徳川家斉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家斉」の項目を執筆しています。

徳川 家斉(とくがわ いえなり、1773年–1841年)は江戸幕府11代将軍。別名性豪将軍やりまくり将軍オットセイ将軍沢越止伊藤誠の遠い祖先である。

概要[編集]

父・治済より徳川家繁栄のため生めよ増やせよを教わる。しかし彼は性豪であったため、ラムセス2世並に男女関係無く人間や動植物と交尾をした。その結果、公式記録で確認できる情報としては、人間だけで嫁・愛人16人、息子27人、娘26人というおそらく前人未到の記録を打ち出す。

だが人間だけでも他にも正式には未確認とされる子が相当数おり、例えば54番目の子とされる清姫が九州の唐島藩の藩主・小倉忠輝に降嫁したという記録が残る。なお、この清姫、父親に似てその方面では相当にタフな女性であった様で、34歳で清姫を迎えるまで魔法使いであった小倉忠輝との仲は当初はうまくいかず、悩んで現代で言うところのノイローゼになってしまった忠輝が、『閨房禁止令』なる珍令を出してしまい、藩内が大混乱に陥ったという記録が残る。

この清姫以外でも、本人でも忘れてしまうほどに子供を作ってしまったため、さらに他にも後に自称家斉の子を名乗るうさんくさい子供や末裔を名乗る者が大量に出現し続け、幕末まで幕府を悩ませ、それどころか昭和に至るまで徳川家は後始末に追われたと言う。家斉存命中から現在に至るまでに徳川家とその隠密によって闇に葬られた自称子孫・自称末裔の数は一説には天文学的数字に上るという。

ちなみに早漏である。ある意味当然と言うべきか。なお、旺盛な精力を維持するためにショウガの栽培を奨励したという。当然ショウガとも旺盛に交尾をしていた。

彼の生存中に8回もの改鋳を行った。

生涯[編集]

一橋治済徳川吉宗の孫)の子として生まれる。将軍徳川家治の息子家基が狩りのやり過ぎで死亡ししため、家治の養子になった。彼の死後、11代将軍になる。松平定信が中心になり幕府改革を行うが、「尊号一件」で対立し、彼をクビにした後、自ら政治を行い、将軍になって50年目に息子家慶に将軍職を譲る。しかしそれでも大御所として4年間政治をやり死亡。

人物・逸話[編集]

  • ニワトリの子供が本当にひよこなのかを確かめる為に自らニワトリと交尾して雛を生んだ。しかし生まれてきた雛鳥は家斉そっくりの顔をした人面子鳥であった(ちなみに徳川綱吉徳川吉宗と違って、将軍にはなれなかった)。
  • 将軍になった時「俺が将軍になったのに親父が一大名なんて酷い!だから親父を大御所にする!」と言って父治済を大御所にしようとしたが、定信が「将軍にもなってない者が大御所だなんて駄目だろ!」と言ったため定信はクビになった。この事を「尊号一件」と言う。性欲をもてあますだけの家斉が親孝行な一面を見せた事件でもあった。
  • わが子とも交尾をしたと言う。しかし、大勢の子供達が交尾中に死亡したと言う。
  • 最期は誰一人知られること無く死亡したと言う。
  • なんと身長は156cmで、歴代将軍の中では大柄な方だったという。Hydeも江戸時代に生まれていれば――。

主な子供[編集]

息子[編集]

[編集]

  • 長女:淑姫 - 名古屋へお嫁に。
  • 三女:綾姫 - 仙台へお嫁に……行かなかった。
  • 七女:峰姫 - 水戸へお嫁に。
  • 十一女:浅姫 - 福井へお嫁に。
  • 十五女:元姫 - 会津へお嫁に。
  • 十六女:文姫 - 高松へお嫁に。
  • 十八女:盛姫 - SAGAへお嫁に。
  • 十九女:和姫 - 毛利さんとこ(毛利小五郎ではない)へお嫁に。
  • 二十一女:溶姫 - 金沢へお嫁に。
  • 二十四女:末姫 - 広島へお嫁に。
  • 二十五女:喜代姫 - 姫路へお嫁に。
  • 二十六女:永姫 - 一橋さんとこへお嫁に。
  • 二十七女:泰姫 - 鳥取へお嫁に。
先代
徳川家治
江戸幕府将軍
-
次代
徳川家慶
みなさん、松平です。 この項目「徳川家斉」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)