彗星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

彗星(すいせい、ほうきぼし)とは、水に溶ける隕石である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「彗星」の項目を執筆しています。

概要[編集]

彗星は水星に含まれている物質からできている。水星で生成された彗星は、はじめ高速で地球に向かうが、すぐにその勢いは衰勢に向かっていく。

また、彗星は水性とされに落ちればやがて溶ける。もし、一部が残っても水勢に負けて陸まで流されることはめったにない。

性質[編集]

川や海など水を含んだところに落ちれば、溶けて水生植物や水棲動物の養分となる。ただし、ダムなどの水制を目的とした装置に落下した場合はお察し下さい

陸に落ちた際は洪水を起こすほどの水になるとされ、もしも、そうなった場合地球には、水声しかしなくなり、人類にとってこの世は衰世へと向かうであろう。

彗星との関わり[編集]

水生生物にとってしかメリットのない彗星は古くから恐れられてきた。それが転じて秩序をぶち壊す人間は、彗星の様な人といわれるようになった。

このように悪いイメージしかない彗星だが、大航海時代の人々には、彗星の欠片を保存する技術があったらしく、それが巡り巡って中国に伝わり、吹青に混ぜて使われるようになった。

現在その技術は失われているが、彗星には様々な可能性が秘められているので、早急にその方法を再発見する必要がある。

関連項目[編集]