徳川家重

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家重」の項目を執筆しています。

徳川 家重(とくがわ いえしげ)は江戸幕府9代将軍。家重と言う名は、うな重が彼の大好物であった為に付けられた名前である。

英傑吉宗の長男として将来を有望されたが、頭がかなりイっちゃっており発狂将軍と呼ばれた。父徳川吉宗は一時期、彼を廃嫡してどっかに隔離しようかとも考えたが「天才とキチガイは紙一重」と言う言葉を信じて彼を将軍に任命した。しかし結果は気の狂った将軍が誕生しただけであった。なお家重を音読みするとかじゅうとなり、これは彼の脳味噌が果汁100%だった事を証明している。

家重数々の奇行[編集]

  • 女装して男風呂に侵入。
  • パンツ一丁で奇声を発しながら夜の江戸城下を駆け回り江戸の市民に恐怖を与える。
  • 逆立ちしながら立ちションベン。
  • 「びっくりするほどユートピア!」と叫びながら全裸で東海道を疾走。


家重迷言集[編集]

  • 「My hovercraft is full of eels.」
    • うな重が大好物の家重のホバークラフトは常に鰻が満タンであった。
  • 「家重と言う名前は徳川家にとって重いお荷物と言う意味」
    • 自分で言ったのだから大したものである。
  • 「なんか一部じゃ弟宗武の方が名君とか言われてるけどあれは只の優等生。俺みたいに個性も奇抜さもない」
(宗武に言わせれば家重のような個性も奇抜さも欲しくなかったであろう。)

家重女性説[編集]

女性説の提唱者が語る家重の奇行。他人の腋臭を殊の外好んで嗅いでいたという

そんな家重だが、後年において骨格が女性のものである事がわかり、女性説が浮かび上がった。 女性とわかれば数々の奇行も電波系少女っぽくて萌え・・・ないか?

先代
徳川吉宗
江戸幕府将軍
-
次代
徳川家治
みなさん、松平です。 この項目「徳川家重」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)