彦根市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「彦根市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「彦根市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「彦根市」の項目を執筆しています。
京都の隣で見えを張ってるどっかの街から、行政庁を分捕れ!」
彦根市 について、徳川家康

彦根市(ひこねし)とは、ひこにゃん彦根城ひこにゃん仏壇ひこにゃん、そしてひこにゃんが有名な、滋賀県の県庁所在地…だと思われている都市である。

地理[編集]

瀬戸内海に近いが、実は太平洋日本海の方がもっと近い。大阪までは113kmもかかるのに対して、名古屋までは70km、敦賀までは55kmという近さである。又、京都までは70km弱、岐阜までは55km、津市までは90kmである。従って、甲子園よりもナゴヤドームの方が近いので、プロ野球では中日ドラゴンズの地盤になっている。

江戸時代に城下町だった歴史から、「滋賀県の県庁所在地は彦根だっけ?」って思っている者が県外、特に京都に多く存在している。又、京都・名古屋・敦賀からは等距離で行けるため、「県庁を京都市大津区から彦根に移転しろ!」って思っている者も多く存在する。それを象徴するように、滋賀県の気象台と護国神社の所在地は彦根である。

歴史[編集]

関ヶ原に近い琵琶湖岸に城下町を築きたいという徳川家康の要望により、家康の家臣である井伊直政が開いた城下町が彦根である。織田信長豊臣秀吉が彦根を地盤に収めていた頃は、近江の中心が岐阜敦賀への分岐点である長浜であった。しかし、徳川家康が、豊臣秀吉の余燼が残る長浜を嫌って、彦根を近江国の中心地に据えたのである。

江戸時代の彦根は、井伊家が治める彦根藩の首府として発展したが、前述の通り井伊家は徳川の側近として政治力を伸ばして来た。江戸には「紀尾井坂」という地名があるが、これは京都に近い和歌山名古屋・彦根の3市民の屋敷に因んでいるが、和歌山と名古屋は徳川家の本据地だが、徳川家じゃない彦根が入っているのが特徴的である。

幕末になると、井伊直弼が江戸幕府の大老として実権を握ったものの、吉田松陰を初めとする多くの知識人を粛清した為に、特に尊皇攘夷思想を培って来た水戸藩士から反感を買い、直弼は水戸浪士の凶刃に倒れた。この為、長らく彦根と水戸は敵対して来たが、敦賀市民の仲裁でやっと和解に至った。和解には110年もの歳月を要した。

明治維新の頃には長浜から彦根に県庁が移され、犬上県の県庁所在地になったものの、県庁を京都市大津区に奪われて終った。これは、近江・若狭・美濃・尾張を分断し、近江を単なる「京都の属国」にしたい倒狂政府の陰謀だと言われている。

彦根城[編集]

彦根のシンボルが彦根城である。「滋賀県には八方美人な奴が多い」と言われる通り、西の京都は元より、東の美濃尾張、北の若狭と越前、南の伊勢と伊賀から武将や大工が集められて建設された。「京都に好い顔、大阪に好い顔、岐阜に好い顔、名古屋に好い顔、敦賀に好い顔、福井に好い顔」という彦根市民の八方美人な性格が垣間見える城である。

ひこにゃん[編集]

ひこにゃん?

最近では、「ひこにゃん」なるタマに帽子を被せただけののマスコットが彦根城下を躍っている。しかし、ひこにゃんの主題歌の宣伝が余りに強烈である為、彦根を訪れる観光客は、「市民より観光客の方が洗脳されそうだ!」って皮肉交じりに笑っている。

関連項目[編集]

この項目「彦根市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)