彼氏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「彼氏」の項目を執筆しています。

彼氏(かのうじ)とは日本の有力氏族である。官位は従四位下左近衛権少将桓武平氏清和源氏と同じく、一文字の姓をコンセプトとした賜姓皇族の一群と考えられ、市井の女性との悲恋の果てに出家した花山天皇がルーツではないかと考えられている。しかし、東アジア全域に分布するとの証言や全世界に覇を唱えているとの見解もあるなど、その実態は謎に包まれている。多くの著名な氏族と違い近代になってから勢力を延ばした。その権威は高く、女性男性を「彼氏です」と紹介するだけで一種の優位性が認知されるほどである。若い男性が大半を占め、そのことから平均寿命は短いと推測されていた。しかし最近の研究において、彼氏は時期が至ると血痕(けっこん)の儀式により彼氏姓を捨てて下野するとされており、よって彼氏の個体としての寿命はさして他氏と変わらない可能性が高いとされる。 なお、血痕の儀式により姓氏を抹消された女性は鬼女(きじょ)となり、性格や容姿が著しく変化するという報告が多数なされている。

酷薄[編集]

彼氏は酷薄(こくはく)の儀式により氏性を得るとされている。酷薄の儀式は非常に謎めいたものであり、彼氏関連報告にその内容が挙がったとしても、傾向が全く掴めないほどに内容がバラバラである。これは彼氏や、後述される偽彼女による攪乱作戦であると推測され、それらを安易に信じて彼氏を得ようとした結果、心身に多大なダメージを負って入院するものが後を絶たない。彼氏の研究調査には慎重さが必要とされる。

彼女[編集]

彼氏の氏長者はみな彼女(かのめ)を称し、全ての彼氏は彼女により完全に支配されている。彼女を自称する者は極めて多数おり、彼氏の全貌を更に分かりにくいものにしている。これは彼氏が非常に多極的な構造を持った氏族であるためとするのが通説だが、自称・彼女の大半は偽者か影武者であるとする説もある。 ときに彼女に対して武力による下克上が行われることがあるが、これをデートDVと言う。 また、彼女は「道程」という単語を極度に嫌悪するともいわれ、これは長時間の歩行を嫌う性向を暗示しているとされる。 彼氏関連報告には車による同乗記録が多いことも、この見方を裏付けている。

彼氏が登場する作品[編集]

彼氏が登場する作品は極めて多く、その数は徳川氏や平氏などをも圧倒している。実態が不明瞭なのと裏腹にこのような事態に至ったのは、近代に勃興したがゆえにプロパガンダに重点を置いているからだとされている。 彼氏の登場する作品のほとんどには彼女も登場し、彼女の彼氏に対す影響力を良く示している。

作品に登場する彼氏の苗字が「彼」であることはまずないが、これは足利家が源氏だったり近衛家が藤原氏だったりするのと同じようなもので全く問題ない。

代表的作品としては下記がある。

  • 「彼氏彼女の事情」
  • 「B型の彼氏」
  • 「私の彼氏は左きき」
この項目「彼氏」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)