従軍慰安婦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

従軍慰安婦(じゅうぐんいあんふ)とは、旧日本軍、および海上自衛隊、海上保安庁等が保有する装備品。民生品としても存在する。

近代までの慰安婦[編集]

伝統的な慰安婦の枕絵

高温多湿な日本では、壮年期肥満が進行した古女房は、冬季には重宝されたが夏季はかえって睡眠を妨げる存在であり、夏季には代用として「竹婦人」と呼ばれる、竹製の籠状の人形が考案され使用されていた。これは平安時代中期まで一般的であった。

その後、寒冷な京都盆地では、寡夫や行かず後家が冬季にも使用できるよう、内部は綿製、外部は麻布で製造されるようになる。これは「労ヲ慰メ安ラカニ眠ラシメル竹婦人」から「慰安婦」と名付けられ、その後、寒冷地を中心に広まった。なお、中部以西では、夏の暑さが厳しいため、竹婦人も併用されていた。

高級品は外装を西陣織の絹布と真綿とし、夏は涼しく、冬は行火や懐炉を入れて人肌程度に暖かく、寝具として優れたものであった。

元禄時代までは表面に鯉や龍などの絵が描かれたり、他の花鳥画が描かれていた。これは枕絵と呼ばれる。

その後、人物画、特に美人画が描かれるようになった。浮世絵の技術革新もあり、色とりどりの枕絵が描かれ、これらは出島からオランダ船で輸出され海外にも広まっている。しかし、あまりに過激な絵が広まったことから、天保の改革など風紀粛正のやり玉に挙がることも多かったという。

現在でも美人画の描かれた慰安婦は多数販売されている。東京の外神田一帯や、大阪の日本橋筋西通などに枕絵の取扱店が多く、世界中からバイヤーが訪れる。

軍隊と慰安婦[編集]

慰安婦を使用中の兵士たち

男性社会である武士団や、明治維新以後の近代的軍隊では、多数の生殖可能年齢な男性兵士を抱えることになる。そのため、士気を維持するためには、戦闘や日常業務以外のことについて、如何にして気をやるかが重要であった。

明治維新以前は男性間の性交なども行われたが、倫理観の近代化により、少なくとも近代的軍隊では廃れた娯楽となっている。明治維新後、海軍では、エクストリーム・窃盗(当時はギンバイと呼んだ)や膝カックン(海軍カレーの発明と麦飯食の本格採用まで、水兵の健康管理に貢献した)、陸軍では、エクストリーム・現地調達(お察し下さい)などの娯楽が生まれた。

軍医長である森鴎外は、1909年、兵士の疲労回復に効果があるとして「ヰタ・セクスアリス」で慰安婦を採り上げた。もっとも、原文中には「慰安婦」という名称ではなく、「布団蒸しにした」などの比喩的表現で書かれている。これは、商標問題が原因とされる。

特にシベリア出兵(1918-1922)においては、寒冷地での安眠対策兼娯楽用として将兵に広まった。

近代技術の導入[編集]

シリコンゴム製の内部パーツ

ゴムの加硫法が発明されると、慰安婦にも大きな変化が現れた。手縫いで円筒形の形状、もしくは雷竜型の形状から、より人体に近い形状の製品が製造可能になったのである。しかし、臭いなどの問題もあり、初期は不人気であり、むしろ内部の保温用(温水を内部に入れ暖める)などに用いられた。

さらに、農薬技術の派生として、軟質塩化ビニル樹脂が発明されると、臭いが少なく、彩色がしやすく、成形しやすい塩化ビニル樹脂は、たちまち慰安婦製品の主流となった。また、特筆すべきは携帯性である。不要な時は空気を抜いて折りたたむことが可能であった。これは、特に行軍距離が長く、兵士の携行装備品にも限りがある軍隊では重宝されており、「従軍慰安婦」という名称で大阪市のメーカーが発売し現在でも携帯用慰安婦の代名詞となっている。

電動化の動き[編集]

電気技術は画期的な進歩を慰安婦にもたらした。保温機能と、振動や吸引、直流通電などの特殊機能である。電動式慰安婦は高価であったが、娯楽性は飛躍的に高まった。もっとも、初期のものはメーカー以外では分解不可能であり、これはメンテナンスに際して重大な問題を引き起こした。また、粗悪品も多く、しばしば重大事故を引き起こしたことから、日本軍では専門の保守管理部門を用意した。これは慰安所と呼ばれ、24時間体制で慰安婦の修理・点検調整を行った。他国の軍隊においては、ここまでの対応は行われず、のちの電子立国日本に通じる技術革新をもたらした。

さらなる発展[編集]

昭和15年ごろには、音声を発声する機能や、手足の自律的な可動機能を備えるものさえ存在していた。

初期製品は、笑い袋と同様に、専用のレコード盤を使用していた。しかし武人の蛮用に耐えるものではなく、故障が相次いだ。このため、ミニチュア管を用いた真空管ラジオが内蔵されるようになった。内部の電子回路は、油冷式の冷却装置で熱をボディ全体に分散され、保温機能の一端を担う。ラジオ放送は47kHz帯が割り当てられ、各社とも人気の声優を戦地に送り込み、しのぎを削りあった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地獄の使者たち」の項目を執筆しています。

なお、対する米軍では、通常のラジオを携帯し、テントで夜な夜な聞き入る微笑ましい光景がみられた。しかし、1943年3月からは、圧倒的な物量を背景に、敵の戦意喪失を目的として妨害放送が行われた。この作戦は「東京ローズ」と呼ばれ、慰安婦の受信周波数に検閲により削除が放送され、一部の趣味を持つ人々を除き、日本軍は多大な損害を被ることになる。「東京ローズ」作戦はバゥアーズ大佐の指揮下に行われ、声優も同隊の精鋭が務めた。なお、小早川中佐、嶋川曹長(いずれも戦死後二階級特進)らによる特攻攻撃が行われ、大隊は壊滅的な打撃を受けた。バゥアーズ、バリグザー大尉ら幹部が戦死したこともあり、東京ローズ作戦の詳細は明らかになっていない。

戦災と復興[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「従軍慰安婦」の項目を執筆しています。

昭和18年ごろからは、工場が戦災で破壊される、戦略物資の逼迫などから、慰安婦の製造が困難となった。このため、各メーカーでは、挺身隊と称して女子社員を集め、着ぐるみを着せて戦地に送り込んだ。さらに、昭和19年2月ごろからは、中の人に外国人を使った結果、大戦当時の恥ずべき労働環境を反映して、多くの労働問題が発生したとされる。

戦後復興と共に、慰安婦は「ラブドール」と名付けられ、大戦中の優れた軍事技術を生かして、日本の誇る最有力の輸出品となった。

なお、アメリカ人は、女性用として、採暖用を主眼に1963年ごろから同様の製品を製造している。こちらは「ラグドール」と呼ばれる。生身の生物を使用したため、10kg程度と軽量で、製造コストも比較的安価であるが、ところかまわず爪をとぐ、夜は頻繁にネズミを追いかけ回して眠れない、毛や砂箱などのメンテナンスが面倒などの問題があり、男性用としてはあまり普及していない。

日本の自衛隊や海上保安庁には、民生品より高性能な軍用版が存在する。

参号機、暴走しています!

1958年には、東洋工業(現:オリエント工業)が文部省からの発注で試作機「べんてんさん」を三機納入した。これらは海上保安庁の巡視船に搭載され、各種試験が行われた。これは特に寒冷地での運用を目指したものであったが、当時は寒冷地でも十分な性能を発揮するバッテリーがなく、裸火を使用するなど使用上の問題が多かったという。一機は使用中に大破し、ほかの二機も暴走し危うく本船を沈めそうになる事態となり、破壊され海に投棄された。

現在は二足歩行ロボットや人工知能の技術を用いた高度なロボットとなっており、調達価格は公表されていないが、民生版の100倍近い価格であるとされる。

自衛隊では、次期二足歩行ロボット兵器について、検閲により削除であり、火器管制や索敵、機体の制御などが、検閲により削除における高性能なコンピュータとして使用される予定である。これらのロボット兵器は複座であり、乗員二名が操作することも可能である。

武器輸出三原則改正と兵器級機の輸出[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「抱き枕」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南極1号」の項目を執筆しています。

日本の従軍慰安婦は、美しい外観と性能の高さから、海外でも関心が強く、特に勇猛果敢にベトナムの人口を増加させたことで知られる隣国の韓国軍からは、永年にわたり技術支援を求める働きかけがあった。

2011年には、戦後補償解決後三度目の抗議デモの中で、民生版の慰安婦がソウルの日本大使館前に設置される騒ぎとなった。野田首相は同年12月11日、輸出用の高性能慰安婦をまず7機提供すると発表した。さらに、慰安婦の主要な製造メーカーであるオリエント工業は「武器輸出三原則の緩和が実現すれば、韓国をはじめ海外への高性能慰安婦の販売を開始する」と、今後の販路拡大方針を示した。

この間、密かに各国に高性能慰安婦の輸出版が供与されていたことが明らかになった。

Winnyで公開された内部資料によると、12月16日午後に、南北朝鮮両国へ慰安婦の数機がサンプルとして供与された。当初は海上自衛官の服装で発送される予定であったが、両国の旧日本軍に対する心理的抵抗に配慮して、鉄道アテンダント、メイド服、白衣など、民生品で一般的な他の服装に変更されたという。このうち、北朝鮮に発送された鉄道むすめ版が1機行方不明となっており、17日未明に何らかの事故があったのではと懸念されていた。

12月24日、日本政府は武器輸出三原則の緩和を正式に発表した。性なる夜である24日を選んで発表したことについて、野田首相は「電子立国日本の誇る最高の輸出品を、海外の軍人諸君にもどうか楽しんでいただきたい」とし、高性能慰安婦の輸出制限撤廃を明らかにした。