徳川家慶

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家慶」の項目を執筆しています。

徳川 家慶(とくがわ いえよし、1793年5月14日 - 1853年6月22日)は江戸幕府12代将軍である。通称虐殺将軍

人物[編集]

一般的には何ら成果も残さなかったボンクラと見られているが、実際は冷酷な独裁者であり、家慶を音読みするとかけい=火刑となる事からも分かる通り魔女狩りを行って魔女の疑いのある女性を火あぶりにしたり、蛮灼の獄で学者達を弾圧し拷問にかけるなどとんでもない暴君であった。またそれらを含める自らの悪行を全て水野忠邦鳥居耀蔵の所為にしていた。家督を譲られてからも大御所家斉マリオネットであったと言う話も有るがそれも全くの偽りであり、実際は家斉を脅して無理矢理隠居に追い込み12代将軍となったのである。

しかしペリー来航直後、自らが虐殺した人々の怨霊に呪い殺された。

子女[編集]

流石にオットセイ将軍の父親には及ばないものの、27人もの子供がいる。ただし13代家定以外の全員が20歳未満(大半は10歳未満)で亡くなっている。多分我が子で何らかの人体実験でもしていたのではなかろうか。

  • 長男:竹千代(1813年10月30日 - 1814年8月26日)
  • 長女:達姫(1814年9月24日 - 1818年12月24日)
  • 次女:儔姫(1815年2月17日 - 1815年2月28日)
  • 三女:最玄院(1816年10月23日生、即日死去)
  • 次男:嘉千代(1819年7月23日 - 1820年3月19日)
  • 三男:円常院(1822年5月23日 - 1822年5月27日)
  • 四男:家定(1824年4月8日 - 1858年8月8日) - 13代将軍
  • 四女:米姫(1824年4月23日 - 1829年3月5日)
  • 五男:慶昌(1825年3月14日 - 1838年5月14日) - 一橋さんとこの養子。
  • 五女:咸姫(1826年1月12日 - 1826年7月16日)
  • 六男:春之丞(1826年2月9日 - 1827年9月16日)
  • 六女:暉姫(1826年5月14日 - 1840年5月8日)
  • 七男:悦五郎(1828年9月11日 - 1829年3月24日)
  • 八男:直丸(1829年6月25日 - 1830年7月8日)
  • 九男:銀之丞(1832年3月5日 - 1833年12月6日)
  • 七女:里姫(1833年7月30日 - 1834年7月7日)
  • 八女:千恵姫(1835年7月14日 - 1836年6月16日)
  • 九女:吉姫(1836年3月3日 - 1837年8月15日)
  • 十男:亀五郎(1838年5月24日 - 1839年5月24日)
  • 十女:萬釵姫(1839年9月26日 - 1840年5月22日)
  • 十一女:若姫(1842年6月3日 - 1843年6月1日)
  • 十一男:照耀院(1843年9月14日生、即日死去)
  • 十二女:鐐姫(1844年8月21日 - 1845年7月7日)
  • 十二男:田鶴若(1845年12月2日 - 1846年7月30日)
  • 十三女:鋪姫(1848年2月14日 - 1848年9月28日)
  • 十三男:斉信院(1849年9月27日生、即日死去)
  • 十四男:長吉郎(1852年8月3日 - 1853年8月16日)

関連項目[編集]


先代
徳川家斉
江戸幕府将軍
-
次代
徳川家定
Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー! この徳川家慶は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を! ジーク・ハイル! (Portal:スタブ)