである長男相続こそ絶対であるとして、家重に将軍職を譲って、生前退位したのであった。家重は9代将軍になると、父吉宗が存命中ではあったものの、松平乗邑を老中から罷免して領地を削減し、弟の宗武には謹慎を命じ、3年後に謹慎を解いた後も生涯面会を許さなかった。

父吉宗の死後に家重は名実ともに幕府の主となったが、家重が政治手腕を発揮した出来事が、郡上一揆という百姓一揆である。家重は真相の徹底究明を指示し、腹心の田沼意次が評定所の吟味に参加し、老中、若年寄、大目付、勘定奉行らを処罰し、郡上藩と相良藩の二藩を取り潰した。百姓一揆で幕府上層部にまで処罰が及んだ例は郡上一揆が唯一である。そして田沼意次を一躍、大名に取り立てた。

家重は父吉宗に倣って長男・家治に将軍職を譲って大御所と称し、翌年に死去した。家重女性説だと家重の長男・家治と次男・清水重好は誰の子になるのかという疑問があるが、そこはわかっていない。定説によれば、家治の母は家重及び清水重好の母と不仲になった末に病死し、家重は専ら重好の母を溺愛していたというが、それでも家重は家治を次期将軍から変えることはなく、生前に将軍職を譲った。また家治と重好の兄弟仲は終始良好で、家重・田安宗武兄弟のような争いは起きなかった。家重の遺言では田沼意次を重用するよう述べており、この遺言を家治は生涯守っていくこととなる。

家重数々の奇行[編集]

  • 女装して男風呂に侵入。
  • パンツ一丁で奇声を発しながら夜の江戸城下を駆け回り江戸の市民に恐怖を与える。
  • 逆立ちしながら立ちションベン。
  • 「びっくりするほどユートピア!」と叫びながら全裸で東海道を疾走。


家重迷言集[編集]

  • 「My hovercraft is full of eels.」
    • うな重が大好物の家重のホバークラフトは常に鰻が満タンであった。
  • 「家重と言う名前は徳川家にとって重いお荷物と言う意味」
    • 自分で言ったのだから大したものである。
  • 「なんか一部じゃ弟宗武の方が名君とか言われてるけどあれは只の優等生。俺みたいに個性も奇抜さもない」
(宗武に言わせれば家重のような個性も奇抜さも欲しくなかったであろう。)

家重女性説[編集]

女性説の提唱者が語る家重の奇行。他人の腋臭を殊の外好んで嗅いでいたという

そんな家重だが、後年において骨格が女性のものである事がわかり、女性説が浮かび上がった。 女性とわかれば数々の奇行も電波系少女っぽくて萌え・・・ないか?

先代
徳川吉宗
江戸幕府将軍
-
次代
徳川家治
みなさん、松平です。 この項目「徳川家重」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)