強盗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「強盗」の項目を執筆しています。

強盗(ごうとう)とは、経済弱者が金銭的余裕を得る手段の一つ。暴言/暴行/拘束/威嚇/恐怖/破壊活動などを提供する見返りとして利益を得るという、極めて原始的な商業取引の一つでもある。近年は、その内容の詳細化がすすみ、職業として認知されている場合も多い。また、一部無法地帯国家では略奪徴税システムとして正式に運用されている。

また、白バイ隊員のサイドビジネスとしても有名。

概要[編集]

現ナマ現金を所持していそうな方あるいは紙幣が保管されている場所を訪問し、暴行や暴言/破壊活動などのテクニックを駆使して、最終的に利益を得ることができれば、強盗成立となる。

基本的には、暴言や暴行を提供することで、取引相手に心身共に適度な満足感を与え、取引相手が命からがら両者が納得できる形で利益を得ることが望ましい。しかし、バブル崩壊以降の不況の波はこの業界にも影響を及ぼしており、現金保持者や保管場所の減少、リストラから転職による同業者の増加などもあり、前記のような営業方法だけでは充分な利益を得ることが困難になってきた。このため、様々な器具工具を活用することで新たな市場開拓も進められている。

主な事例
バールのようなものを用いて、個人あるいは個人事務所から利益を得る方法。バールのようなものは、個人を威嚇したり暴行に使える他、携帯用小型金属製現金保管箱に対する破壊活動にも威力を発揮する上、鍵のかかった窓をあけたり、布にくるめばライフルの様に見せることも可能で、しかも携帯が可能という万能アイテム、ホームセンターなどでも購入可能なため、万が一忘れても比較的容易く入手できることが人気の要因の1つである。
重機のようなものを用いて、ATMなどから利益を得る方法。当然、大型機械を使うと作業効率はあがり、また取引相手は常時大量の紙幣を保持している為、個人をターゲットにした取引とは桁違いの利益を得ることが可能。しかし、重機のようなものの手配とその運搬手段、重機オペレーターらしき人の確保など事前の準備が極めて重要であり、ほとんどの場合プロジェクトチームが結成され、その入念な計画と指揮の下、実行に移される。

尚、あくまで強盗とは暴行や破壊活動の提供によって利益を得ている商業の1つであり、一方的な搾取を行うだけに過ぎない掏摸、ひったくり、空き巣、税吏のような犯罪者/犯罪集団などとは一切無関係である。

歴史[編集]

具体例[編集]

この「強盗」に関しては紀元前5世紀には確実に存在していた事が各種の文献から読み取れる。この当時は侵入強盗が多く,金持ちはしばしば複数の貧乏人に押し入られ,袋をかぶせる/殴られる/刺されるなどの暴行を受けた上,全財産を奪われる事もあった.近代に入ると銃で武装した銀行強盗という人種が発生し大金を手にするようになった。2007年には松村恭造という男が,京都府長岡京市と茨城県で親族を殺害して金品を奪い,検察から無差別強盗殺人に等しいと非難された。

手段
バイクで老人を追い抜きざまハンドバッグを奪い,その際件の年寄りが電柱に頭をぶつけても強盗致傷にされうる。未成年から千円巻き上げたら恐喝になるかも知れないが,餓鬼を殴って財布を奪えば強盗
報酬
金と,治安の良い国では刑罰。日本では金を奪い人を(複数)殺せば死刑になる可能性がある。海外では反撃されて死ぬ可能性がある。特にアメリカ辺りだと相手の方がこちらより重装備な場合が多く、中東や中南米だと襲った相手も強盗だったという笑うに笑えない話が日常的であり、報酬と言うよりもはや博打みたいなものである。

組織化へ[編集]

どのような職業でも、始まりは個人か数人の小規模な営業から始まる。それは強盗に関しても同様である。だが、職業として発展していく過程で、時代の流れやニーズに応えるため、拡大や組織は避けては通れない。これもまた、強盗に関しても同様である。多くの人間が集まることで、利益の分配などでの問題もおこったが、それぞれ専門分野の人間が揃いまたそれぞれが自分の仕事に専念できることで、仕事の効率そして成功率もあがり、当然利益も増加に転ずる。強盗も、徒弟制度や家内制手工業を経由して、数十人から数百人規模の組織へと発展したのは当然の流れといえた。

アメリカでは、禁酒法時代、イタリア系移民によって構成された強盗組織が巨大化。同郷のよしみや血縁関係によって構築された強力なネットワークを利用することで莫大な利益をあげることに成功。もはや組織と言うより1つの企業といっても差し支えないレベルにまで成長した。 しかし禁酒法時代はアメリカの黒歴史であるため、この組織の詳細も全容も大部分がいまだ明らかになっておらず、映画など一部の作品から推測するしかないのが実情である。

日本でも、江戸時代、豪家への押込強盗組織が猛威を奮った。彼らは、ある種の徒弟制度と暖簾分けと言われるフランチャイズシステムを採用しており、押込先の状況にあわせた才能を持った人間をかつての同僚や部下などからその都度招集する。彼らの活動は数年がかりの巨大プロジェクトになることも珍しくなく、それ故に利益もまた莫大な額に達し、後々まで語り継がれるほどである。そのうち数例は脚色されたとはいえ小説や演劇化しており、好評を得ている。また一部の歴史学者からも、当時の庶民の暮らしや専門業種の特徴、物価や貨幣価値を知る上で貴重な資料であると評価されている。

主な取引先[編集]

強盗も商業である以上、当然、取引先なしでは成り立たない。やはりお客様あっての強盗なのだ。

銀行
強盗といえば銀行銀行といえば強盗、ツーといえばカー、山といえば川というくらい、取引先の代表格。銀行が近代/現代において経済システムに不可欠な存在にまで成長できたのも強盗があってのこそと力説する研究者も少なくない。契約成立となった際の取引額も大きく、強盗の取引先の花形ともいえる。江戸時代、両替商金貸しといった現在の銀行に該当する店舗が、たびたび押込強盗と取引を行ったという記録も残っていることからもその深く長い関係が伺える。
郵便局
形態としては銀行と似ている点も多いが、国の機関だった時代は、お役所ならではの談合体質や随意契約により新規参入が困難だった。しかし近年は民営化により、規制の枠も緩んだことから、少しずつ新規業者も増加しているようである。
ATM
先述したように、機材や人材の手配などの前準備に時間はかかるものの、取引額は銀行に匹敵する大手取引先。ただし重機及びその運搬車両が周囲の交通の妨げになることがないよう、できるだけ夜間に取引を行う様心掛けたい。
コンビニ
店舗数が極めて多く、深夜まで営業を行っている為、飛び込みで契約をまとめることも珍しくない。取引額は低い方に分類されるものの、特に高度な知識や機材を必要としない為、個人営業、あるいは新人が最初に任される仕事となることが多い。このためか近年は契約件数だけなら銀行を上回りつつある。一方で、レジのすぐ後ろ、あからさまなほど目立つところにカラーボールをおいているなど商売人としてモラルにかけると非難する声もある。
現金輸送車
取引額なら銀行に匹敵する大手取引先だが、とにかくフットワークが豊富で一日中飛び回っているためアポを取るどころか、でたらめに動き回っているだけでは出会うことさえ不可能である。事前に行動パターンを入念に調査確認し、ここぞという場所と時間に張り込むというぐらいの心意気が必要。また取引先としては暴行や破壊活動に長けている場合が多く、それを上回るだけ暴行/破壊活動を提供できないと契約は難しい。また先方にあわせて、車かバイクか、何らかの移動手段の確保は必須である。

関連項目[編集]


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー! この強盗は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を! ジーク・ハイル! (Portal:スタブ)