後悔

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「後悔」の項目を執筆しています。

後悔(こうかい)とは、役に立たず反省とは異なる。

概要[編集]

後悔するという事は済んだ物事に対して悔やむという事である。その行為は反省とは違い「やっぱりまずかったな」と考えるだけであり、まったく次回に活かさず繰り返すため必要の無い行動である。後悔そのものには「残念に思う」程度の意味しかなく、これでは悔いただけでなんら次に繋がる要素は無い。悔いた行動を改める、すなわち悔い改めてこそ初めて反省に昇華されるのである。残念に思うだけで自体が進展するのならば遺憾の意を表明するだけで外交問題で苦労する事など無いわけで、実際に解決するためには抜本的な対策を行うという「反省」を行う必要があるのと同じである。

ちなみに後悔の「悔」は『悔いる』という意味が含まれるはずなのだが、悔いるという言葉の意味は後悔するという事を意味する。恐らく無限ループに陥っているため深く考えてはならない。

後悔の例[編集]

  • Aはテスト赤点を取ってしまい、一夜漬けだけで普段から勉強していなかった事を後悔した。

これでは「あぁ補習面倒だな」程度の感想を述べているだけであり、次回から勉強するわけではなく次回のテストでも同じ事を繰り返す事が目に見えている。結局は同じ事を繰り返し対策を練るわけでもないのでまたAは赤点を取るだろう。今日勉強せずにテレビを見てしまったのであれば明日はテレビを消して勉強すれば良いものの、テレビを消して勉強せず寝てしまうのが後悔の末路であり、反省との違いである。

  • Bはタバコを止めたいが、我慢できずに昨日吸ってしまった。それを後悔しながら今日もタバコを吸った。

論外であり如何に後悔が役に立たないかが良く分かる一文である。先日吸ってしまった事を悔いるのであれば今日は吸うべきではないのだが、後悔した矢先から吸っているのではなんら反省していない。多分Bは明日も明後日も明々後日もタバコを吸い続けるだろうし、禁煙しようという意思もそもそも無いのだろう。「やっべー吸っちまったよやっべー、でも吸うの止められねぇ」と喫煙を続けるのであればそもそも後悔などせずに堂々と勝手に吸っていれば良い話であるのだが、後悔することによって反省した気になるという自己満足を得られるため対策はせずとも後悔だけはするのである。

  • Cは約束の時間に遅れてしまったが別に自分が損をしたわけではないので特に後悔はしていない。

このように後悔すらしない人間はまったくもって駄目人間であり、悔い改めるという行動に一歩も足を踏み出していない。せめて後悔くらいしやがれ。

そもそも、永山則夫が「悪いと思って行われる犯罪など存在しない」と言ったように、本当に真摯な後悔が出来る人間なら、後悔するほどの悪いことをしないのである。

何故後悔するのか[編集]

後悔をしないように日々を懸命に生きる。上手くいかなくともいつかは火が点くはず。

上記のBの行動が良い例であるが、結局のところ己が「反省したつもり」になるために行うのが後悔である。実際には対策などを講じず何一つとして物事が進展していないにも関わらず、何かが解決した気になるために後悔という非生産的な行動を行う。頭を抱えてうずくまる暇があれば何か生産的な行動をすべきだ。であるからして、Aは勉強し、Bは禁煙外来に行き、Cは約束の時間に到着するように5分早く出発、そしてこんな話を最後まで読んでしまった時間の浪費を考える暇があったら後悔した物事を思い出して対策を打ち出せ。

関連項目[編集]