徳川埋蔵金

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川埋蔵金」の項目を執筆しています。
「あの狸め、どこに隠しおったのじゃ!」
徳川埋蔵金 について、織田信長

徳川埋蔵金(とくがわまいぞうきん)とは、主に貧乏人が自分の土地にあると信じている埋蔵金の伝説である。

概要[編集]

伝説によると、黒船来航以来内憂外患で瀕死に追いやられた江戸幕府(265)が、明治政府に遺産を渡したくないがためにわざわざ群馬県名前も思い出せないような田舎名前も思い出せない山に埋めたとされている。

存在の根拠としては「江戸城内の金庫が空だった」「血税を無駄遣いするのが為政者だから」「何も出てこないなら無血開城の意味がない」など様々あるが、結論すると「ロマンがあるから」ということになっている。そのロマンを求め、糸井重里を始めとするロマンチッカーが埋蔵金発掘に血道を開けた。

しかし、全国の貧乏人は、「そんなの関係ねぇ!」と言い張り毎日妄想に浸っている。そもそも貧乏なのでもし仮に埋蔵金があったとしても発掘出来ないということは誰も気にしない

テレビ番組[編集]

バブル期のバラエティー番組「ギミア・ぶれいく」では糸井重里が音頭を取って発掘企画を展開したものの、タイトルどおり[1]「いい加減にしろ」と言うしかない体たらくと成り果てた。その後ゆとり世代へロマンを受け継ごうと、某予備校講師の冠番組が調査したが、とうとう出てくることはなかった。やはり妄想は妄想なのだ。

脚注[編集]

  1. ^ gimme a break。後のリメイク番組は「キミハブレイク(you are break)」。

関連項目[編集]


この「徳川埋蔵金」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png