微生物 (ウィキ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ウィキにおける微生物(びせいぶつ)とは我々の書いた内容を様々な風に「醸す」事で好くも悪くもしてくれる生命体である。久しぶりに見た記事が凄い事になっているのは一重に彼らのお陰である。彼らは我々の様に肉眼で見る事が困難であるため、また、ウィキベースのサイトに微細な影響しか及ぼさないためそう呼ばれるのである。 ただし例外的に病原性の(有害な)微生物も存在し、ウィキを悪化させ最悪の場合死に至らしめる。そうならない為にも我々は彼らについて知っておかねばならない事が多い。

また、微生物は可視生物へと進化することがある。いや、生物学的に正しくは変態だったな。ごめん、筆者はちょっと最近ゲーム脳気味なんだ。

分類[編集]

外見による区別[編集]

IP
アンサイクロペディアで「IP原人」「なまえがすうじのひと」等と蔑称されている存在。IP検索サイトという種類の顕微鏡を使うと特定しやすくなる。固定の場合その行動履歴を追う事は容易で、視認も難しくはない。しかし可変の場合、同一性を推測できても特定はプロバイダを通して開示して貰わねばならず、管理者ではない素人には不可能な芸当である。
名前が赤い
まだ利用者ページを作っていない利用者である。どこのウィキでも怪しまれやすい。だがちょっと待ってくれ、共産主義者か何かで赤い色がお気に入りだからあえて利用者ページを作らないとか、利用者ページのネタが思いつかないとか色々な理由があるだろう。安易に疑うのはくぁwせdrftgyふじこlp
殆ど編集がない
そのウィキの編集に飽きたか、捨てアカウントだったのだろう。前者は疑う必要はないが、後者は存分に疑う必要がある。要するに判断が非常に難しい。
普通の利用者だが目立たない
君の観察不足だ。その人はちょっと陰が薄いけど、顕微鏡を使わなくても見る事はできる(君が盲目で無い限り)。

行動による区別[編集]

草取り
草食型の微生物である。誤字脱字だらけだった記事をピッカピカに磨き上げてくれるため非常に有益である。もしアカウント持ちならバーンスターを与えるべきである。
荒らし
お察し下さいの様な発想によって、折角の記事をグチャグチャにしてしまう。だが彼らを叱る事はできない。提案による合意のみによって秘密裏に彼らの行動をなかったことにできる。
除去荒らし
折角の記事を破壊してしまう。白紙化に挑戦している様な人物を見つけたら、それが肉眼で確認できてもできなくてもすぐさま管理者に連絡する事!ただしEncyclopædia Dramaticaではリバートスポーツの一種なので認められ、編集合戦でのみ決着がつく。
自警
何だかよく判らないが偉そうな態度をとる。だが記事を書かないため彼らへは差別の目が向けられている。この記事が中立を保つ限り彼らを弁護する内容を書く事は不可能だろう[要出典]

微生物の付く場所と付かない場所[編集]

ページの閲覧数が多い場所は自然とコンタミネーションが起こりやすい。ぼくらはみんないきているので基本的に考える事は同じだ。

一種の無菌室とか聖域(サンクチュアリ)と呼ばれるページがある。そこはページの作成者と偶然迷い込んできた通りすがり以外は見る事がなく、後者はすぐにページを閉じてしまう。このようなページは訂正などがされず、過去の恥ずかしい黒歴史もそのまま何十年と残り続ける事となる。依頼系のそれを長期積み残し案件と呼ぶ。なおウィキペディアにおけるエクストリーム・著作権侵害では著作権侵害が指摘されて削除議論が終了する前に保護期間が満了すると投稿側の勝利となる。

お詫び[編集]

先ほど人間様を「微生物(とるに足らないちっこくて見えない無視していい奴ら)」などと申し上げた事を心からお詫び申し上げます。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「微生物 (ウィキ)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この人「微生物 (ウィキ)」は、サリンをまいたと勘違いされて,犯人扱いされています。捜査を厳しくして真犯人を見つけてくださる協力者を求めています。お願いします。早くしないとこの人が死刑されますよ。まさか,あなた? (Portal:スタブ)