徳光和夫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳光和夫」の項目を執筆しています。

徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年3月10日 - )は、日本を代表する芸人である。プロ野球を題材としたが得意である。プロ野球界における芸名は毒蜜(どくみつ)である。

概要[編集]

読売ジャイアンツファンを公言しており、それゆえ阪神タイガース教徒やアンチ巨人から攻撃対象となりやすい。またテレビに映る者としての常識を疑う発言をしばしばし、野球などの愛好家から嫌われることも多いが、実はこれらはすべて芸のひとつであり、後述するように現実には渡邉恒雄読売総帥同様、読売巨人をダシにしてプロ野球全体の人気を底上げしている人物とみなすことができる。

芸人としての活動[編集]

彼は巨人ファンを公言しているが、実際にはどこのファンでもいいと思っており、とりあえず有名そうな巨人のファンを名乗っているのが事実だと言われている。彼は24時間テレビなどでよく涙を流すが、実際にはあれは「仕事のうちですから」と波田陽区に言われているように、あくまで「仕事で金をもらうため」に涙を流して感動したふりをし、そして賭博中毒や巨人ファンを公言しているのである。

その演技のさまが一見したところでは演技には見えないことから、「心底の巨人オタ」であると誤解されやすい。だが現実には、野球観戦において阪神タイガースの法被を抵抗なく着る場面が見受けられるなど、「実際にはどこのファンでも構わない」と考えている様が伺える。

しかし定着したキャラには徹底的にこだわるのが徳光流らしく、それゆえタイガースの1985年の好調に関して「阪神の好調はハレー彗星(の到来)と同じくらいの珍事」、カープの優勝に際して「広島の選手が乗った飛行機が墜落するかもしれない」、ホークスの投手の死に際して「これで巨人軍は日本一確実だ」、外国人っぽい大阪人がホームラン55本打った時には「肌の色が違って、血液型もよくわからないような奴に王さんの記録を抜いて欲しくない」などとブラックジョーク発言をし、阪神をはじめとする各球団ファンを奮起させ、アンチ巨人の風潮を盛り立てて巨人以外の球団ファンの団結心を高めると共に、野球へ世間の関心を集めることに一役買っている。今日、日本の野球がバラエティとして盛り上がるのは、徳光のおかげと言って過言ではない。

これらの言動がブラックジョークであることを認知していない人々は、「何で徳光がまだ一線にいられるのか」と筋違いの批判をしたりしている。これからは「彼は芸人なのだ」と言うことを認識してテレビを見るべきであろう。

嘘泣き芸[編集]

彼は「(芸人として売れるから表向き)巨人ファン」と並び「感動話に弱くすぐ涙ぐむ」という芸風も持つが、その時のアクションは、少しうつむき加減に顔をしかめ、ハンカチを目元に当てるだけ、という高等テクニックである。白々しい、などと言ってはいけない。やろうと思えば誰にでもできそうな芸でありながら、大衆の前でこんなチンケな芸を堂々と披露できる度胸あればこそ、彼は芸人として名を馳せたのである。

しかしながらファンの巨人離れと並行し、さすがにこの胡散臭い芸も飽きられている。よって彼の芸はなかなかお目にかかれない希少価値と化すだろう。

巨人ファン及び徳光自身としての今後[編集]

そんな彼だが巨人ヲタを公言しながら人間とは思えない暴言や犯罪行為をやりすぎたためか、「巨人軍や巨人ファンのイメージを下げようとしているのではないか」と巨人ファンや巨人軍の関係者から気づかれてしまい、今や唯一の見方であった巨人ファンからも巨人軍の関係者からも激しく憎まれ、逆襲をうけている。しかし彼に味方するものは誰もいない。今まで彼が行った悪事は誰もが知っているからだ。近いうちに彼の姿はブラウン管から消えることだろう。

2013年9月15日、自宅で倒れているのを目撃される。
目撃者によると、徳光氏はテレビの前で泡を吹いて倒れており、その時テレビでは神宮球場で行われていた阪神 - ヤクルト戦が流れていたという。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

この項目「徳光和夫」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)