征夷大将軍

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)は律令制の規格外の役職で、東北の人間を虐殺するよう命じられたはずなのだが納豆を食べて仲良しこよしになったようである。本来は朝廷が与える役職であったが、21世紀現在は条件さえ満たせば誰でも自由に名乗って良い。ただし、正当性が欲しいのであれば、ひよこ陛下に申請すれば気まぐれでくれることもある。

普通はただ単に「将軍」とか「公方」とかと呼ばれる。

征夷大将軍の歴史[編集]

超古代[編集]

前身は征東大使とか言われている。ただ、大使だと弱そうなのでのちに改名することになる。

平安時代~鎌倉時代[編集]

元々征夷大将軍は北国の蛮族・蝦夷を討伐するために作られた臨時の役職である。今で言うとバイトのようなものである・・・とか言った奴は今すぐ歴代将軍に謝りに行け。というわけなので元々政治するために作られた役職ではなかった。将軍が勝手に政治するようになったのは、源頼朝のときである。

頼朝は「将軍の方が太政大臣よりもかっこよくね?」という理由でひたすら征夷大将軍の位を望んだ。そして幕府という将軍を頂点とした朝廷に代わる政府機構を作り上げる。幕府というのは「爆風を巻き起こすほど強い軍事力・政治力を持つ政治体制」を意味している。ただしこの用語ができたのは江戸時代であり、この当時幕府という言葉はなかったため、後世の創作であるという説が圧倒的に強い。

なお、頼朝が作った幕府は鎌倉に本拠を置いたことから「鎌倉幕府」と呼ばれる。1192年に開かれたとされるが実際は1185年には政権運営が始まっていたので「良い箱(1185)つくろう鎌倉幕府」である。これは「いい箱をたくさん作って上方(近畿)に大量に輸出し、東日本(関東)を富ませよう」という深い意味が含まれている(*これはユーモアです)。

しかし、そんな壮大な政治ビジョンを持ったカリスマ将軍も頼朝一代で終わってしまい、あとに続く源氏将軍は「ただの中二病」「オタク」しかいなかった。

あまりにしょうもない将軍が続いたため執権の北条氏が政権を奪い、鎌倉時代の将軍政治はすぐに終わってしまう。その後まろ将軍竹園将軍が相次いでやってきたが相変わらず実権は北条氏にあった。

室町時代(南北朝~戦国時代)[編集]

鎌倉幕府が後醍醐天皇のまさかの大反乱によって転覆すると、建武の新政が始まった。これにより武士の征夷大将軍任官はされなくなり、武士の時代も終焉を迎えるものと思われた。

しかし足利尊氏は中二病であったため、いつの日か将軍になることを望んだ。

んで、いろいろあって室町幕府初代将軍になった。

しかし将軍になったものの、その後後醍醐天皇の往生際の悪い抵抗運動によってほとんどまともな政治ができず、幕府として本格的政権運営が始まるのは三代足利義満公のときである。

義満は政権を確かなものとするために南朝の生き残りである哲斎さんなどを朝敵として討伐した。これにより室町幕府は長期間の安定期に入るが、この時期に室町将軍最大の敵が現れた。それが一休さんである。

この一休さんの出現により義満はほとんど政治を省みなくなり、さらに一休にとんちに負ける度に莫大な経費を捻出しなければならない事態がたびたび起こってしまう。この頃は室町幕府財政は非常に安定しており、少しくらいの経費捻出は痛くも痒くもないのだが、天下の将軍が一回の小坊主に毎回やられる話は痛快ではあるが多くの民衆を不安がらせ、また有力守護大名にまでなめられるといった事態を引き起こした。この時期に起こった明徳の乱応永の乱はその影響といわれる。また義満は将軍の位をかなり軽く見ていたとされており、自身は天皇になりたかったといわれている。事実、アニメ138話で戦災孤児たちに将来の夢を聞いて回ったときに子供たちが「大工」「魚屋」「炭焼き」「お嫁さん」と答える中、「何じゃ、将軍になりたい者はおらんのか!」と言っていた。このことが後に息子義持との対立の元となっている。

義満が一休さんとの戦いで死亡し、四代義持の時代になると、幕府による餅作りを行うようになり、お餅産業が誕生する。餅作りを中心に幕府は運営され、その中で義持は将軍職を引退し、中世の将軍で最弱の五代義量の時代になるが、義量は病弱であり在任二年で死去。その後、義持も死去し、お餅産業は廃止する。その後、魔王足利義教が六代将軍に就任し、将軍の権威の向上を図り圧政を行うが、皮肉にも暗殺されてしまい将軍の権威は地に落ちてしまい、義教の長男義勝が幼くして七代将軍に就任し、次いで義勝の弟義政もまた幼くして八代将軍就任というショタコン好みの幕府に変貌する。その後、義政の後継を巡り応仁の乱が勃発し、義政の子義尚が九代将軍に就任。十代義稙の時代に日本は戦国時代に突入する。

そこで出てきたのが幕府中興の祖として期待された剣豪将軍・義輝であった。義輝はとりあえず周辺の守護大名の豚をひたすら斬り殺した。

しかしその権勢もむなしく、彼は発展途上であった幕府復興運動の結末を見ることなくジオン軍大尉白狼マツナガによって殺されてしまう。

そしてその遺志を継いだ弟の義昭は打倒ジオン軍を掲げ、連邦軍に接近したが司令官レビル将軍に向かって「勝手に将軍名乗んな!!」と激怒したため連邦軍を除隊されてしまう。 その後織田信長の力を借りて将軍になったが今度は信長とも対立してしまう。しかしこの時点で義昭の直接兵力は皆無であったので全国の大名に打倒信長を呼びかけるダイレクトメールを送ったが、ほとんどのメールが迷惑メールフォルダに自動処理されて消えていったため、実際にこれに応じたものは少ない。 そして一部の大名は面白がってチェーンメールにしていろんな人に送ったため、最終的に信長の目に触れてしまい、京都から追放されることになる。この一連の行動によって義昭は「お手紙将軍」と呼ばれる。

義栄?誰だっけ、それ。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

江戸時代[編集]

江戸の将軍は中世の将軍に比べると軟弱であるとの評価を受けがちである。というのも、江戸幕府の将軍は初代家康・八代吉宗を除いて、戦闘力が100を超えたものはいないからである。 ちなみに中世最弱の将軍・足利義量でさえも戦闘力は106はあった。

江戸幕府の将軍でもっとも戦闘力が低かったのは徳川家継の5である。「戦闘力たったの5か、ゴミめ」

八代の吉宗は通称「暴れん坊将軍」、「米将軍」、別名「松平健」と呼ばれ、戦闘力は中世の将軍や初代家康に劣らず高かった全盛期の戦闘力は軽く19億は超えていたようである。

ちなみにラストショーグン慶喜の戦闘力は鳥羽伏見敵前逃亡した実績から6だったようである。

明治以降[編集]

律令制が名実ともに崩壊した後、征夷大将軍の役職も消滅した。

以後は勝手の将軍を名乗る輩がいるらしいが現在将軍と認められているのはひよこ陛下に任命された者のみである。

鎌倉公方[編集]

鎌倉公方の項を参照。

征夷大将軍位取得者[編集]

鎌倉幕府
建武の新政
室町幕府
江戸幕府
その後

似て非なるもの[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「征夷大将軍」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「征夷大将軍」の項目を執筆しています。


みなさん、松平です。 この項目「征夷大将軍」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)