弾丸ツアー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「弾丸ツアー」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

弾丸ツアー(だんがん-)とは、宿泊施設での宿泊を伴わない旅行のことである。

概要[編集]

おおまかな定義は上述のとおりだが、実際にはそのほかにも以下に例示するようなさまざまな要件を満たす場合にのみ「弾丸ツアー」と呼ばれる。

  • 当然のことながら、日帰り旅行は一般的に含まれない(ただし特殊な場合は含む、かも)
  • 出発地と目的地の間の往復は、最短経路もしくは直行便であることが望ましい(特別な事情の場合は遠回りも許される、かも)
  • 目的地は一箇所であり、複数の目的地を周遊する旅行は含まれない(これはガチ)。目的地での総滞在時間が往復経路の所要時間を上回ってはいけない
  • 目的地にて開催される特別なイベントに参加するためであること。「ついでに観光」などをする時間的余裕があってはいけない(最低限のお土産購入は許される)
  • 往復旅行、つまり必ず出発地へ帰ってくることを要する。行ったきりでは単なる「失踪」にすぎない

なお、宿泊施設に泊まらないのは、決して貧乏だからではなく、目的(イベント参加など)以外に費やす時間も費用も最低限に留めるという合理精神によるものである。

名前の由来[編集]

近年まで「弾丸が目標まで最短に近い経路で到達する」ことになぞらえて命名されているとされてきた。が、最近になりこの説には重大な欠陥があることがわかった。弾丸は目標に到達すると、その先へ貫通するか、目標にめり込むか、目標から跳ね返ってその近辺に落下するという特性を持ち、決して発射地点に戻ることはないのである(ごく稀に偶然が重なって戻ってくる可能性は否定できないが)。これは「往復であること」を要件とする弾丸ツアーとはまるで別ものである。

変わって浮上したのが「蝉丸」説である。「これやこの ゆくもかへるもわかれては しるもしらぬもあふさかのせき」という有名な短歌には「ゆくもかへるも」=「往復」、「しるもしらぬもあふさかのせき」=「ツアーで一緒になった見知らぬ人との相席」など、弾丸ツアーと共通する要素が見受けられる。また、一説には蝉丸は乞食であったとも言われ、宿泊施設に泊まらない、という要件にも合致する。

ではなぜ「蝉丸」が「弾丸」になったのだろうか。これはおそらく「むしへん」より「ゆみへん」の方がなんとなく「最短経路または直行便」にふさわしく、また「蝉の命は7日」であることとゼロ泊三日(一般的な弾丸ツアーの日程)との矛盾を嫌ったためであろうと考えられる。

弾丸ツアーの実例[編集]

  • 1998年、FIFAワールドカップフランス大会における日本戦観戦ツアー。
Domokunyellownbackground.jpg この節はうろ覚えで書かれたものです
誰か、の代わりに僕の記憶の穴を埋めてください。(Portal:スタブ

エクストリーム・弾丸ツアー[編集]

弾丸ツアーのエクストリームスポーツ化も進んでいる。

ルール[編集]

決められたスタート地点と目的地との間を、いかに短い時間で往復することができるかを競う。

場所や季節、出発日や時間によっては飛行機の便の関係で目的地での滞在時間が往復所要時間を上回ってしまうこともありうるが、その場合は失格となるので注意のこと。現地での滞在時間をより短くするために、飛行機の便を考えて多少の遠回りをすることは許されるが、競技の勝敗はあくまでも出発してから帰還するまでの総時間によって決するので、時間のかかる経路をチョイスすると不利になる。

目的地に間違いなく滞在したことを示す証拠として、特定の場所でしか入手できないものを証拠品として持ち帰ることが求められている(多くの場合、郵便局のスタンプなど)。

競技のポイント[編集]

決められた条件の中で、いかに短時間で往復し、かつ目的地での滞在時間を減らせるかを考慮し、事前に出発日や出発便、経由地などをチョイスすることが重要であることは言うまでもないが、飛行機には遅れや運休はつきものであり、その場合に素早く適切な対処を取れるかも、事前の準備と同じかそれ以上に勝負のゆくえを左右する。

プレーヤー[編集]

「スポーツ好き」を自認する芸能人に多い。この競技のテーマ曲「弾丸ファイター」を歌っているSMAPのメンバーもプレーヤーとして有名である。

近年の傾向[編集]

最近の原油価格高騰により、高額(場合によってはツアー価格と同等かそれ以上)の燃油サーチャージが課されることが増えている。このことにより、往復航空運賃が費用の大部分を占める海外への弾丸ツアーは割高感が否めず、徐々に下火となりつつある。

一方で、国内においては往復夜間長距離バスを利用したゼロ泊3日の旅行が増えている。

関連項目[編集]