徳川家綱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家綱」の項目を執筆しています。
「ぼ、ぼくと、た、大して、か、かわらん奴だな。え?ぼ、ぼくの方がひ、ひどい?そ、そらないんだな。」
徳川家綱 について、徳川家重

徳川 家綱(とくがわ いえつな、1641年 - 1680年)は江戸幕府4代将軍。

粛清将軍徳川家光の長男として生まれ、誕生当初は恐れられていたものの、脳膜炎に罹患したことにより頭がかなりイっちゃっており「左様せい」としか発声できなかったため左様せい様と呼ばれた。ただし、この「左様せい」という言葉の解釈に関しては諸説ある。南北朝時代のバサラ大名高師直は「帝なぞ所詮置物」とずけずけと言い放ったらしいが、その寸評は家綱にも当てはまるだろう。

「左様せい」人生[編集]

家綱は何を言われても、何を聞かれても、壊れた蓄音機のように「左様せい」としか言葉を発することができなかった。それをいいことに、保科正之酒井忠勝松平信綱阿部忠秋酒井忠清らの側近は自分たちが好き勝手に考えた法案などを家綱に「左様せい」と言わせ、「将軍の仰せ」ということにして発布させてまつりごとを掌握、壟断し、私服を肥やしていた。家光のちょっとしたことでも大名を粛清しまくる武断政治を改めて文治政治に方向転換したのも、改易した大名の城を受け取りに遠方まで赴くのが面倒だったことと、何より自分たちにいつ火の粉が降りかかるか分からなかったことによる、自分達の保身を最優先にした政策であった。まぁ、酒井忠清(通称・ゲバゲバ90分…じゃねえや、下馬将軍)は流石にやりすぎて将軍ではなく他の側近から粛清を食らっちゃうのだが、これは別の物語、いつかまた、別のときにはなすことにしよう。

「左様せい」とは何なのか[編集]

「左様せい」。普通に取れば「そうしろ」という意味であるが、本当にそういう意味で言っていたのかどうかは議論が分かれる所である。実は同音異義語ではなかったのか?とする説もある。

サ妖精を捉えた貴重な写真
サ妖精」説

家綱は一種の魔眼の持ち主であり、常に「サ妖精」という妖精が見えていたのでは、とする説。家綱は「サ妖精」のことを皆に知らせようと「サ妖精」と言うのだが、彼以外の誰にも「サ妖精」を見ることが出来ないため、「左様せい」と誤解されたのではないかな。


サヨー星はこの中にいる!
サヨー星」説

実は家綱を始めとする徳川一族は「サヨー星」と呼ばれる太陽系外の星からやってきたエイリアンだったとする説。他の徳川家の人はそのことをひた隠しにしていたが、彼は頭がかなりイっちゃっていたために出身の星をバラしてしまったんだろう。子供が出来なかったのも多分遺伝子構造が何か違うせい。

関連項目[編集]

先代
徳川家光
江戸幕府将軍
-
次代
徳川綱吉
この項目「徳川家綱」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)