後鳥羽天皇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
後鳥羽上皇から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「後鳥羽天皇」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
後鳥羽天皇が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/君主」へ収録されています。

後鳥羽天皇(ごとば てんのう)は平安時代末期~鎌倉時代前期の皇族出身のサムライ。諱は尊成(たかひら)。戒名は良然(りょうぜん)。

才気活発・容姿端麗で歌もうまく菊の背景がよく似合う漢であった。源実朝を海よりも深く愛し、実朝が北条氏に暗殺されると仇討ちを仕掛けたもの北条義時の姦計にハマってあえなく散った。

女性では鳥羽に住むガテン系の海女さんを好んだため、後鳥羽天皇の名がついた。また、女ももちろん好きだが男も大好きであった上皇は、菊門をかたどった御紋を刀に刻ませていた。後の天皇家の菊紋である

実は、剣のコレクターとしても知られている。

コマンド[編集]

  • 天神剣:↓3→+P
  • 鳥羽破斬:→↓3+P
  • 法皇天駆:空中で↓1←+K
  • 天照蒼破斬(超必殺技):→←1↓3→+P
  • 皇鳳天翔翼(超必殺技):空中で↓1←↓1←+K

略歴[編集]

治承・寿永の乱まっただなかの即位[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「治承・寿永の乱」の項目を執筆しています。

後鳥羽天皇は安徳天皇の次代にあたり、その即位は治承・寿永の乱のさなかであった。平家一門が安徳天皇と西国へ駆け落ちしてしまったため、急遽立てられたのがこの後鳥羽天皇なのである。後白河法皇は文武両道に秀で天下無双の剣の腕前の持ち主である後鳥羽天皇を皇軍の指揮官に任命し、平家討伐に向かわせた。

源義経の活躍により、皇軍はついに平家を壇ノ浦に追い詰めた。壇ノ浦の戦いは決戦の地とあって後鳥羽天皇みずから前線に出陣あそばされ、ちぎっては投げ、ちぎっては投げの大奮戦となりついに平家は滅亡した。だが安徳天皇は平家一門と西方浄土へ駆け落ちしてしまい連れ戻すことができなかった。そこで後鳥羽天皇は妹である安徳天皇を守護するために、草薙剣を壇ノ浦に沈めたのである。妹想いの漢気あふれたふるまいであった。

なお、後鳥羽天皇が平家討伐に出陣した事実は後世の歴史から削除された。

源実朝との恋愛[編集]

治承・寿永の乱で大活躍した源義経ではなく朝廷に反目する源頼朝鎌倉幕府を開いたため朝廷と幕府との関係は緊張していたが、三代将軍・源実朝は朝廷との融和政策をとったため関係は改善した。後鳥羽上皇は実朝が征夷大将軍に即位したとき既に土御門天皇に譲位していた。

お互い一流の歌人であった後鳥羽上皇と実朝の関係は、天皇と将軍という関係では収まりきれずいつしか相思相愛の仲になっていた。白河法皇平忠盛平清盛の父)や後白河法皇源頼朝と、天皇と武家の棟梁は愛し合う運命なのだろう。後鳥羽上皇が実朝にあてた歌を集めたものが『チンコ(禁)和歌集』、同じく実朝が上皇に出した歌をまとめたものが『チン塊和歌集』である。

(ちなみに後鳥羽上皇が実朝を呪い殺そうとしたという情報ソースがあるが、これは後世の捏造である。)

なお、順徳天皇父子相姦をしていたという噂もあるが、学術的な証拠はない。

承久の乱[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「承久の乱」の項目を執筆しています。

しかし後鳥羽上皇と実朝との甘い恋は長くは続かなかった。治天の君と将軍の蜜月関係に自らの足場を失いかけた北条義時は、なんと自らの主君である実朝を暗殺してしまったのである。それどころか次期征夷大将軍たるべき実朝の縁者を次々と抹殺した。後鳥羽上皇は愛する恋人とその家族の惨たらしい死に涙を禁じ得なかったが、その無念を晴らすべく北条義時への復讐を誓った。

承久3年、関東調伏の儀などを周到に行った後鳥羽上皇はついに北条幕府に宣戦布告を発した。世に言う承久の乱である。北条幕府などたかが東方の野蛮人にすぎず、当初は皇軍が圧倒的優位であった。しかし順徳天皇へと譲位させられた拗けた心の土御門上皇が、自らの子に皇統をつがせることを条件にして父親である後鳥羽上皇を裏切ったため戦況は逆転した。

北条の魔の手はついに皇居まで伸びた。野蛮な北条義時は「天皇は出家したら無罪放免ルール」という空気も読めず後鳥羽上皇の命を狙った。後鳥羽法皇は獅子奮迅し多勢に無勢ながらも賊軍をバッサバッサと斬り倒していったが、自らを助けるべく奮戦する忠臣を目の当たりにし、その命を無駄にしまいと極寒の日本海を泳いで渡り隠岐へと逃げ延びた。北条氏得宗はその後も後鳥羽法皇の命を狙って刺客を送り込んだが、後鳥羽法皇は刺客をことごとく返り討ちにし、60歳で波瀾万丈の生涯を閉じた。

天皇号について[編集]

賊軍の北条幕府によって廃位にされてしまい、古来は逃げ延びた先から隠岐廃帝と呼ばれていた。政権が天皇に戻った明治の3年、淳仁天皇仲恭天皇とともに顕徳天皇と諡された。しかし戦後になると日帝時代に送られた号は忌み嫌われ、現在では後鳥羽天皇と呼ばれることが多い。

関連項目[編集]

先代
安徳天皇
天皇
後鳥羽天皇
次代
土御門天皇
先代
後白河天皇
治天の君
後鳥羽天皇
次代
後高倉天皇